« COWON V5 の問題点に気がついてしまった | トップページ | SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 予選を見てきました »

2010/03/20

正義という名のいじめ

正義は常に正しい。悪は常にただすべきもの。

そう思っている人がいるような気がする。そして、悪を決めつけ、それをたたく事を躊躇しない人たちが少なからずいると思っている。たとえば、私が「道に落ちていた100万円をねこばばしました」とか書くと、正義をふるいたくてたまらない人は、間違いなく私をたたくだろう。

ここで気にするべき問題はなんだろうか。

1)ねこばばをした事は悪い事だ。
2)悪い人を糾弾する事は良い事だ。

この二つの理論が繋がっている人がとても多いような気がする。1)については異論はない。だが、2)はいい事なのだろうか?悪い事をやる人を糾弾するのは自由だ。別にそれに対して異議を唱えるつもりはない。問題は、それを「良い事」と思っている人が実は多いのではないか?という事。

これを良い事だと思っている人は、危険だと思う。

よく、ネットで炎上したとかそういう話題が流れる事がある。まぁ、炎上する原因を作った人も悪いのだが、その悪い事に対して、よってたかって批判する批判する人たちはどうなんだろうか。良い事をしていると思っているとは言わないが、この人たちの心理状態について考えてみるべきだと思う。

私には集団リンチをしているようにしか見えない。

不用意な発言をした人を見つけ、それを口実にいじめて喜んでいる。そう思うのだ。

個人的には、正義も悪もごちゃ混ぜになっているのが今の世の中だと思う。正しい事をやっても糾弾される事もあれば、悪い事をやっても評価されたりもする。それが世の中だ。子供の頃に思っていた、絶対的な正義があって、正義の味方が世の中の秩序を守っている世界なんてものは幻想でしかない。この世に正義がないとは言わないが、そんな純粋な正義なんてものは、間違いなく無い。

まぁ、正義を振りかざすのは気分が良いんですよ。正義だから、反撃される可能性は少ない。反撃されても相手は少ない。何人かでよってたかって叩けば、自分に危害が及ぶ可能性は低い。だから、安心して叩ける。気分良いよね、きっと。反撃できない相手を殴るのはすっきりするよね。

反吐が出るけど。

なんか、自称正義の人たちがのさばっているように思うんですよ。この人たちは、何でも良いから、たたける材料を探している。そして、何か見つけたら、よってたかってたたきのめす。そして、この人たちは正義を口実に暴れているだけなので、世の中にはなんのプラスにもならない。むしろマイナス。

心当たりがありませんか?こういう人たちに。なんか、普通にあちこちで見かけますよね。

あーぁ。

|

« COWON V5 の問題点に気がついてしまった | トップページ | SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 予選を見てきました »

コメント

正義、ではありませんが
「正論は正しい。だが正論を武器にする奴は正しくない。お前が使ってるのはどっちだ?」
by 堂上篤@ 「図書館戦争」 有川浩
なんでしょうねぇ

投稿: goya | 2010/03/21 18:11

図書館戦争にそんなくだりがありましたか。同じような事を考える人はやっぱりいっぱいいるんですね。

ということは、やはりこれは一般的な問題というわけで…困った世の中だなぁ。

投稿: おかだ | 2010/03/26 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/47862052

この記事へのトラックバック一覧です: 正義という名のいじめ:

« COWON V5 の問題点に気がついてしまった | トップページ | SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 予選を見てきました »