« EBt 用カレンダーファイル(2012年用)です | トップページ | EX-ICカードの利点が全く活かせない »

2011/12/04

Canon の DR-C125 を導入しました

ScanSnap のふるーい奴を今まで使っていたわけですが、Vista までしかドライバ出ていないし、紙質によっては重送しまくるし…というわけで、ボーナスで機材を一新してみました。

今度の機械は、Canon の DR-C125 です。まぁ、Acrobat はScanSnapのが使えるから要らないよね…と思っての選択です。

で、早速 VAIO type Z に繋いでみた。Core2 世代の古ーい Z ですが。
おぉ、スキャンが速い。すごいぜ!とか思っていたら思わぬ事態が。

…スキャン中にメモリ不足になる。

まぁ、32bitのVista だけど、Memoryは4GB積んでいるから大丈夫だと思っていたんだが、どうやら駄目らしい。ページ数が少なければ問題にならないんだとは思うけどね。500pとかある奴だと駄目みたい。

で。

気を取り直して、AMD E-350のPC(こっちは64bit の Windows7)に繋いで試してみた。
メモリの問題は発生しなかったんですけど。

…今度はスキャンスピードが泣けるぐらい遅くなった。

1枚スキャンする間に3回ぐらいスキャンが一時停止するんですよ…

というわけで、ここまで試した結果、どうやら、快適にスキャンするためには、それなりのCPUと、それなりのメモリが必要らしい。あと、スキャンする対象によっては、SSDなどの高速デバイス。

これから DR-C125 を導入する場合、接続先のPCのスペックも気にしましょう。

んで。

スキャン専用に1台作らないといかんのかぁ。どうしようかなぁ…。

|

« EBt 用カレンダーファイル(2012年用)です | トップページ | EX-ICカードの利点が全く活かせない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/53404852

この記事へのトラックバック一覧です: Canon の DR-C125 を導入しました:

« EBt 用カレンダーファイル(2012年用)です | トップページ | EX-ICカードの利点が全く活かせない »