« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

MFJ グランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿

というわけで、行ってきたからには何か書きます。

●伊藤真一は別に引退というわけではない
まぁ、レギュラー参戦をしないよと言うだけなので。機会があればスポット参戦とか、趣味で参戦とかするかも知れないらしい。そりゃまぁ、未だ衰えを見せない走りを目の当たりにすると、まだレースできそうに見えちゃうしね。本人としては、区切りをつけたいんだろうなーとは思うけど。

●秋吉は鈴鹿では敵なしだね
秋吉強い。見ている側としては、いつ転けるかとひやひやしていたのですが、2レースともちゃんと走りきってチャンピオンまで奪っていった。しかし、なんでこうも鈴鹿で強いんだか。鈴鹿での秋吉の走り見ていると、こいつはぶっちぎりのチャンピオンになってしかるべきだろうなんて思ったりするのだが。やっぱり、色々安定しないんだろうなぁ。なんにせよ、チャンピオンおめでとう。

●2レース制はドライ&ウェット
午前中は曇り、午後から雨。寒い。しかし、1日でコンディションの違う2レースが見えたのはラッキーと言えばラッキー。で、このコンディションの中、一番個人的になったのはハルク・プロの高橋 巧。ドライと比べてレインコンディションでの落ちっぷりが半端無かった。うーん、雨が苦手?逆に、雨になると元気になるライダーもちらほら。TRICK☆STARの芹沢とか。マシンの癖とかもあるはずなので一概には言えないんだけど、ライダーの得手不得手が何となく見えて面白い。

●雨の中、ヘアピンで観戦していたのですが
完全なウェットコンディションでも、加速時にフロント浮くよね。よくやるよ、ホントに。トップスピードも240kmオーバーとか。よくやるよね、ホントに。

●ちなみに、いつものスーパーバイクよりもお客さんがいた
伊藤真一効果なんだろうか。良いことだ。

●そして
毎回食べる焼肉ランチ。今日も列が出来てました。

●来週末は
フォーミュラニッポンです。シーズンラストは2連チャン。今シーズン最後のレースなので気合いを入れて観戦しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/30

なんか似たようなことやっている国があったなーと思っていたんですが

こうやって、何かあるとおまえが悪いと難癖をつける国が他にもあったよなぁ…

北朝鮮だけど。

まぁ、中国は北朝鮮と親交も篤い国ですから、同じようなことをするんでしょうかね。3代目就任祝いもいち早く出した国ですし。

ということを考えると、日本としては全然気にする必要はないんでしょうね。まぁ、面目つぶされた民主党がどうするのかは個人的に気になるけど。まぁ、民主党のことだから、これでもまだ中国のご機嫌取りするんだろうなーと思いますが。

※仙谷の「日本は中国の属国」発言なんてのがあるからなぁ…

個人的には、なんと6分に大幅編集(カット)された例の尖閣諸島のビデオって、良い感じに政治カードになるかもしれないかもとか思ったり。もちろん2時間overの完全版ならば…ということで。あぁ、でも、それを公開したところで捏造だの何だの言い出しかねないから無意味だな。ふぅ。

しっかし、中国も変な国ですなぁ。まぁ、ノーベル平和賞の受賞者が獄中にいるという時点で変な国なのですが。ノーベル平和賞の価値観が中国とは相反すると言えばそれまでなのでしょうが。私の感性は、ノーベル平和賞の方が近いんだけどねぇ。

案外。

北朝鮮よりも中国の方が先に潰れたりして。

…どっちにしろ日本が迷惑を被る図式は変わらないか。あーぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/29

日中首脳会談が中止になりそうだそうな

なんか、中国の外務省が、難癖をつけてきたっぽい。

まぁ、中国だしね。驚かないけど。

恫喝外交って言うのかな?こういうのって。こういうやり方がどういう結果を及ぼすのかどうか、わからないわけでもあるまいし。中国は思い上がっているんじゃないのかな。確かに、中国がないと経済は色々困るけど、中国がぽっかりと無くなっても世界は回るぞ。もちろん、日本が突然無くなっても世界経済は回る。短期的には混乱するだろうけどね。中国はどうしたいのかな。

単に、日本との首脳会談なんかを開くと、国内に対する示しがつかないだけなのかもしれないけどね。なんせ、反日デモが反政府デモにすり替わってしまう状況。色々難しい舵取りをしているんだろうなぁ。中国の政情不安は深刻なレベルなのかもしれないね。

意外と早く何か起きたりして。自滅するのは良いが、他国に迷惑はかけないで欲しいなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/27

少々blog更新が滞っています

ここ数日、ちょいと体調が優れないので、blog更新が滞っています。

今週は無理っぽい。

うん、季節の変わり目はいかんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/24

書き忘れた

F1韓国GP予選のオンボード映像見たら…

ピットレーンの入り口がむちゃくちゃ危ない。レコードライン上で減速しないとピットに入れない。

ピットインもピットアウトも危ないってどういうこと?すげーコースだな。

レイアウトそのものに問題ありだよ。来年もやるのかな。やらないで欲しいよ。今からどうコースレイアウトをいじったら安全性の高いサーキットになるのか見当もつかない。

もう、気持ちを切り替えるに限りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪い出来事はさっさと忘れて気持ちを切り替えるに限る

というわけで、韓国GP終了おめでとう。色々大変だったと思うけど、次のグランプリに向けて気持ちを切り替えていってもらいたいものですね。

個人的には、赤と白でペイントすれば何もしない路面でも縁石になるなんて思ってもいなかったし、アスファルトよりも低いところに縁石が設置されるなんて思ってもいなかったし、路面のでこぼこが原因でスピンするなんて事があるなんて思っていなかったし、クラッシュしてもコースマーシャルが駆け寄ってこないなんて思ってもいなかったし、ドライバーが自分で消化器もって消火作業を一人でやることがあるなんて思っていなかったし、まさか日が落ちたらサーキットどころかピットまで真っ暗になるなんて思ってもいなかったし(電気がないらしい)…表彰式はひどいよ。

