« IndyJapanの決勝を見てきました | トップページ | 今日は2回目の鉄道博物館 »

2010/09/19

対中関係について思う

まぁ、しばらくは中国との関係は距離をとった方が良いような気がするな。まぁ、尖閣諸島の問題はともかく。

以前、中国は内に向かって崩壊するか(政情不安)、外に向かって崩壊するか(侵略)どちらかに向かうだろうという記事を書いたんだけど、まだどっちに行くかはわからないですね。尖閣諸島問題だけを見ると外に向かいそうなんだけど、国内情勢のニュースを見る感じだと、内に向かって崩壊する可能性の方が高い気がするんですよね。

なんか、とにかく外に敵を見つけようとしているように思うのですよ。外に敵がいれば国がまとまる。そんな感じ。敵がいなくなると、不満は国の中枢(まぁ、中国共産党だ)に向かいそう。とりあえず、日本は中国としては「関係が悪化しても簡単に関係修復できる」と思われている節があるので、当面は「敵」でしょうね。だから、日本は距離をとるべきだと思う。国交断絶とか、そういう話じゃないけど。要は、中国を特別扱いしないようにするだけ。それだけで良いと思う。

まぁ、中国という市場はとても大きい。とても魅力的だ。だから、単純にお金儲けとして考えると外せない選択肢になる。

でもね。

気をつけないといけないのは中国というのが未だに一党独裁の政治的に非常に危うい国だという事。そして、中国政府もそろそろ国の統治が苦しくなってきているということ。少なくとも私にはそう見える。富が一部に集中するという状況(一部と言ってもものすごい数いるんだけど)、とても危ういよね。不満を持つよ、間違いなく。今までは情報のコントロールができたから良いんだけど、そろそろ情報のコントロールできなくなって来ているっぽいし。

中国の貧困層が、自分たちは搾取されているんだと知ったとき、どう動くか。

貧乏をあきらめてくれれば良いんだけどね。

別に、反乱が起きるなんてことは言わない。そんな事にならなくても、貧困層がお金を求めて大挙して都市部に押し寄せるだけで、中国はむちゃくちゃになる筈。貧しい生活をしている隣でお金持ちが優雅な暮らししているんですよ。不公平という思いは、不満に通じる。

とはいえ。

まだ中国の内政が破綻していないのはすごいと思うね。そういえば、北朝鮮もいつまでたっても崩壊しないし。政権を取っている人たちは、やっぱりそれなりに優秀なんだろうね。

|

« IndyJapanの決勝を見てきました | トップページ | 今日は2回目の鉄道博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/49499475

この記事へのトラックバック一覧です: 対中関係について思う:

« IndyJapanの決勝を見てきました | トップページ | 今日は2回目の鉄道博物館 »