« やっぱり勝手が違うなぁ | トップページ | 今日のEBt。テーマ「リンク」。 »

2010/05/11

今日からしばらくEBtについて語ります。今回のテーマ。基本概念。

いや、なんかね。Piggydb というソフトのページで軽くEBtのことが話題になっているので、そこの助けになればいいかなと思いまして。でも、そこに土足で入り込む気合いがないので、このblogで適当に語ろうと思います。

てなわけで、今回のテーマ。基本概念。

EBt のデータ構造は、メモ+リンクだけです。メモには、テキストだったり画像だったり URL だったりとかありますが、これらをすべてひっくるめてメモと言います。リンクは、メモとメモをつなぐひもです。ひもには特に方向がありません。一応、ラベルなんていう方向付きの概念もあるのですが、これはあくまでもリンクに従属する情報であり、オプション的なものです。なので、リンクは双方向。ここがスタート地点です。

これだけ書いて、いきなり歴史の話になりますが、ここに至った経緯ぐらい書かないといけないかなーと思ったので書きます。

さて。昔から使っている人は EBt の元アイデアが BTRON にあるということは薄ぼんやりとわかっていると思います。もちろん、それはある程度正しいのですが、他にもAIの世界での知識表現の世界(is-a, とか、has-aとか)もベースになっていたりします。自分の中では、BTRONとAIに接したのはほぼ同時だったので、どっちが先というものでもありません。ただ、どちらにも共通なのは、リンクは単方向ということです。

で、勉強し始めた時、リンクには方向があるものだと教えられたし、それが自然だと思っていました。だから、そんな構造がシステムとして素直に表現できる BTRON も、「当然そうだよね」と感じて使っていました。BTRONは超漢字になる前(Bright/Vでしたっけ?)の頃から使い始めました。が、色々と使っていて不自由を感じていました。確かに、リンクを使った知識表現方法は強力だ。すごく便利だ。しかし、なんかしっくりこない。多分、自分が慣れていないんだろうと思ってかなりがんばったのですが、やっぱりなじめませんでした。

このとき、自分のデータを見て、気がついたこと。

・よく使うデータは、双方向にリンクを張っている。
・単方向のリンクは、データをよく見失う。そして、袋小路に入ってしまう。
・この知識がどこで使われているのかわからない。

まぁ、色々不満があったけど、BTRONをがんばって使っていました。とはいえ、この「がんばる」というのが結構辛い。がんばってBTRONにデータを構築していったのですが、データの蓄積がとても辛い。そして、そのうちに BTRON そのものを使わなくなりました。結構投資したんですけどね…

ちなみに、同時期に WZ Editor もガンガン使っていました。これの WZ memo もなかなか良かったのですが、これはこれで色々制限が多く、使いにくかった…

あと、忘れてはいけないのが Zaurus。PI, MI, SL と世代が変わっていきましたが、ここにデータを保存して持ち歩きたいという欲求がどんどん膨らんでいきました。SL-Zaurus を見た時、「ここでBTRON動かないかなぁ~」なんて思っていました。ですが、そんな事があるわけもなく、MI ザウルスとか PI ザウルスに比べて使いにくくなったなぁ…などと思いながら、がんばって SL-Zaurus を使い続けていました。

この頃、自分の頭の中で、どんなソフトが欲しいかは大体決まっていました。

・テキストデータが保存できればいい(ここは贅沢は言わない)
・リンクは逆方向にたどれないといけない(まだ双方向とは思っていない)

んで、Ruby, Ruby/Qte を見つけ、「これを使えば、そんなに時間をかけなくても作れるかも」と思い、作ったのが EBt (初代)です。

ちなみに、初代はこんな特徴があります。

・リンクは方向付き(但し、逆方向にもたどれる)

で、使った結果、やっぱり双方向にリンクを張りたくなるんですね。あと、リンクの方向がメモを管理する上で非常にうざい。リンクの方向に縛られて、思考が阻害される。なので、さくっとリンクを双方向にしました。

てな感じで EBt の骨格ができあがりました。あとは、Web でたどれますね。いろいろと機能は追加していますが、本質は変わっていません。メモとリンク。これだけ。

概念としては、これが基本だと思うんですよ。これ以外の概念は、オプション。リンクは単方向と双方向とどっちが基本かは議論がありますが、私は双方向が基本。単方向はオプションとしました。

理由は簡単。Aに従属するBを考える時、AからBを連想することもあるし、BからAを連想することもあるんですよね。単方向の知識って、無いんですよ。少なくとも私の認識では。だから、双方向を基本的な概念に据えたんです。

もちろん、日常の発想は方向付きなのは重々承知の上。知識は、「リンク」+「リンクの意味」で出来ていると思う。だけど、正直、「リンクの意味」はテキスト化できない。リンクの意味をテキスト化できるほど私の脳は洗練されていないしね。あと、メモからメモを見ると、意外とリンクの意味は「想像できる」。AとBを見比べると、「あぁ、なるほど。確かにつながっているね。」と思う。でも、つなげた理由は、色々あり難しい。この意味を考えないとリンクが作れないなんてことになったら、私はメモを作らなくなる。

色々能書きをたれましたが。

メモとリンクは知識の表現のエッセンスである、というのが、私の結論。

ちなみに、あるえらい人の言葉。誰だったかは忘れたけど。しかもうろ覚えだけど。
「難しいことを難しくいうことは誰だって出来る。難しいことを簡単に説明することが出来るようになれ。」

この人の教えに、EBt が従えているかはわかりませんが、これは大事なことだと思っています。

EBt はまだまだ難しいんですけどね。シンプル化しすぎたか…。

|

« やっぱり勝手が違うなぁ | トップページ | 今日のEBt。テーマ「リンク」。 »

コメント

これっぽいかな
「むずかしいことをやさしく
 やさしいことをふかく
 ふかいことをおもしろく
 おもしろいことをまじめに
 まじめなことをゆかいに
 ゆかいなことをいっそうゆかいに」
井上ひさしの座右の銘

投稿: goya | 2010/05/11 12:16

わかったようなそうでないような・・・

とにかく深いってことはわかった気が・・・

投稿: むらやん | 2010/05/11 18:37

なんか、既にいつ聞いたのか思い出せないんですよね…井上ひさしか…意外と、似たようなことを言っている人は多いのかも知れませんね。

投稿: おかだ | 2010/05/11 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/48328250

この記事へのトラックバック一覧です: 今日からしばらくEBtについて語ります。今回のテーマ。基本概念。:

» [EBt]EBt→BTRON→超漢字→EBt [minakajiの日記]
http://ayati.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/ebtwm_9c0e.html wrote: EBtのソースコードを読むと、EseBtronの文字が見られます。Btronの実身仮身が元ネタのひとつなのでしょう。 以前から BTRON の名前は聞くがその実態は知らない。とりあえず「超漢字Vの進化 - Windows上... [続きを読む]

受信: 2010/05/11 19:10

« やっぱり勝手が違うなぁ | トップページ | 今日のEBt。テーマ「リンク」。 »