« ファイルシステムはオブジェクト指向を取り込むべきだと思うんだよね | トップページ | 最低なニュース »

2010/09/23

そして今日もうろつき回ったのでした

とりあえず、ぐるっとパスの元は取ったぞ。←ケチ

と言うわけで、今日は東京国立博物館→昭和館→科学技術館→東京国立近代美術館工芸館→東京国立近代美術館の順番で回ってきました。時間ぎりぎり。

てなわけで、例によって感想的なことを。

●東京国立博物館
展示物多いよね。あと、広い。ここ数日歩きっぱなしなので足がつらい。さらに、疲れが重なって、展示物を見ていても頭に入らない。うあぁ…とか思いながら見てきました。基本的には、展示物は古い工芸品・美術品。ぼろぼろなものから、やたらと綺麗に保存されているものまで色々。あぁ、これ、教科書に載っていたよなぁ…とか、あぁ、これは…とか、そういうものが一杯。やっぱり興味深い。うん、たまにはこういうのも見に行かないとな。ただ、こういう施設って、未来じゃ無くって過去を見るんだよね。それを考えると、未来を見る国立科学博物館の方が気分的にはわくわくするなぁ。

●昭和館
太平洋戦争前後の日本についての展示。まぁ、その頃の日本は戦争抜きで語ることはできない。だから、当然展示は戦争が中心になる。正直、この状態で戦争に突入したというのは理解しがたい。最初から、勝てる戦争ではなかったんだよね…という感じ。もちろん、開戦当時、日本は早期の戦争終結を狙っていたから、読みが外れて悲惨な戦争に突入したという話でもあるんだが。…まぁ、そんな単純な話でもないか。経済の話もあるし、世界情勢の話もあるし。
それはともかく、無料で音声ガイド端末を貸してくれたり、やたらと親切だった。音声ガイド端末の動作がおかしかったが…(なんで入れた番号と違うガイドが流れる?)。
まぁ、こういう資料館的な施設は必要だと思うよ。少なくとも、庶民レベルで見る戦争は、国家レベルで見る戦争とは全然違う。

●科学技術館
うん、やっぱり子供向け。Webサイト見たときから「子供向けっぽいよなぁ」と思っていたのですが、やっぱり子供向けでした。というわけで、30分ぐらいで見学終了してしまいました。
でも、子供は一杯いたよ。色々、参加型の展示があったので、小学生ぐらいの子供がいるなら、連れて行ってみるのも良いと思う。
…おっさん一人は辛かった。

●国立近代美術館工芸館
基本的に、私は工芸品の方が芸術品よりも好きだ。何故か?工芸品は、わかりやすい目標がある。良い道具であること。だから、とても理解しやすいし、それを踏まえた上での工夫とかは見ていて楽しい。だが、美術品は、それぞれの作品がどこを目指しているかがわからず(しかも、人によってばらばら)、何故こういうものを作ったのかがよくわからない。
てなわけで、工芸品を展示する国立西洋美術館工芸館は、意外と気に入っていて結構行っていたりする。
ちなみに、建物はあまり大きくないので、見学にかかる時間はそんなに長くありません。皇居周辺をうろうろして時間が余ったら、ふらっと見に行ってみても良いかもしれません。こういうのに興味がない人には、全く面白くない施設ですが。

●国立近代美術館
常設展だけ見てきました。特別展を見る時間がなかった…。
近代美術は、前にも書いたけどとても理解しにくい。正直わからない。もちろん、すごいなーとは思う。すごいんだけど、なんだろう。何でこういうのを作ったのかがわからないんだよな。そのうちに理解できる日が来るんだろうか。


というわけで、明日は博物館巡りは無し。東京スカイツリーとかありがちなところを回って名古屋に帰ります。あぁ、秋休みも終わりか…。

|

« ファイルシステムはオブジェクト指向を取り込むべきだと思うんだよね | トップページ | 最低なニュース »

コメント

国立科学博物館が抜けているのが何とも残念。リニューアルして綺麗になっているので、是非!

投稿: みけ | 2010/09/24 06:26

国立科学博物館は火曜日に既に行ったのでした。楽しめましたよ。

投稿: おかだ | 2010/09/25 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/49542143

この記事へのトラックバック一覧です: そして今日もうろつき回ったのでした:

« ファイルシステムはオブジェクト指向を取り込むべきだと思うんだよね | トップページ | 最低なニュース »