まぁ、まだF1の放送はしていないので、すべてネットで見た情報なのですが、正直ひどいどころの騒ぎではないですね。泥だらけになったレッドブルの車には何が起きたのか想像もつきませんよ。F1だよね、これ…

どうでも良いけどさ、世界中継されるんだよね、これ。世界に向けて恥じさらして恥ずかしくないのかね、あの国の人たちってさ。

あぁ、そういえば日本も富士で世界中に恥をさらしたから似たようなもんか。ヘリが飛べないぐらいの悪天候でなぜかF1が走り出すという事もあったし。

※正しいルールでは、ヘリが飛び立てる気象条件でないとF1は走ってはいけない。事故が起きたときのために搬送できないからね。

まぁ、FIAも興業優先でルール無視するからこんなもんだわな。どうでもいいけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/23

ぼちぼちEBtの開発に戻ろうかと思っています

そろそろだよね。

というわけで、ぼちぼちEBtの開発に戻ろうかと思っています。で、開発もそうだけど、ドキュメントも必要だよね?というわけで、ドキュメントも書き始めています。当面はドキュメント書くのが中心かなーとか思っていますが、まあ、適当にパワー配分しながら進めていきたいと思います。

しかし。

仕事との両立がきつい。開発スピードが上がらないね。ドキュメントとかも書き始めると、更に時間が足りない。土日全部つぶすのも非現実的だし。最近、仕事がきついので以前の勢いでEBtの開発すると身体が保たない。

…まぁ、愚痴ですが。

ぼちぼちとやっていきますかね。基本的には、何か作るのが好きな性分ですし。本腰入れて作り始めたら、また作るのが楽しくなってくるだろうし。

一旦止めたエンジンをまた動かしはじめるにはしばらくかかりますねぇ。ちょっと予想外。休憩時間を長く取りすぎてしまったんだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東芝の直販サイトshot1048でバッテリー10% off やってます

ふらっと行ったら、どうやらバッテリー10% off のキャンペーンをやっているようです。10/29 まで。

今モバイル用途で主に使っている dynabook SS RX2 は、非常にバッテリーの持ちが良く、予備バッテリーの必要性はあまり感じないのですが、何かの拍子で長時間電源のない場所で運用することがあるんですよね。

…買っちゃおうかなぁ。

しかし、ノートPC買うと、必ず予備バッテリーを買う私が、今まで予備バッテリー買っていないと言うだけでも SS RX2 のバッテリーの持ちの良さがわかりますね。まぁ、所詮古いPC。CPU が非常にプアで悲しいときがしばしばありますが、これは良いPCですよ。もう新品は手に入らないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/21

F1韓国GP, グランドスタンドに行く方法はあるのか?

韓国入りしたF1速報編集部員に聞く、サーキットの様子(http://f1.as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=29969)

ここに、こんなことが書いてある。

また、メインストレート上にかかるブリッジは工事が間に合わず、グランプリ期間中は通行禁止になっているようだ。

うむ、グランドスタンドに行くための唯一の通路である橋が通行止めですか。さすがだ。まさか、通れないとは。相変わらず期待を裏切ってくれるぜ。

というわけで、どこかに地下道でもない限り、グランドスタンドに到着できないというなかなかすばらしいF1グランプリが開催されるようです。そして、私の知る限り、地下道はない。(あるかも知れないけど)

セッションの間の時間で観客がコース横断?もってのほかだよ、そんなの。(やるかもしれないけど)

しかし、ニュースを見ているとかなり否定的なコメントが随所で。

ホントに大丈夫なんだろうかね、これ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

前半だけ読んでみての感想

「さらば、デフレ不況 日本を救う景気回復論」という本を読み始めて、とりあえず真ん中ぐらいまで来た。

言っていることは、わかりやすいような、狐につままれたようなという印象。民間の借金と国の借金は違うということを色々と証拠を出して解説している。確かにうまいこと説明しているんだけど、あまりにも調子よく話が進みすぎていて、かえって疑ってしまう。

とはいえ、昔から思っていた疑問がちょっとだけ解決したような気もしている。

何かというと、通貨は日銀が発行する。んで、それを銀行に貸し付けることで通貨が流通する。で、銀行が日銀から借りる時の「公定歩合」って、どう考えても市場に流れている通貨を回収する方向にしか行かない。なのに、何故通貨供給量が増えているのか?貸付額が増え続けていると言えば説明が出来ないでもないが、それにしても通貨の量が増え続けているのがとても不思議だった。

で、この本を読んで、「あぁ、通貨供給量を増やすのはもしかしたら国債なのかも知れない」なんて思ったりした。国債を発行すると、国のお墨付きで通貨の量が増える。だから、日銀の回収するのを相殺するんだろうなぁ…。だから、これを極端なところに持っていくと、日銀が国債を買うという事になるのかと思ったり。

正しいかどうかはわからないけど、この本を読んでいると、そういうことなのかも知れないなんて思ったりする。

まだ後半を読んでいないので、後半を読んだらもう少し疑問が解消するのかも知れない。あるいは、もっと疑問が深まるのかも知れない。こういうのは、反論があったらそれを読んで両方の意見を検証していくべきなんだろうと思うが、どうなんだろう。

なんというか、国債発行した方が景気が良くなるよ…という状況証拠はガンガン積み上げているんだけど、いまいち根拠がよくわからないんだよな。

これと逆の理論を展開している本を読まないといけないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国が、欧米向けのレアアース輸出も止めたらしい

まぁ、こういう脅しをすることが、最終的にどうなるか。理解できていないんだろうなぁ、中国は。

困った国だね、本当に。

言っておくが、欧米諸国は日本ほど甘くないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/20

最近、また小説を読み始めた

まぁ、定期的に「本を読みたい!」という衝動に駆られるのですが。最近、またこの衝動が来たみたいです。

とりあえず、“文学少女”…のシリーズを読み始めた。まだ、最初の「“文学少女”と死にたがりの道化」しか読んでいないのですが、思いのほか個人的にヒット。1巻は一気に1日で読んでしまった。そして、一気に続刊を購入。通勤時間にガンガン読んでいきたいと思います。太宰治の小説は読んでいないなぁ。人間失格ぐらいは基礎教養として読んでいた方が良いんだろうなぁ。

