« デバッグ継続中… | トップページ | EBt のクラウド対応のデバッグ状況 »

2012/01/23

Windows の soap クライアントのデータをチェックしていて気がついた

soap では XML を使ってデータを記述しています。

んで。

適当な参考書籍とかが見当たらないので、自分で Windows の soap クライアントの出力を奪い取って覗いています。で、同じxml を Android で生成させようとして XmlSerializer を使って色々とトライしています。

そんな事をやりながら気がついたこと。

"@" の扱いが違う。

Windows の soap クライアント:そのまま
XmlSerializer の出力:@ に変換

うーん、どっちが正しいんだろう。どっちも正しいのか?いや、どっちか違うのか?よくわからん。

目下の興味は、XmlSerializer の出力を Windows Azure に送って、ちゃんとデコードしてくれるかと言うこと。デコードしてくれると思うけど不安だなぁ。

しかし、こういう微妙な仕様差ってどうにもなりませんなぁ。

|

« デバッグ継続中… | トップページ | EBt のクラウド対応のデバッグ状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/53808386

この記事へのトラックバック一覧です: Windows の soap クライアントのデータをチェックしていて気がついた:

« デバッグ継続中… | トップページ | EBt のクラウド対応のデバッグ状況 »