« EBt for Windows 0.1.4-1 を公開しました | トップページ | EBt for Windows 0.1.5-1 を公開しました »

2016/07/10

Xamarin が無料で使えるようになったので EBt for Android を作り直しています

今までの Android 開発環境は正直使いにくかったのです。多分、私が Visual Studio や C# に慣れきっていたと言うこともあるとは思います。でも、Java も知らない言語ではない。eclipse も知らないわけじゃない。でも、やっぱり開発にパワーが必要でした。
そんな訳で、フリーソフトの開発に掛けられる時間が減るに従い、自然と開発しにくい Android 版は開店休業状態になっていました。

ですが、Xamarin で状況が一変しました。Visual Studio で、C# で、Android 版のアプリ開発が出来る!

少なくとも、EBt は、GUI 部分はともかく、根っこになる部分でそれなりに凝ったコーディングをしていて、Java への移植は結構しんどかった。で、C# の Windows 版の開発に伴い、Java版はどんどん陳腐化していった。

でも、Xmarin です。

C# で書いた根っこの部分を Android に移植するのが1日ですよ、1日。1日で終わっちゃいました。すごいよ、Xamarin 。Java への移植なんかとは比べものにならない速さ。すごいのです。ま、言語同じって言うのは有利ですよね。

というわけで、Xamarin で、EBt for Android を書き直しています。結局、Android の API を知らないと何もできないのはしょうがないのですが、その辺は昔かじっていたのでそれほど苦労せず。あちこちにはまる場所がある Android 開発ですが、それでも開発は楽になりました。

ま、どこまで作って公開するかは悩ましいところですが。

EBt for Android の開発再開の目処が付いたことは、個人的にも良かったかなと思います。なんだかんだで、Java でもかなりコードを書いていたので、同じレベルに到達するのにはだいぶかかりますが。

そのうちに、snapshot 版を apk で公開すると思いますので、気が向いたらお試し下さいませ。

PS. 最近の Android は、アプリからSDカードの領域に自由にアクセスできないのですね…これがすさまじく困る。ちょっと解決策模索中です。良い解決策が見つかれば良いんですが…

|

« EBt for Windows 0.1.4-1 を公開しました | トップページ | EBt for Windows 0.1.5-1 を公開しました »

コメント

お久しぶりです
EBT FOR ANDROIDには毎日世話になっています
以前データフォルダの件でコメントさせていただきましたがXPOSEDでなんとか解決して使っております
但し使っているのが中華パッドでキャッシュの読み出しが遅く、体感的にスナドラ機の半分ほどに感じておりもっぱらスナドラ機で使っている次第です
手直しされるならMTKにも対応していただけると幸いです

投稿: TERU | 2016/07/12 18:06

基本的には、Android はどの機種向けのバイナリというのがないので、多分どれでもそれなりの速さで動くと思います。
(Any CPU でビルドしていますので)
Google Play Store に snapshot 版を公開していますので、時間に余裕がありましたら試しに使ってみてくださいませ。

投稿: おかだ | 2016/07/27 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/63896177

この記事へのトラックバック一覧です: Xamarin が無料で使えるようになったので EBt for Android を作り直しています:

« EBt for Windows 0.1.4-1 を公開しました | トップページ | EBt for Windows 0.1.5-1 を公開しました »