あと、アニメを見てこりゃあ原作も読まねば…と思って買ったのが「オオカミさんと七人の仲間たち」。これも現時点で刊行されているのに追いつくのが大変だがぼちぼちと読んでいきたいと思う。

そして、新刊。「生徒会の九重」と「神様のいない日曜日III」。これもさくっと買ってしまったので、頑張って読みます。

エンジンがかかると1日に2冊とか平気で読んでしまうのだが、最近仕事が忙しくてふらふらなので2~3冊/週ぐらいのペースが精一杯かなぁ…。時間が欲しい。

PS. このblogはノンジャンルです。政治ネタから与太話まで幅広い(無節操な)記事を書くのが売りです。一つのテーマでじっくり掘り下げる訳じゃないので、記事単位での温度差はむちゃくちゃあります。ご了承下さいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/19

私はこのような発言をする輩が政権与党にいることに激しい憤りを感じる

仙谷氏「APEC影響懸念で釈放」と丸山氏暴露(http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101018-OYT1T01000.htm)

正直、こんな発言をする奴が政権与党にいることに激し憤りを感じる。

記事を引用する。(これは、中国漁船の船長を解放した件に関する質疑での発言)

- - 引用ここから - -
 「判決まで拘置して強制送還すべきだった」と訴えると、仙谷氏は「APECが吹き飛んでしまう」と答え、「日本が中国の属国になる」との懸念を伝えると、「属国化は今に始まったことではない」と応じたという。
- - 引用ここまで - -

どう思う?

私は、怒りしか感じない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/18

風邪ひいたっぽい

というわけで、会社早退した。

いかん、ふらふらする。風邪には気をつけましょう…。

※こんな時に無理してblog更新しなくても良いと思うよ、ホントに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/17

そして体調が悪い

大須大道町人祭に行けなかった。悲しい。昨日ちょっとだけみてきたから良いけど。

というわけで、今日は1日中寝ていた。あかんよ、これ。

明日、仕事行けるかなぁ…。

※まぁ、一応blogは通常営業っぽい状態ですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あー、ピットアウトの場所がやっぱり1コーナー外側だよ

韓国インターナショナルサーキット 最新動画(http://f1-gate.com/korea_gp/f1_9578.html)

これ見るとさ、ピットアウトでいきなり1コーナー外側だよね。外側だよね。

危ないよ、これ。やっぱり、ティルケの設計と違うサーキットになっているじゃん。

こんなんでホントにやるのかよ。大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織-香港紙

反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織-香港紙(http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010101700087&rel=y&g=int)

というニュースが時事ドットコムにありました。情報元は香港各紙って書いてあるので、複数の新聞で報道されたんでしょうね、きっと。

まぁ、香港とはいえど中国の支配下にあるので、この報道も何らかのコントロールの上でのものだろうとは思うが、政府が主導でデモをやる国ってのも妙なもんだわな。

で、それが中国人が主体的に行っているかのように報道する日本の報道機関。政府の意志=国民の意志だから、どっちにしろ中国人がやっていると単純に思いますか?どうだろうね。

こうやって断片的に報道される情報をちゃんと拾っていかないと、少しの情報で誤った判断をしてしまいそうで怖いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋市科学館まではやぶさを見に行ってきた

こんなに小さいんだねーという印象。もちろん、はやぶさ本体はもっと大きいんですけど、この小さいカプセルが地球まで戻ってきたんだと思うと、感無量。

で、はやぶさのビデオの上映もしていたので、それも始めから終わりまでしっかり見てきた。うん、なんか感動するなぁ…でも、この感覚、何か覚えがある。なんだろう。

そう思いつつ、大須大道町人祭をうろうろしていたら、思いつきましたよ。

「トップをねらえ!」のエンディングと同じだ。

まぁ、時間軸は全然違うけどさ。

だからどうしたって?…共感できる人だけ共感してくれればいいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

amazonでとりあえず注文してみた

国の借金ってどうなの?って思っていたのだが、単純に駄目というのも盲目的すぎるかもとh小林さんからのコメントを読んで思ったので、さくっと注文してみた。

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論―
by 廣宮 孝信

流されやすいですか?私。

もう1冊の、「国債を刷れ!」っていう本ももしかしたら読まないといけないのかも知れないけど、とりあえずこっち。

とりあえずは勉強だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/16

今日のデモはどれだけ報道されるでしょうかね

というわけで、今日も中国に抗議するデモが東京でありました。まぁ、日本人がこうやって意志を主張するのは良いこと。どんどんやってもらいたい。

※主催者側のサイトは頑張れ日本!全国行動委員会(http://www.ganbare-nippon.net/)。現在アクセスが集中しているらしくページがうまく表示されないケースがあります。気になる人は時間を空けてアクセスしましょう。

で、今回は前回見たくガン無視は出来なかったみたいで、一部ではほんの少し報道されているみたいです。中国国内でのデモを報道するんだったら、国内のデモも報道する必要もあるんじゃないのか?と思うのですが、相変わらず国内の(都合の悪そうな)ニュースの報道は限りなく少ないですね。困ったもんだ。

中国と違い、暴徒になることもなく、粛々とデモが行われたというのも良いですね。

※中国人が乱入したらしいですが(困ったもんだ)

なんにせよ、日本人としてはあくまでも理性的に、抗議活動を続けていくべきでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

デモの参加者が暴徒になるのは何でだろうね

中国で反日デモ、店舗ガラス壊す 成都のヨーカ堂など(http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101601000446.html)

別に、デモをするのは全然問題ないんだけど、暴徒化するのはいかんね。まぁ、色々盛り上がっちゃっての結果なんだろうけど、それを抑えられるだけの理性は必要だよね。

まぁ、別にサッカーとか野球でもファンが暴徒化することはあるし、デモから暴徒化するという流れもわかると言えばわかるんだけど。犯罪はいかんよね。

というわけで、日本でも今後デモなど色々あると思いますが、暴徒化だけはせぬようにお願いしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何で政治について話しにくいんだろうね

