« 鈴鹿8耐(今日は4耐と8耐ポール争い)に行ってきました。 | トップページ | 昨日の8耐の暑さを象徴する出来事 »

2010/07/26

鈴鹿8耐決勝に行ってきました(2010)

なんか、同じようなタイトルの記事を過去に書いているから、西暦を入れてみました。

んで、決勝。結果は、HARC-PRO の勝利。まぁ、去年に引き続きノーミス・ノートラブルで走りきったチームが優勝。まぁ、8本のスプリントを行う、そろそろ耐久レースとは言いにくくなってきた8耐だが、それでもやっぱり耐久レースであることに変わりはない。一つでもミスをしたり、一つでもトラブルがあると、チームは脱落する。

今回、トップチームでノーミスだったのは、HARC-PRO と Keihin kohara racing の2チームだと思う。そして、この2チームが1位、2位。やっぱり、こういう結果になるね。ちなみに、桜井ホンダはいまいちトラブルとか之記憶がないのに回に沈んでいたのは何でだろう。気がつかないうちにトラブっていたのかなぁ。あぁ、Keihin kohara racing は、チェッカーライダーを伊藤真一にする粋なことをしてくれた。まぁ、3位との間にも差があったからとか、色々あると思うけど。でも、これは盛り上がったなぁ。

話を戻して。

3位は F.C.C. TSR HONDA 。うーん、なんというか、秋吉の速さが結果に結びつかない。ていうか、秋吉はなんであーもミスをするかね。速いのは間違いないんだけど、それを相殺するどころか速さを打ち消してあまりある秋吉のミス。なんというか、第1スティントで2回も黄旗無視をして自滅。これのおかげで焦った2nd ライダーのジョナサン・レイがバックマーカーのオーバーテイクに失敗して、優勝争いからの脱落が決定的に。ちなみに、秋吉は第7スティントで、HARC-PRO をオーバーテイクする時にかなり挑発的な態度を取っていた。もちろん、HARC-PRO の監督はご立腹。優勝チームインタビューでも(もちろん直接的な表現はしないが)、怒りのコメントをしていた。普通、1ライダーのオーバーテイク(しかもラップダウンチーム)について、わざわざ優勝監督インタビューで言うことはないよね。それをあえて言う。まぁ、察するべきだろう。いくらスプリントっぽくなった8耐とは言え、耐久レースであることに変わりはない。いくらラップスピードが速くても、トップでチェッカーを受けられないのであれば意味はない。秋吉は、速さ以外のものをちゃんと見つけないといかんね。

ヨシムラは、酒井大作が秋吉にパスされてから、なんか狂っちゃったね。ヘアピンで転倒(そんなに派手な転倒ではない)をしてから、なんか調子が狂った。そして、マシントラブル。ヨシムラにしては珍しい…と思ったが、多分、今日のヨシムラには運が向いていなかったんだろう。8耐2連覇の期待がかかっていて、土曜日までは確実にヨシムラに風が向いていたというのに。これもまたレース。難しいね。

カワサキ準ワークスのTRICK STARも散々だった。レース序盤、電気系らしいトラブルでピットイン。レースには復帰したけど、明らかにスピードが足りない。なんとなく、エヴァンゲリオンなんて縁起の悪いチーム名にしたからじゃないかと思っているのだが、他にもセットアップとかもいけていなかった。なんか、エンジンはともかく、曲がらないのですよ、バイクが。だから、スピードが出せない…そんな風に見えた。順位もいつものポジションより大幅後退。来年に期待しよう。

世界耐久に参加している海外勢はぱっとしなかったね。というか、鈴鹿8耐が特殊なんですよ。あんなペース、8時間という短い時間だから出来ること。24時間耐久とかあのペースで走るのは無理だと思う。だから、ペースがよくわからんのではないかな?まぁ、個人的にはとても気の毒に思う。

伊藤真一。てっきりラストレースだと思っていたのだが、どうも違うらしい。今年いっぱいは国内レースには出る模様。ということは、秋のスーパーバイクレースには参加してくれるんだよね。もう一回、伊藤真一のレースが見えるのはとてもうれしい。しかし、8耐ラストランであることは確か…多分。グランドスタンドも、伊藤真一のインタビューの時が一番盛り上がっていた。この人も、レースファンに愛されているなぁ。

その他。

暑い。暑い。暑い。死にそうに暑い。例年暑いけど、今年は殊更に暑い。死んじゃうよ、これ。水分補給するだけだと身体が辛い。スポーツドリンクを選んで飲んでいたのだが。来年からは、塩を持参しよう。

SKE48。正直邪魔。レース中に場内放送で自己紹介はじめた時には参った。こいつらの自己紹介している間にバイクは2lapはするよ。勘弁してくれ。今回何人来て太のかはわからなかったが(10~20人?)、こいつらが用意されていたっぽい心のこもっていないコメントを言うのを聞くたびに、純粋に腹が立った。レースの迫力云々コメントする前に、お前らそもそもレース見てないだろ。まぁ、新しい客層を見つけないとレースの明日が危ないという話は間違いなくあるが、SKE48のファン層は、多分、レースファンにはならないよ。

さて、お祭りが終わった。明日からはまた厳しい日常かぁ。

|

« 鈴鹿8耐(今日は4耐と8耐ポール争い)に行ってきました。 | トップページ | 昨日の8耐の暑さを象徴する出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/48977024

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿8耐決勝に行ってきました(2010):

» 2009鈴鹿8耐 [あなたが知りたいニュースのまとめ]
2008鈴鹿8時間耐久ロードレース公式DVD商品価格:3,780円レビュー平均:5.0 鈴鹿8耐決勝 清成、中上、高橋組が優勝 8 オートバイの第33回鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)は25日、三重県の鈴鹿サーキット(1周5・821キロ)で決勝を行い、清成龍一、中上貴晶、高橋巧組(ホンダ)が215周で優勝した。 清成は2005、08年に続く3度目、中上と高橋は初制覇となった。 ... (続きを読む) 鈴鹿8耐、加賀山&酒井&... [続きを読む]

受信: 2010/07/26 06:28

« 鈴鹿8耐(今日は4耐と8耐ポール争い)に行ってきました。 | トップページ | 昨日の8耐の暑さを象徴する出来事 »