« SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 予選を見てきました | トップページ | インターネットの情報の妙なところ »

2010/03/22

SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 決勝を見てきました

SuperGT 開幕戦 鈴鹿300km 見てきました。

まず、GT500の感想。

個人的には、HSVの音は好きだ。なんか、フォーミュラっぽい。今回、ヘアピンに陣取ってずっと見ていたんだけど、確かに HSV はコーナーでの動きがクイックなように見える。

が、それが速さにつながるというと全く別の問題なわけで…

レース結果を見ると、1位 GT-R, 2位 SC430, 3位 HSV と良い感じで分かれたように見える。だが、実際のところそう簡単な話ではなかった。ポールポジションを取ったHSVは、レース序盤で下位に落ち込んだ挙げ句に、同士討ちで2台も失うという体たらく。何とか表彰台をゲットすることが出来たが、見た感じ、これが今できる精一杯という感じだった。これから熟成すれば速くなるのかも知れないが、今の時点では不安に思わずにはいられない。今シーズン、HSVはかなり苦戦するかも知れない。

GT-Rも苦しかった。KONDO Racing が優勝を決めたが、これはレース戦略で勝ったという印象が強い。NISMOのGT-Rが下位に沈んでいたことを考えると、このKONDO Racing のGT-Rが優勝できたのは、チーム力の勝利と言えよう。GT-Rもちょっと速さが足りない。戦略で勝つというのももちろん重要だしこれを否定する気は毛頭無い。ただ、車の速さで勝てないのはちょっとまずい。GT-Rも今シーズン苦戦しそうだ。

ならば、SC430が開幕戦最速だったか?という話になるが、SC430の陣営はなんかおかしかった。多分、SC430は、HSVやGT-Rよりも速い。今シーズンは。でも、トヨタ系5チームが互いにつぶし合う上に、GT-Rに優勝を奪われてしまうあたりに、総合力の弱さを感じる。SC430というくくりで考えれば速いんだけど、これを各チームに分解すると、なぜか速さが薄れてしまう。今年のSCは、5チームの間でポイントが分散してしまいそうな気がする。どこかのチームに戦力を集中しないと、結果が伴わないのではないだろうか。なんか、そんな気がする。

てなわけで、今シーズンは各チーム万全とは言い難い開幕戦だったと思う。もちろん、今日はコンディションも良くなかった。スタート前には雨が降り、レース序盤は混乱もあった。だから、今日の結果だけで色々考えてしまうのは早計すぎる。開幕戦だし、色々と準備が足りないという面もある。次に鈴鹿に SuperGT が来るのは8月。そこまでにどのチームが抜け出してくるか。正直わからない。個人的には HSV に勝って欲しいのだが…


次。GT300。

1周目で多重クラッシュが発生。いきなり紫電が戦線を離脱してしまった。個人的には紫電が大好きなのだが、相変わらず今シーズンも苦戦しそうだ。

なんというか、GT300は見ていて面白いんだけど、車のバリエーションが多すぎて、どの車が速いだの遅いだの言いにくい。RX7は速かった。これ以外は大きな印象はないかな。

SuperGT は、順位がすぐにわからなくなる。面白いんだけど、ここはどうにかならんもんだろうかと思う。


なんにせよ、モータースポーツのシーズンが始まったのは素直にうれしいですね。私は鈴鹿以外のレースを見に行く予定はほとんどありませんが、レースに興味がある方は是非サーキットまで足を運んでみて下さい。テレビではわからないレースがそこにありますから。


そして。焼き肉ランチは今日も大繁盛でした。焼き肉ランチは大行列なのに、隣の店は閑古鳥鳴いていたんですよね。見ていて気の毒でした。


サーキットに行こう!

|

« SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 予選を見てきました | トップページ | インターネットの情報の妙なところ »

コメント

焼肉ランチの話題にやたら拘って読んでしまう僕・・・でありました。

投稿: むらやん | 2010/03/22 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/47872898

この記事へのトラックバック一覧です: SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 決勝を見てきました:

« SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 予選を見てきました | トップページ | インターネットの情報の妙なところ »