まぁ、不思議なんですよ。政治に関する話題がしにくいというのが。だって、生活にとって重要なことでしょ、政治って。なのに、何故か話をしにくい。何でかなって思う。あと、禁句になっているっぽいのが韓国・中国に関すること。これも何故か書きにくい。個人的な感想だけど、そんな雰囲気がする。

何でそんな雰囲気なのかなーと思って考えてみたら、個人的には思い当たることが一つある。下手なことを書くと強烈な批判を受けるから。政治ネタもそう、中国・韓国のネタもそう。とにかく、気に入らない発言を探してひたすら攻撃してくる奴らがいるような気がする。そして、そんな雰囲気が、政治や国際問題に関して発言しにくくしている。そう思う。

個人で、こういう圧力と戦うのは嫌だよね。何か書くと批判受けたりとか。だから、書かなくなってしまうような気がする。そう思う。

結局、政治信条とか、他人と相容れない物って言うのは少なからずあるんですよ。ある人にとって良いと思っている事は、別の人にとっては悪いなんてことはざら。だから、読むと腹が立つしカチンとくることもあると思う。

で、その後の行動が問題なんじゃないかなと思うんですよね。カチンと来たら、嫌がらせをするってどうなんだろう。モラルの問題なのか何の問題なのかわからないけど。

もちろん、私も悪口は書くよ。自分のblogで。でも、最低限の線引きとして、他人のblogに出張ってそこでblog書いている人の悪口言うなんてことはしないよ。もし、批判をするんだったら、そのblogに対してトラックバックをして、そこで批判なり展開するのが筋だと思うんだ。個人的な意見だけどさ。

あぁ、長くなっちゃったな。この辺で切り上げよう。

つまりさ、変な空気があるけど、みんなちゃんと思う事を発言するべきだと思うんだ。発言すると損をする雰囲気があるんだけど、それで発言をやめちゃいかんと思う。

まぁ、馬鹿だの何だの言われるけどさ。そこで引いちゃいけないと思うよ。

私が馬鹿だとしてもさ、馬鹿が意見言っちゃいけない世の中なんか間違っていると思うしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気のせいだろうか。google map のホイールの動作が逆になったような気がする。

今日、ふと google map を使って違和感があった。

ホイールを手前に回すと拡大だと思っていたんだが、何故か縮小する。

なんか、逆になった?元からこういう動作だっけ?

別に、ほかのアプリ使っていてもホイール動作がおかしいってこと無いんだよな。google map だけ逆になっている感じ。

適当に Web 調べてもそんな事書いてあるところ見つからなかったから、やっぱり気のせいなんだろうか。

なんだろうなぁ…。悩む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から大須大道町人祭です

ことしは加納真美さん来ないんだ…残念。

がまの油売りの石原耕さんは見に行くとして、あとは誰だろう。今までで印象に残っている人はタック!!さんだけど。今年はあまりジャグリングとかやらない方向なのかな。コメディショーとか書いてあるし。

そろそろ、新しい芸人さんを探すか。うーん、一つの会場で1日ぼーっとしているのが良いのかなぁ。

まぁ、ぼちぼちと考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅が変なことを言ったらしい。

会社の人から聞いた話で、テレビ中継されていたらしいので知っている人も多いと思う。

ちょっと趣旨がずれているかも知れないが…

「デフレの原因は若者が金を使わずに貯金しているからだ。若い人はポルシェ買って彼女とデートして金を使えばいい」

てな感じだったと思う。聞いた話だと。

ちょっと頼りない記憶なので、色々調べてみたけど、あまりソースがない。まだ議事録が10/7までしか公開されていないっぽいのでよくわからない。(10/13の発言らしいのだが…)

調べたら、心は永遠の乙女、姿はオバはんの「新世界」ブログ(http://ameblo.jp/nise-nation/entry-10675564418.html)に発言内容を見つけたが、ちょっとニュアンスが違うね。正しくは議事録を待つしかないか。この blog の記事を引用すると

デフレ状態をどう認識するか。個人も企業もお金をもっていないわけではない。 デフレはお金を持っている人はたとえば赤いポルシェを持ってガールフレンドと遊ぼうか、というのではなく、お金を確保することの方へ選択している。 企業もお金を握ったまま設備投資をしていない。 民間に任せたいが、個人も企業もお金を使わない。国債で税収で需要を生み出し中身を生み出す。 失業対策で穴を掘って埋めて、という雇用対策ではない。 デフレ状況でいくら供給サイドを効率化してもデフレが進むだけ。 介護、保育など雇用から成長させていく。

うん、ターゲットが若者から金持ちに変わっている。どっちなんだろう。

まぁ、金持ちが金を使わないからデフレというのはあまり正しいとは思わないけどね。若者が金を使わないからデフレなんてもってのほか。

そもそも、総理大臣がこの認識だよ。駄目だろう、もう。あきれてものが言えない。ポルシェという例えがもうどうにもならないぐらい駄目だし、使いたくても金がないよ、最近の若者は。

ていうか、ニュース見ていれば気がつくんじゃないの、普通。NHKのニュースで時々出てくる平均世帯の収入、昔は600万円だったけど、今は400万円だよ。そもそもの収入が減っているんだよ。だから、もちろん物は売れなくなるし、貯金なんか出来るわけ無いよ。デフレにだってなるさ。こんなの、普通に会社勤めしていれば誰にだってわかることだよ。そもそも、所得が減っているんだよ。一部の金持ちがたくさん金を使ったところで、状況が変わるわけ無いじゃん。日本そんなに金持ちだらけか?

でさ。

そもそも、デフレの原因を若者とか金持ちとか企業とかに押しつける姿勢ってどうなのよ。おまえの発言になんの根拠があるんだよ。何でもそうだけどさ、適当な奴に犯人押しつけるのは簡単だよ。根拠もなく、言うだけ。誰にだって出来る。簡単簡単。ていうか、不景気の原因はこれだって言ってもさ、それを解決する手段がおまえにあるのか、菅よ。自分の言っていることが責任のある立場の人間の発言としてどうなのか、一度みっちり考えるべきじゃないのか?

