« ひとりごと | トップページ | 疲労がピーク状態 »

2010/04/12

SuperGT Rd.1 鈴鹿の写真を見直していて

やはり、置きピンの方がいいや。EOS20DのAFだと追従できてない。

究極的には、マニュアルピント設定なんだろうけど、そんなスキルないし。

とはいえ、絞りを開放気味(F8ぐらい)で撮っていると、被写界深度が浅くて車全体にピントが合わないね。やっぱり、もうちょっと絞り込んだ方が良いか。ただ、絞り込むと写真のシャープさが無くなるんだよなぁ。やっぱり、絞り開いて撮った写真でびったりきまった時が一番見ていて気分が良い。成功率むちゃくちゃ下がるけど。

あと、絞り開放で撮る時は、真横からにせんといかんのだろうな。横だったら被写界深度浅くても大丈夫だし。スピード感も出るしね。ま、スピード合わせるのは一番難しいんだけど。

最近のEOS7Dとか買えば、AF速いのかな?連写速度は要らないから、高速AFが欲しいな。レンズが悪いとどうしようもないんだけど、安いとはいえLレンズだから問題はないと思うし。

しかし、色々やって行き着いたところが置きピンというのはなんか悲しいな。まぁ、結局初心に帰ると言うことだろうか。

…技術力ももっと磨かんといかんけどね。

|

« ひとりごと | トップページ | 疲労がピーク状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/48062801

この記事へのトラックバック一覧です: SuperGT Rd.1 鈴鹿の写真を見直していて:

« ひとりごと | トップページ | 疲労がピーク状態 »