« 楽天ブックスの新刊ライトノベルの売り場を見て思う | トップページ | 親戚の葬儀に参列して »

2010/03/07

神様のいない日曜日 読んだ

読み終わりました。神様のいない日曜日。最初はどういう話なのかよくわからなかったのですが、読み終わると、意外と深いストーリーに何とも言えない満足感がある、そんな風に思います。

昔、考えたことがあります。人は不老不死を求めるが、不死の怪人は何を求めるだろうか、ということを。私の結論は、不死の怪人は死を求めるということでした。普通に生きて、普通に死ぬことを求めるだろうと。そして、この小説では、そんな自分の考えをある程度肯定してくれ、そして、自分の期待するストーリーを描いてくれた。だから、個人的にはとても満足です。

生き続けることによって何が起きるか?意外とこういうテーマは多く、私にも色々心当たりがあります。たとえば、人類最後の1人を描いた新井素子のチグリスとユーフラテスなんてのもあります。他にも、高橋留美子の人魚のシリーズも、不死を題材にした深いテーマが伺えます。どっちもこの小説とは全く違う話ですが、私は似たような雰囲気を感じずにはいられません。

結局、人は死ぬことが自然なんですよ。そして、一番の幸せは、親しい人に見送られながら、静かに息を引き取ることなんですよ。もちろん、生き続けることは幸せだと思う。でも、生き続けることは、すなわち、自分以外のすべての他者の死を見送らないといけないということになる。もし、私が不死の人間になったとしたら、当然、私の知っているすべての人間を看取らないといけない。私にはそれは耐えられそうにない。死ぬことは怖い。だけど、死ぬことによって保たれる平衡というものもあるはずだ、そう思うのです。

こんなストーリーだから、いわゆる普通の色恋沙汰はこの小説には出てきません。読んで笑えるストーリーでもないし、派手な戦闘シーンもありません。そういう点では、普通のライトノベルとは少々勝手が違います。かなりストイックなストーリーです。

派手な要素が無くても、いい小説は書ける、私はそう思います。話を読んでいる途中では、地味なストーリーと思うかも知れません。確かに、派手さを求める人には不満があることは想像に難くありません。

その代わり、読み終わった時の感覚は非常に良い。これは保証します。

頭空っぽにして読める本ではないかも知れません。そう考えると、ライトノベルの割にはちょっと重たい。だから、嗜好に合わない人もいるかも知れません。

神様は世界を見捨てたのか。

久しぶりに、いい小説が読めたような気がします。

|

« 楽天ブックスの新刊ライトノベルの売り場を見て思う | トップページ | 親戚の葬儀に参列して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/47743427

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のいない日曜日 読んだ:

« 楽天ブックスの新刊ライトノベルの売り場を見て思う | トップページ | 親戚の葬儀に参列して »