デフレの原因は私にはわからんが、こいつの言っていることは思い込みだけで根拠があるようには見えない。なんだかんだ言っても、結局バカみたいに国債発行して公共事業やるんでしょ?そんな趣旨の発言しているみたいだし。バカの一つ覚えじゃないんだから。

なんでこいつが総理大臣やっているんだか。腹が立って仕方がない。


ところで。


仙石という奴も答弁とか聞いているとむちゃくちゃだね。質問に答えず、質問してきた奴を逆に攻撃するなんてことをするなんて…。なんでこんな奴が威張る状況になっているんだか。これもじっくり国会中継を見たいところなんだけど、時間がない(泣)。

- - - - -

しかし、政治問題を調べるとなんか泥沼に入るね。仕事していると国会中継なんかを見続けることなんか出来ないし。ニュースで見るだけだと、全然情報が足りないし。もっと調べないといけないと思うんだけど、どこから調べたらいいのやら…。

悩むなぁ。

※20010.10.16 誤記修正:管→菅

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/10/14

グランツーリスモ5発売延期

あーぁ。いつまで待たせるんだよ、これ。

そういえば、PSPの発表の時に発売すると宣言していたPSP版のグランツーリスモは、発売までに何年もかかったし、GT5もこの調子だと、来年末ぐらいまで延びても不思議はありませんねぇ。

年内の発売?無いと思いますよ。だって、「発売日未定」ですよ。年末商戦に…とか言っているけど、今までの約束の破りっぷりを考えると、年末商戦に売るなんて考えられないですよね。

まぁ、年内に発売してくれるに越したことはないのですが。

うーん、でも、年内発売もなくなったら、GT5 買わないかも知れないなぁ。なんか、もういいやって気になってきた。初代のグランツーリスモを遊んだ時の感激は、GT2 以降では味わってないんだよなぁ。意外と XBOX360 の Forza も面白かったし、この秋に発売される Forza の全部入りパック買ってレースゲームはしばらくやめにしておこうかなぁ。

これだけ延期していると言うことは、開発費もものすごいことになっているはずだけど、ちゃんと開発費回収できるのかなぁ、これ。私が心配する話じゃないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/13

ノーベル賞はノルウェーと中国の関係に悪影響を与えるそうだ

というわけで、CNNのニュースを適当に読んでいるのですが、こんなこと言っているんですね、中国。

China warns Nobel prize will damage relations with Norway(http://edition.cnn.com/2010/WORLD/asiapcf/10/12/china.nobel.reaction/index.html)

全部訳すのは時間的に辛いので、概略を書くと…

- ここから概略 -

中国は、中国政府にたてつくにノーベル平和賞を与えたノルウェイとノーベル財団に文句を言っているそうだ。というか、二国間の関係に影響があると暗に脅している。中国国民はこの受賞に不満を持っているそうだ。どうやら、中国の法を犯している奴に賞を与えるのは軽蔑すべきことだとか言っているらしい。それどころか、内政干渉とか言っている。劉暁波氏にノーベル平和賞を与えるのは明らかな間違いなのだそうだ。

Liu Xia 氏(劉暁波氏の奥さん?)は、現在自宅に軟禁中だそうだ。劉暁波氏との面会を求めているが、それも実現していないらしい。劉暁波氏は、12月の授賞式には、Lix Xia 氏に代わりに出席して欲しいと考えているが、軟禁されているという状態であり、それについて考えるのはまだ時期尚早と言わざるを得ない。現在、Liu Xia 氏は電話も通じない状態だ。

アメリカのオバマ大統領は、劉暁波氏の解放を求めている。が、中国の外務省のスポークスマンは、内政干渉として不快感を表明している。中国としては、劉暁波氏はあくまでも犯罪者であるとの姿勢を崩してはいない。

- ここまで -

まぁ、国内の報道と余り大差ないですね。この辺は、日本でもちゃんと報道されていますね。というか、国内の報道の可否のラインがどこにあるのかがよくわかりませんね。マスコミでコントロールできない情報は普通に流すのかな、きっと。

しかし、こういうニュースを見ると、中国は困ったもんだなと思いますね。ノーベル平和賞は、民主主義的価値観の上にある(と思う)から、民主主義でない中国としては気に入らないんでしょうね。で、気に入らなかったら恫喝すると。困った連中だなぁ。

ここしばらくの動きを見ていると、どうやら中国は国の体制を維持するために外に敵を作る道を選びつつあるみたいですね。中国だけで経済が回っていく訳じゃないのに、どうするつもりなんだろうね。

尖閣問題以降、中国のニュースを気にするようになったのですが、余りにもきな臭い中国の動きにどうしたものかと思いますよ、ホント。ていうか、今まででもちゃんと報道されていたのかな、こういうことって。ちょっと不安。さかのぼって調べる気にはならないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どちらかと言えばいいことだけど、人気取りの感は否めないな

尖閣の中国名表示削除を…グーグルに自民要請(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101013-00001041-yom-pol)

てなニュースが流れましたね。まぁ、google の政治に対する姿勢はよくわからないが(中立を目指しているっぽいけどそうでもない気もする)、自民党としてこの問題をどう扱うかという姿勢を示したと言うことは良いと思う。うやむやにしようとしている民主よりはよっぽど好感が持てるね。

でも。

今までこういう問題を先送りにしてきて、このタイミングで動く自民。なんというか、スタンドプレーという感は否めないよね。今は野党だからこういうことを言いやすいんだろうけど、与党に戻ってから(戻れるとしてだが)どう動くかは色々別問題だからね。公約を平気で破ってきた自民だから、あんまり期待できないんだよね。

とはいえ。

政権与党がこういう要請をするのと、野党が要請をするのでは重さが違うからね。まぁ、今の自民の立ち位置だからこそ言えることなのかも知れない。

…こう考えるのは日本的すぎるか?もっと日本政府は主張するべきなのかもしれんな。

※今日から政治ネタはちゃんとカテゴリー設定することにしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント欄だけだと読まない人がいると思うから記事にしときますね。

こんなコメントが付いた。

中国話とか嘘っぽいよ、頭悪そうだから車の 話だけにしたらいいんじゃない?

