« 今日のEBt。テーマ「データは小さく」 | トップページ | なんとなく SugarSync を導入 »

2010/06/04

礼儀について考えてみた

なんか、駅で態度の悪い奴ら(10代後半~20代前半)を見かけて、ふと思った事を書きます。

礼儀というのは何だろう。自分なりに考えて、それなりに到達したのは、相手を敬う事、それが礼儀の基本だということ。たとえ初対面であっても、相手を敬うという事は基本的には重要。礼儀に反した事をすると、それはすなわち、相手を敬っていないという事になる。相手を敬わない、つまり、相手を見下している。

礼儀は、この相手を敬うという事を端的に表す事だと思っている。

さて、初対面の人が自分を見下していた場合、自分はどう思うか考えてみる。まず、間違いなく不快になる。そして、こちらも相手を敬わなくなる。当然だね。そうなると、自分と相手の間は、敵対関係に近いものになる。一方的に相手を許す事ができるほど、人間は崇高な生き物ではない。そして、こういう敵対関係は、お互いにとって不幸だ。お互いに与えるものもなければ得る事もない。

ここでだ。最近の礼儀を巻き話得ない奴ら。こういうことがわかっていないんだろうな、と思う。もしかしたら、今まで恵まれた環境にいたから、例を守らない事に対するペナルティというのを味わっていないのかもしれない。だとしたら、とても不幸だ。

残念ながら、この世の中一人で生きる事はとても難しい。こいつら、こんな社会性のない状態でどうやって生きていくんだろう。まぁ、今は良い。若いからという事で許される面も確かにある。だが、その期間は限りなく短い。社会に出てからマナーを勉強し直す事なんてできない。なぜなら、マナーが守れない人間は、そもそも社会が受け入れてくれないから。特にこれから。

なんか、こういう話をすると、マナーを守るようなのはつまらない人間とか、俺はマナーなんか守らなくても実力で生き残るとか、生意気を言う奴が出てくる。社会に出ればわかるけど、ルールを守らなくても許されるなんてことは、ほぼあり得ない。独立すればいい?独立したら、もっと厳しくなるよね。会社の中にいれば大丈夫?ルールの守れない奴は、やんわりと追い出されるよ。公務員になればいい?なるためのハードルは会社員になるより相当きついよ。なれたとしても、クビにこそならずとも、閑職に追われるね。そもそも、組織の中で異端として生きていくのは、よっぽどがんばらないときついね。

なーんてことをこのblogで言っていたとしても、マナーの悪い奴はそもそも読んでいないと思う。

ほんとに、こいつら、将来どうする気だろうね。老後どころか、10年たたずに路頭に迷いそう。自業自得かもしれないが、こいつらが10年後に…まぁ、後悔とかしなさそうだから良いか。

|

« 今日のEBt。テーマ「データは小さく」 | トップページ | なんとなく SugarSync を導入 »

コメント

しっぺ返し、因果応報という
意味を知らないor知ろうとしない
人間は、「人」としてどうなの?
同じ道徳観を持った社会人として
扱ってもいいの? とは思う。

愛玩動物なら、悪さをした正にその時に
躾を行わないと効果が出ない。
まあ躾を行う大人が不在なのも
それはそれで問題だが。

絶滅危惧種に「日本人」が登録されても
おかしくない時代になったのかも…
(出生率とかの数字をみるにつけ)

投稿: goya | 2010/06/05 18:04

どうしても自分で生活しないといけなくなる年齢になって、彼らは今のままでは一番低次元である衣食の心配すら・・・と安易に予想できる。

また自分だけで通じる略語やどう考えても変なイントネーションは社会に出ると、大変困ると思う。

ところで、ベテランによる若者いじめが最近会社で起きていると言うが、礼儀が出来ていないために自然に起きたこととも思えるふしもある。

投稿: むらやん | 2010/06/07 21:44

個人的には、こんな奴等が生活できなくなったからと言っても、生活保護なんかくれてやりたくないですね。

そもそも、これは前向きに生きようとして、それでも生活が成り立たない人のための制度だと思う。遊んで暮らすためのものではない。

同じ理由で民主がはじめた子ども手当も嫌い。苦労せずに金を得ることが普通と思って欲しくない。

※宝くじと比較しちゃいかんよ。

投稿: おかだ | 2010/06/07 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/48544060

この記事へのトラックバック一覧です: 礼儀について考えてみた:

« 今日のEBt。テーマ「データは小さく」 | トップページ | なんとなく SugarSync を導入 »