投稿: ueda | 2010/10/12 23:42

だってさ。多分、尖閣諸島のこと書いたのが気に障ったんだと思うけど。

まぁ、blog の運営としてはこういうコメントは削除する方が無難なんだけど、こういうことをする奴等がいるんだと言うことであえて記事にして残しておきます。

こういうことやっても反感しか買わないというのにねぇ。困ったもんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/12

F1日本GPを振り返ってみる

レースの総括とかはちゃんとしているところがやっているはずなので、私は私の思ったことを書き殴ります。

む?これはレース直後にやるべき?そうかもしれないが、旬を逃すのもこのblogの良いところ。

というわけで…

●来客数減少
 うん、グランドスタンドとかね、お客さんになかったよ。空席が目立っていた。あと、仮設スタンドの数が減ったね。これも鈴鹿の苦悩を表しているよな。不景気のおかげで、企業向けの売り上げが減ったのが原因とか何とか。一般客はちゃんと来ているので、こっち方面で頑張ってお客さんを開拓するしかないですね。

●物販以外のブースは限りなく少なく…
 ちゃんと展示していたのはブリジストンだけ。何とも寂しい限り。ブリジストンがいなくなる来年の鈴鹿は、GPスクウェアには物販の店しかないなんていう寂しい事態になりかねないなぁ…

●そして、広告も少ない
 たとえば、1,2コーナースタンドにはF1向けの広告があるのが常だったのだが…今年はほぼ0。うーん、不景気だよ、これ。観覧車のサーキット側の広告スペースも真っ白。だめだよね、こんなんじゃ。

●例の順延になった予選ですが
 どう考えても予選実施は不可能という状況で引き延ばすのはどうしたもんだろうかと思います。まぁ、Indyみたいにほんの少しの雨でも中止しちゃうというのも辛いですが(仕方ないが)、雨でも走れるからとずるずる伸ばすのもいかがなもんかと思いますね。まぁ、興行的な面とか、色々あるのはわかるんだけど。

●でも、レースは面白かったよ。
 今回のレースの主役は可夢偉でしたね。間違いなく。正直、タイヤ戦略を間違えていなければもう少し順位が上がっていたんじゃないかと思うんですが、終わってしまったことを悔やむのはいかんですね。まぁ、あのタイヤ戦略があってこその終盤でのオーバーテイク連発と考えることも出来るし。

●そして、今回も可夢偉の前はシューマッハ
 この因縁はどうしたもんだろうね。

●お風呂事情改善
 花しょうぶ、いいよ。ロックの湯が2階の営業をしなくなったのもわかるね。

●白子駅前のコンビニ閉店
 むちゃくちゃショック。F1はともかく、国内レースを見に行く時、これから、どこで買い物すれば良いんだ?

●焼肉ランチは大繁盛
 今回もジュースを頂いてしまいました。ありがとうございます。
 で、焼肉ランチは大繁盛でした。金曜日にスプーンで購入したのですが、土日は大行列で買えませんでしたよ…。ちょいと悔しいけど、自分的なノルマ(1回は食べる)はクリアできたから良いか。

●そういえば、ドリキンカレーが無くなっていた
 まぁ、勘違い商売だからしょうがないよね。1回限りだったと言うことを考えると、去年ネタで喰っておけば良かったのかも知れない。でも、無意味に高かったからなぁ…

●ネタ商品
 今年は、食べるラー油のネタ商品がありました。F1ネタの栄養ドリンクも健在。ネタに走りすぎるのも良くないけど、こういうのがあっても良いよね。

●マーシャルの人たちも頑張っていました
 Q2席で観戦していたのですが、コースマーシャルの人たちもF1大好き!という感じで、とても良かったです。レース前と後に観客席に向かって挨拶するなんてこと、他のレースじゃないですよ。F1ならでは。やっぱり、F1は愛されている。そう思います。

●でも、レース開始時間が15:00というのは遅いよね
 正直、14:00スタートとか、その辺が限界だと思う。そりゃ、中継の話とかがあるのはわかるんだけどさ。

●クラッシュが多かった
 レースが始まる前に1大クラッシュで消えたのはもうどうしたものかと。あと、先頭の車がダンロップに到着する前にSCの合図が出るとか、これもどうしたものかと。なんか、鈴鹿ってクラッシュが多い印象が持たれちゃうよ。いかんなぁ。

●なにはともあれ
 みなさま、お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は与太話

そういえば、F1韓国GPは何とか開催の運びになりそうで。良かったのか悪かったのか。

まぁ、来週のグランプリ開幕を期待しながら待ちましょう。

グランドスタンドに行く道が無さそうと行っていましたが、最新の写真を見ると、橋が架かっているっぽいので、まぁ何とかなるでしょう。

※客が橋の上で観戦をはじめたら、重さで崩れましたなんてことはないよね。ね?

で、サーキットの航空写真なんてのも公開されたのですが…とりあえず、1コーナーを見て下さい。

狭くないですか?狭いですよね、これ。

あと、ピットアウトする時に、コーナーのアウト側から進入するという訳のわからんコースレイアウトになっているのですが、これだと、通常のコース走行をしているドライバーのラインと交錯しちゃうよね。ピットアウトするタイミングで車がいたら事故になっちゃうよ、これ。ティルケが本当にこんな設計したの?

※ティルケの設計とは違うという噂もある(2コーナーで合流するはずだったとか何とか)

なんにせよ、こうなったら無事にレースが終わることを祈るしかないですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/06

明日からF1日本GPを見に行くので

blogの更新が数日間止まります。

まぁ、ノートパソコンは持っていくので、もしかしたら現地で blog 更新とかするかも知れないですが。

とりあえず、F1を満喫してこようと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついでに中央日報が変な記事出している

というわけで、これ。

韓国、日米などに続いて世界3大スポーツすべて開催(1)

まぁ、いいけど。開催できない可能性が高いのだが(というか、今の時点で可能性を云々ってどうなのよ)。

なんにせよ、11日にどういう結果が出るかを楽しみにしていましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素朴な疑問

現在鋭意工事中の韓国のサーキットなんですが…(やっと舗装をはじめたそうです)

グランドスタンドが、内側にあるんですよね、サーキットの。

グランドスタンドに向かう地下道、ちゃんとありますよね。ありますよね?観客席に行くために、コース横切るなんてこと、無いですよね。ね、ね?

今まで報道されている写真で、一つも地下道らしきものを見ていないので、とても気になっているのですが。

他にも、色々気になるのですが、まぁ、色々どうでも良くなってきたからいいや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふと思いついて英語の勉強中

目指せ TOEIC 点数 Up。とりあえず 600点代のキープ。そのうちに 730点 Over に行きたいが、それは遠い未来の夢として。

というわけで、なんとなく CNN のページで気になったニュースを和訳していたりする。まだまだ時間がかかるね。いかんな。

てなわけで、しばらくは思いついて訳したのを意味もなくのっけてみようかと思います。が、著作権的にまずいのかも知れない。何か問題になったら消します。

※訳がおかしい?そりゃそうだ。私の英語力はまだまだ足りませんよ(泣)

- - - - -

日本は、食料で中国からの圧力を受けている

ブエノスアイレスの北、140kmの場所にあるバラデロでは、日本企業が「ガイアリンク」と呼ぶ有機栽培の大豆とトウモロコシの畑がある。この作物は、長距離の旅を経て日本へと出荷されている。

アフリカを越えて、日本の救援組織がブラジル・モザンビークのにとたちと共に、ギニアのサバンナを肥沃な農場に変え、大豆やトウモロコシ、綿花といった作物を栽培できるようにする活動を行っている。

日本は島国であるため、海外にある日本のベンチャー企業は共通の課題に直面している。それは、これらの食料が、他の新興国、特に中国との獲得競争にされされるというものだ。

中国は、2000年から、大豆の輸入をはじめた。これは、WTO(世界貿易機関)に加入した後の話だ。そして、アメリカ農業省によると、今年の中国の輸入量は、年間1300万トンから5000万トンと大幅に増加した。

世界最大の大豆輸入国である日本は、現在、他国と3600万トン以上の大豆を買い争っているという状況だ。

その結果、日本は中国の大量買い付けとの競争にさらされ、以前から持っていた競争力を失いはじめている。

ある大手商社の幹部によると、日本国内の市場は食料品の値上がりにさらされている。これは、「ジャパン・プレミアム」といわれている。

ある実業家は、生産者は「高い値段で安定してたくさん買ってくれる」顧客を好むという。「少ない量しか買わず、しかも、品質と値段にうるさい」日本の会社とは正反対だ。

ある貿易会社は、大豆に対する中国の旺盛な購買意欲のまえに、近年、日本の弱点が目立ってきたと語っている。

●何故、「食の安全保障」が脅かされたといわれているのか?

「8月の終わりから、中国の買い占めのために大豆とトウモロコシの10,11月分の発送が出来なくなった。これは異常事態だ。そのため、通常よりも高い価格で市場から買わなければならなくなってしまった。」と丸紅の穀物部署の「フクダ コウジ」さんは言う。

農林水産省の「サナタニ エイリュウ」氏によると、日本はまた、ロシアの小麦輸出禁止の影響をうけているとのことだ。そのため、日本はロシアからの小麦の輸入が出来なくなっている。ロシアからの小麦の輸入が減少したことにより、家畜飼料としての大豆とトウモロコシの需要が増えている。それが、更に穀物市場の相場を上げているという話だ。

今年の初め、穀物担当を騒がせたニュースがある。市場データによると、中国が近年になく大量のトウモロコシを輸入しているということだ。

アメリカ農業省によると、中国は、約130万トンを今年の9月までに輸入している。これは、前年と比較して27倍の量になる。

「中国のトウモロコシの輸入がが今のペースで増え続けるかはわからないが、これと同じことが大豆で起きてもおかしくはない。」日本大学の食料経済学の教授である「オオガ ケンジ」氏は言う。

ある商社の社員は、「中国がトウモロコシの輸入大国になったら、日本に無視できない影響があるだろう」と言う。

「もし、中国が本格的にアメリカの穀物を買い占めるようになったら、何が起こるか見当も付かない。輸出量は水道の蛇口みたいに制御できるからだ。」と、ある企業の幹部は言う。

日本商社に対する強烈な値上げ圧力にもかかわらず、中国の影響により必要な量の穀物の買い付けが脅かされているという問題が日本国内では取り上げられていない。財政的な問題になれば変わってくるのかも知れない。

「オオガ」氏は、穀物の買い付けについて、バイオ燃料としての需要の方が、中国の需要よりも脅威になるだろうと語っている。

たとえば、丸紅は最近、フランスからの穀物取引の契約にサインした。これは、昔では考えられなかったことだ。「フランスは、小麦の供給に対する単なる選択肢のひとつというわけではない。これは、今後の世界情勢の変化を考えると、重要な選択肢となるだろう。」と、「フクダ」氏は言う。

JICA(国際協力機構)の顧問であり、モザンビークの支援活動を行っている「ホンゴウ ユタカ」氏は、「仕入れ先の一極集中により、食の安全保障が脅かされている。モザンビークでの20年の活動により、モザンビークが食料輸出国となれば、日本の食の安全保障の助けになる筈だ。」と言う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/10/04

EBt のメモの数が1万を突破しました

あぁ、そういえばそろそろ…と思って調べたら…

10018メモ

ありました。うん、とうとう5桁目に来たか。感無量。

次の目標は2万だな。更に5年ぐらいかかりそうだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/03

そして、今日になってもデモの報道は無し

まぁ、想像していましたけどね。こういうことを報道しない理由を明らかにして欲しいですね。

日本の報道機関の立ち位置がある意味はっきりしましたね。

やはり、草の根のジャーナリズムが必用。報道機関には何らかのバイアスがかかっている。報道の自由とか言うくせに、こういうことは報道しないのはどういうことか。報道しない自由なのか?それにしてもすべての報道機関が報道しないのは理解できない。つまり、報道は既に自由でも何でもないという事だ。

なんにせよ、国外のニュースに気を向ける必要がありますね。国内で報道されていないニュースに目を向けないと、変な方向に誘導される危険が高い。

私も気をつけますが、皆さんも気をつけましょう。

中国を笑っていられないよ、日本の状況は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国内自動車市場縮小とか

というわけで、ニュースいくつか。

●エクソン・モービル日本撤退
 まぁ、ガソリンが売れないんだからしょうがないよね。

●トヨタ9月の受注が4割減
 まぁ、今までの減税の反動だからしょうがないよね。

自動車に関するニュースのピックアップだけど、これからわかるのは「自動車産業は縮小していく」ということ。結局、国内市場は縮小気味。1世帯あたりの平均収入が減る中、逆に値上がりしている(!)自動車が売れるわけ無いよね。

そろそろ、自動車を持つ意味とか、考えるべきだろうね。昔の「自動車はステータス」だった頃を夢見るのはやめて、現実を直視するべき。いくら魅力的な車を作ろうが「車を買う気がない」人には全く響かないからね。

どちらかというと、自動車は売れないという前提で考えていかないといけないね。だから。

1)海外に活路を見いだす
2)会社規模を国内市場に見合ったサイズに縮小する

どちらかを選ばないといけない。どうやら1)を選ぶ会社が多いんだけど、どっちを選んでも茨の道だね。1) も実際は辛い(円高で輸出が厳しい)から、なんだかんだで結局2)になるんじゃないかと思っている。

自動車は電車と同じ社会インフラ化するしかないんじゃないかなという気もしている。レンタカーは借りにくいけど、もうちょっと簡単に借りられるようになれば状況は変わってくる。30分1000円とか(ガソリン込み)で借りられれば、レンタカーよりもだいぶ敷居は下がるよね。マンションとかの近くに「レンタカースタンド」作ればいいじゃん。買い物とか、子どもの送り迎えとか、そんなときに気軽に借りられる車があればいい。多人数で車をシェアすれば、ひとりあたりの負担も減るしね。

乗りたい時に乗れないじゃないかって?

そういう贅沢を言いたいならば、車を買えばいいのです。車は贅沢品であるという認識を持てば良いんじゃないかな。

なお。

田舎に行くとそうとも言えないのが困るね。車がライフラインになっているから。もう、車体価格が50万円ぐらいの激安小型車作るべきだと思う。贅沢装備全部無くして。売れると思うよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本国内で尖閣諸島問題に関するデモがありました

というわけで、国内の情報sourceがないので、CNNのページを張っておきます。

China accused of invading disputed islands

こういうことをちゃんと報道しない日本の報道機関もクズですな。

で、CNNの記事を読んでね…といいたいところですが、まぁ、せっかくなので適当に訳します。ちなみに、適当にはしょって訳しますし、私はそんなに英語力はないので、正しい訳が読みたい人はちゃんとした訳を探すなりなんなりして下さい。

※2010.10.03 追記
CNN に日本語の記事が出ました。
尖閣諸島問題めぐり東京などで反中デモ
まぁ、日本語の記事が出ただけラッキーと思うべきですね。

- - 以下、適当な訳(誤訳してたらごめん+結構意訳したところもある) - -

「中国の尖閣諸島侵略に対する抗議活動」

中国に対する抗議デモが東京都その他6都市で行われた。これは、中国の尖閣諸島への「侵略(invation)」に抗議するものである。デモの参加者は日本国旗を掲げ、「中国の日本領土への侵略は許さない」と訴えた。

中国政府は次のように述べている。
「近隣諸国から抗議されている魚釣島を含む南中国の海(South China Sea)は中国の領土である。この中の一つが、日本の尖閣諸島である。」

このデモは、自衛隊の元航空幕僚長、田母神俊雄氏が企画したものだ。

参考記事)日本は、中国からの謝罪要求を拒絶(別記事へのリンクですが、そこは割愛)

「尖閣諸島は日本固有の領土である。もし、日本が尖閣諸島を守るという意志を示さなければ、中国は尖閣諸島を占領するだろう。」と田母神氏は訴えている。

田母神氏は中国を「盗人(thief)」と呼び、尖閣諸島を中国から守ろうと訴えている。

中国政府と日本政府は、尖閣諸島近海での中国人船長逮捕を巡り衝突している。

船長は、日本の海上保安庁の巡視船に2階体当たりを行い、巡視船の業務を妨害したとして拘束された。

●尖閣諸島は日本の領土である-田母神俊雄-

「中国に対して激しい憤りを感じる。中国は謝罪すべきであり、海上保安庁の巡視船の修理費も負担するべきだ。なぜならば、中国人船長は日本国内でこの事件を起こしているからだ。」と、学生の「フクモト ショウヘイ」さんは訴えている。

日本は、数日前に中国人船長を解放した。そして、中国人船長は、中国ではヒーローとして迎えられた。

「日本は中国にとって扱いやすい国になっている。日本政府が中国に対して弱腰であることに対して抗議したい。尖閣諸島の問題に対する日本政府の対応が、中国政府と比べて弱腰にしか見えない。」と、「サカモト ヨウコ」さんは訴えている。

中国人船長の逮捕は、日中間の外交関係の冷え込みや、両国間の交流の中断を招いている。

中国政府は、今回の逮捕に対する謝罪と賠償を求めているが、日本政府はこれを拒絶している。

日本政府も、また海上保安庁の巡視船の修理費を要求している。

- - 訳、ここまで - -

まぁ、こういうニュースをちゃんと報道するべきですよ、日本の報道機関は。

デモがあったことは事実なんだから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »