« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/31

au の IS01 が何となく良い感じ

EBt を Android で動かしたいと思っている事は前々から言っているとおりなのですが…

なんか、au の IS01 が個人的には良い感じ。

まぁ、当面買う予定はないけど、Android 版 EBt ができたら、是非この端末で使ってみたいな。

結局、いつでもどこでもデータが入力できるというのが、自分のやりたい事なんだよな、きっと。

Win で EBt 動くようになったから EBt の主体は PC に移っちゃったけど、それって結局Zaurusでの入力がつらい事が主な原因なんだよな。IS01でEBt動くようになったら、意外とPCよりも使うようになるかもしれない。

まぁ、いつ作るんだよ…というそもそもの問題はありますが。
※EBt って、結構ボリュームあるんですよ。

とりあえず、今はサーバー向けのテストプログラム作るので手一杯だからなぁ。

うーん、時間が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/29

子ども手当

なんか、財源もないのにどうするのかと思っていたら…

日本に住む外国人で、母国に子供がいても手当が支給されるらしいと言うとんでもない話が。

どうするんだ、これ。外国人、もらいたい放題じゃないか。何を考えてこの法案作ったんだか。

そして、一部報道によると、外国人(主に中国人らしいが)が、既に大挙して押し寄せているとの事。支給は6月からとだいぶ先だが、既にこの状況。6月にはどんな混乱が待っている事やら。

こんな駄目な法案がこれからもどんどん可決されていくんだろうなぁ。あーあ。だから、一つの党に安定多数を与えちゃいけないといっていたのに。

とりあえず、次の参議院選では、最低限民主党を参議院で過半数割れにしないといけないね。残念ながら、衆議院は任期満了まで民主党が続けるのはほぼ確定だし。内閣不信任?安定多数持っているのにするわけ無いよね。解散?安定多数持っているのにするわけ無いよね。

政治はなんだかんだいってもバランスが大事だと思うんですよ、私は。自民も小泉時代に大量の議席を得て暴走したし、民主党も結局暴走。どこかに歯止めが必要なんですよ。とりあえず、今歯止めとして期待できるのは参議院だけ。参議院選を前に、第2党としてがんばるべき自民党が風前の灯火状態でつらいところなのだが、別に自民じゃなくても良い。まぁ、与党(民主党・国民新党・社民党)以外だったら、正直どこでも良い。個人的には、宗教の臭いがぷんぷんする公明党は却下だが、まぁ、共産党は反対意見を言う党として意外と選択肢としてはありかもしれない。もちろん、この党に政権を任せるのは危険以外の何者でもないが。まぁ、民主が意外と自民に対して冷たいので、自民でもいいのかもしれない。民主も自民もどっちもどっちだが、今の民主を見る限り、民主党に政権を取らせたのは大失敗としか思えない。

なんにせよ。

暴走のつけは民主に払ってもらわないといけないよね。

次の選挙では、民主を大敗させよう。自民を大敗させる事ができたんだ。民主を敗退させる事もきっとできるはずだ。政治のバランスを取り戻さないと、色々手遅れになる。

※まぁ、まさかの民主・自民連立政権ができたら終わりな訳ですけどね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢湾フェリーの思い出

伊勢湾フェリーが、9月で廃止になるというニュースを読み、ちょっと感慨に浸ってみることにした。

私が伊勢湾フェリーを最初に使ったのは、伊勢神宮に初詣に行った時だった。当時はバイクでの移動を中心にしていたのだが、あまりの強風に体力が尽き、楽に移動できそう…と思って使ったのが最初だった。

当時…もう10年以上前だが、既にフェリーの利用者は少なかった。フェリーの客室は結構がらがら。まぁ、車で来る人たちが乗るだけだから、客室のキャパシティが大きすぎたのかも知れない。車は、そこそこ満車。バイクはいつも端っこにちょっと乗せてもらう、そんな感じだった。そして、港に着いた時、バイクで船から出発していくのが、なんか面白かった。

それ以来、ちょくちょく利用していた。当時、利用していた航路は鳥羽-師崎。大体、90分で師崎に到着するこの航路は、運行本数もそんなに多くないので、時間には結構気を遣っていた記憶がある。

そして、伊勢神宮への初詣にバイクで行かなくなってから、いつの間にか伊勢湾フェリーを使わなくなってしまった。

そのうちに、中部新国際空港が開港。鳥羽-師崎の航路が廃止になり、代わりに鳥羽-半田の航路になったらしいという話を聞いた。知多半島の付け根にすむ自分には便利になったかも…とか思ったが、やっぱり利用はしなかった。昔ほど元気でなくなり、バイクで走り回らなくなったというのも大きいと思う。

そして、このニュースを聞いた。うそ?と思い調べると、既に鳥羽-半田航路は廃止。鳥羽-伊良湖しか運行していなかった。これだけでも既に悲しいのに、残った鳥羽-伊良湖航路も廃止。

もちろん、時の流れとしてはしょうがないんだろう。フェリーはとてもお金がかかる。たとえば、4人家族でフェリーを利用すると、車1台分(運転者込み)+同乗者3人の代金を払わないといけない。高速は疲れるが、確実に安い。最近は高速道路が1000円になったので、更に割高に感じてしまう。

とはいえ、所要時間を考えたら、確実に速い。伊勢湾の地図を見ればわかるが、鳥羽から知多半島・渥美半島に向かう場合、海路の方が明らかに近い。歴史的にも、古くからこの航路は使われていたらしく、伝統もある。確か篠島だったかな。その当時から続く神事が残っているらしい。

世の流れかな。

高速道路網が整備され、その価格が下がれば、フェリーのような交通手段は確実にお客さんは減る。助成金を出しても、お客さんが戻ってくるわけではない。もう、絶望的としか言いようがない。遅かれ速かれ、消える運命にあったんだろうなと思う。

悲しいけど、仕方がない。

最後に、鳥羽-御前崎-師崎航路を使ってみようかな。ミニサイズの赤福を食べながら、ゆっくりと船の旅を楽しむのも意外と良いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/27

大須グッドウィルにてMX Revolution が処分特価

大須のグッドウィルで、Logicool の高級マウス、MX Revolution が大特価、6980円ぐらいで売ってました。

数は潤沢にある模様。

まぁ、モデルチェンジしたから、たたき売りになったんだろうね。個人的には購入見送りの商品だけど、高くて手が出なかった方々には良いチャンスかと。

…マウスにこんなに金を払う必要性を感じない人には全く必要のない製品ですけどね。

でも、マウス、結構使いやすさは重要ですよ。作業効率が全然違ってきます。仕事でも、趣味でも。

パソコン買ったときにおまけでついてきたようなマウスを使っている方は、一度ちゃんとしたマウスを使って欲しいなーと思う。

てなわけで、特価情報でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TMPGEnc 4.0 XPress を最新版(4.7.6.304)にしたら起動しなくなった

あー、TMPGEnc 4.0 XPress が新しくなったなぁ。バージョンアップするか。

そう思ってインストールしたら…

「アプリケーションを正しく初期化できませんでした。(0xc0150002)」とかいうメッセージが表示されて起動しなくなってしまった。

ちなみに、Windows Vista Ultimate SP2 ね。

あるいは…と思い、Visual Studio 2005 とか Visual Studio 2008 のランタイムインストールしてみたけど解決せず。このエラーメッセージはランタイムが原因らしいから、あと考えられる事は…

間違えてデバッグビルドした奴リリースしたんじゃないの?(デバッグビルドした実行モジュールを動かすためには、デバッグ用のランタイムが必要)
山のようにあるモジュールの中に、一つでもデバッグビルドした奴が混じっているとアウトだし、そんな気がする。

※Visual Studio インストールして治ったらビンゴなのだが、残念ながらそこまでやる気はない。

まぁ、適当な事を言うのはやめよう。大して根拠ないし。

しかし、前のバージョンのインストーラー保存しておいて良かった。無かったらしばらく動かなくなるところだったよ。

皆さんも気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOMから封書が届いた

ちゃんとサービスを継続するから安心してね。

そんな趣旨のことが書かれていた。まぁ、会社に持って行く携帯電話としてこれからも使っていくつもりなので、サービスを継続してくれるのは非常にありがたいんだけど。いっぱい契約者が流出しているんだろうなぁ…と思う。

通信と通話と会わせて2回線持っているというのはもう少し整理したいような気もするけど。

なんというか、ソフトバンクの980円戦略が痛かったね、きっと。基地局の数が少なくても良い携帯電話と、基地局の数が必要なPHS(1つの基地局の値段が安くても数が多いからね)では、戦えないと言うことなのかな。

なんにせよ。

私はまだWILLCOMを使い続けるつもり。あと何年使えるのかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/26

今週は忙しかった

一応、毎日更新するという目標を立てていたこのblogですが、ここしばらくばたばたして忙しくって更新が滞っていました。いかんなぁ。

というわけで、また今日からがんばって更新を続けたいと思います。

ちなみに。

EBt ですが、Server を作るための下準備をしています。EBt lite の方はどうなったって?いや、その(ごにょごにょ)。いや、時間が…時間が…blog書く時間もあんまり無いので、そこまで力が割けない…

出先での家庭内LAN接続にLogMeIn hamachi を使っているのだが、そろそろ Packetix VPN に乗り換えようと思っている。hamachi重すぎ。今まではそんなに気にならなかったのだが、EBt のファイルを家の中のサーバーに置くようにしたら、もう重くて重くて仕方がない。もしかしたら CPU が遅いのが原因かも(Atomね)と思って VAIO type Z (Core2 Duo 2.53GHz)で試してみたけど遅かったから、根本的に遅いんだろう。ルーターとか調整しないといけないけど、Crusoe からも普通に使えた(ような気がする) Packetix VPN に乗り換えた方が色々楽なような気がする。

などなど。

色々やる事がたまっているから、今週末も忙しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/22

インターネットの情報の妙なところ

さて、今日は「春分の日の振替休日」な訳ですが。

このことをインターネットで調べるとどうなるのか。というわけで調べてみた。

まず、google。「今日は何の日」で検索してみる。

先頭で出てきたサイトによると、「放送記念日」「世界水の日(World Day for Water)」だそうだ。今日はどういう理由で休みなのかを知りたいのだが、それについては全く出てこない。
次のサイトだと、「放送記念日(NHK1943)、世界水の日(国連)、夫婦の日(毎月)」だそうだ。ここでも今日が振替休日という事が出てこない。

Yahoo! カレンダーで調べた見た。一応、振替休日というのが出てきた。前の日を調べると、春分の日だそうだ。何とか見つかった。

なんかね、自分の調べ方も悪いんだけど、こういう生活に密着した情報が簡単に調べられないという事実になんか呆然としてしまった。せめて今日が祭日かどうかぐらいは、Windows標準のカレンダーとかで調べられても罰は当たらんと思うけどね。

あと、Yahoo! のカレンダーは使っていないからよくわからないけど、楽天のカレンダーがこれまた使いにくい。何でこんなに使いにくいんだろう。いらない機能は満載なんだけど、自分のやりたい事が全然できない。ま、所詮無料サービスなんだから仕方がないんだろうけど、困ったもんだと思う。

有料で良いから、ちゃんとした使いやすいカレンダーサービスやってくれるサイトって無いかなぁ。自分で作れ?という話はあるが、作る時間がもったいないから嫌だな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 決勝を見てきました

SuperGT 開幕戦 鈴鹿300km 見てきました。

まず、GT500の感想。

個人的には、HSVの音は好きだ。なんか、フォーミュラっぽい。今回、ヘアピンに陣取ってずっと見ていたんだけど、確かに HSV はコーナーでの動きがクイックなように見える。

が、それが速さにつながるというと全く別の問題なわけで…

レース結果を見ると、1位 GT-R, 2位 SC430, 3位 HSV と良い感じで分かれたように見える。だが、実際のところそう簡単な話ではなかった。ポールポジションを取ったHSVは、レース序盤で下位に落ち込んだ挙げ句に、同士討ちで2台も失うという体たらく。何とか表彰台をゲットすることが出来たが、見た感じ、これが今できる精一杯という感じだった。これから熟成すれば速くなるのかも知れないが、今の時点では不安に思わずにはいられない。今シーズン、HSVはかなり苦戦するかも知れない。

GT-Rも苦しかった。KONDO Racing が優勝を決めたが、これはレース戦略で勝ったという印象が強い。NISMOのGT-Rが下位に沈んでいたことを考えると、このKONDO Racing のGT-Rが優勝できたのは、チーム力の勝利と言えよう。GT-Rもちょっと速さが足りない。戦略で勝つというのももちろん重要だしこれを否定する気は毛頭無い。ただ、車の速さで勝てないのはちょっとまずい。GT-Rも今シーズン苦戦しそうだ。

ならば、SC430が開幕戦最速だったか?という話になるが、SC430の陣営はなんかおかしかった。多分、SC430は、HSVやGT-Rよりも速い。今シーズンは。でも、トヨタ系5チームが互いにつぶし合う上に、GT-Rに優勝を奪われてしまうあたりに、総合力の弱さを感じる。SC430というくくりで考えれば速いんだけど、これを各チームに分解すると、なぜか速さが薄れてしまう。今年のSCは、5チームの間でポイントが分散してしまいそうな気がする。どこかのチームに戦力を集中しないと、結果が伴わないのではないだろうか。なんか、そんな気がする。

てなわけで、今シーズンは各チーム万全とは言い難い開幕戦だったと思う。もちろん、今日はコンディションも良くなかった。スタート前には雨が降り、レース序盤は混乱もあった。だから、今日の結果だけで色々考えてしまうのは早計すぎる。開幕戦だし、色々と準備が足りないという面もある。次に鈴鹿に SuperGT が来るのは8月。そこまでにどのチームが抜け出してくるか。正直わからない。個人的には HSV に勝って欲しいのだが…


次。GT300。

1周目で多重クラッシュが発生。いきなり紫電が戦線を離脱してしまった。個人的には紫電が大好きなのだが、相変わらず今シーズンも苦戦しそうだ。

なんというか、GT300は見ていて面白いんだけど、車のバリエーションが多すぎて、どの車が速いだの遅いだの言いにくい。RX7は速かった。これ以外は大きな印象はないかな。

SuperGT は、順位がすぐにわからなくなる。面白いんだけど、ここはどうにかならんもんだろうかと思う。


なんにせよ、モータースポーツのシーズンが始まったのは素直にうれしいですね。私は鈴鹿以外のレースを見に行く予定はほとんどありませんが、レースに興味がある方は是非サーキットまで足を運んでみて下さい。テレビではわからないレースがそこにありますから。


そして。焼き肉ランチは今日も大繁盛でした。焼き肉ランチは大行列なのに、隣の店は閑古鳥鳴いていたんですよね。見ていて気の毒でした。


サーキットに行こう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/20

SuperGT Rd.1 鈴鹿300km 予選を見てきました

SuperGT開幕戦に行ってきた。

今回の注目点は、何といってもホンダの新型車、HSV-010 に尽きる。今までのNSXとは大幅に変わった車がどんなもんだろうかと思いながら予選を見てきた。

まず、HSVの印象。リアエンドが分厚い。思った以上に分厚い。車の印象はNSXとはだいぶ変わった。この変化が良いのか悪いのかはまだわからない。ただ、素人目にもちょっと空力的に大丈夫かな?と思ってしまう車ではあった。

そして、コーナリングマシーンとして作られたHSVは、確かにコーナーでは速いのだが、ストレートスピードが遅い。裏ストレートで計測された速度がSC430よりも5km/hも遅いのはまずいと思う。トップスピードが伸びない理由はさっぱりわからないが、厚ぼったいリアエンドに何か問題があるような気がする。なんというか、リアエンドを出来るだけ低くして…というセオリーを半ば無視したHSVがとても不安。リアの空気がうまく流れないと、その分空気抵抗が増して、トップスピードは落ちるはず。濡れた路面を走っているHSVを見てみたいな。そうすると、リアの空気の流れがよくわかるから。

なんにせよ、最後発なんだからその分のアドバンテージはあるはず。というか、無いと困る。童夢のHSVが何とかポールポジションを取ることが出来たが、5台のHSVのうち、2台が最初にノックアウトされるなど、正直不安点は多い。GT-Rの衝撃的なデビューに比べると、とても不安なデビュー。大丈夫かな、ホンダ。

とはいえ、これは素直に市販スポーツカーとして出ると間違いなく売れると思うんだが、本当に売る気ないのかな。

なんにせよ、資金力にものをいわせたであろうトヨタが総合的には強いですな。赤字をたんまり出しているとはいえ、F1参戦を止めたからモータースポーツ予算は余裕があるんだろう。

あと、エンジンがF-Nipponとほぼ同じ規格(まぁ、違うといえばかなり違うのだが)になったのは、多分トヨタに有利なんだろう。一番割に合わないのは日産か。この不景気がなければ、色々状況も変わっていただろうに。


そして、ドライバー。以前から、F3で活躍していたドライバーが順調にステップアップして参戦している。で、やはり速い。F3で目につく結果を残しているドライバーは、順調にステップアップしてくるね。そして、じわじわとベテランは去ってゆく。若い才能が育つのは見ていてうれしいけど、押し出されて消えていくドライバーがいるのはちょっと悲しい。世代交代は、いつか必ず起こるものだから仕方がないけど。

山本尚貴、関口雄飛が個人的には注目。

明日は決勝。個人的にはHSVのデビューWinを期待したいが、現実的には苦しそう。でも、あきらめるのは早い。

なんにせよ、明日も楽しんできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正義という名のいじめ

正義は常に正しい。悪は常にただすべきもの。

そう思っている人がいるような気がする。そして、悪を決めつけ、それをたたく事を躊躇しない人たちが少なからずいると思っている。たとえば、私が「道に落ちていた100万円をねこばばしました」とか書くと、正義をふるいたくてたまらない人は、間違いなく私をたたくだろう。

ここで気にするべき問題はなんだろうか。

1)ねこばばをした事は悪い事だ。
2)悪い人を糾弾する事は良い事だ。

この二つの理論が繋がっている人がとても多いような気がする。1)については異論はない。だが、2)はいい事なのだろうか?悪い事をやる人を糾弾するのは自由だ。別にそれに対して異議を唱えるつもりはない。問題は、それを「良い事」と思っている人が実は多いのではないか?という事。

これを良い事だと思っている人は、危険だと思う。

よく、ネットで炎上したとかそういう話題が流れる事がある。まぁ、炎上する原因を作った人も悪いのだが、その悪い事に対して、よってたかって批判する批判する人たちはどうなんだろうか。良い事をしていると思っているとは言わないが、この人たちの心理状態について考えてみるべきだと思う。

私には集団リンチをしているようにしか見えない。

不用意な発言をした人を見つけ、それを口実にいじめて喜んでいる。そう思うのだ。

個人的には、正義も悪もごちゃ混ぜになっているのが今の世の中だと思う。正しい事をやっても糾弾される事もあれば、悪い事をやっても評価されたりもする。それが世の中だ。子供の頃に思っていた、絶対的な正義があって、正義の味方が世の中の秩序を守っている世界なんてものは幻想でしかない。この世に正義がないとは言わないが、そんな純粋な正義なんてものは、間違いなく無い。

まぁ、正義を振りかざすのは気分が良いんですよ。正義だから、反撃される可能性は少ない。反撃されても相手は少ない。何人かでよってたかって叩けば、自分に危害が及ぶ可能性は低い。だから、安心して叩ける。気分良いよね、きっと。反撃できない相手を殴るのはすっきりするよね。

反吐が出るけど。

なんか、自称正義の人たちがのさばっているように思うんですよ。この人たちは、何でも良いから、たたける材料を探している。そして、何か見つけたら、よってたかってたたきのめす。そして、この人たちは正義を口実に暴れているだけなので、世の中にはなんのプラスにもならない。むしろマイナス。

心当たりがありませんか?こういう人たちに。なんか、普通にあちこちで見かけますよね。

あーぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/17

COWON V5 の問題点に気がついてしまった

音声と映像がずれる。気になるとむっちゃ気になる。ていうか、音声と映像がずれているおかげで、色々すごく不自然に見える。なーんか違和感があると思ったらこれだったんだ。

さすが Made in Korea だな。偏見もあると思うけど。

個人的な意見だけど、買わない方が良いと思うよ、これ。なんか、気がついたらすごくいらいらしてきた。あれだ。Bluetoothのヘッドフォンで映像ソース見ている時と似た違和感を感じる。なんか、Bluetoothよりも映像と音のずれは激しいような気がする。

ずれても問題のない映像ソース見るんだったらこれでも良いけど、たいてい気になるよね。

やっぱり、PCで再生するのが一番良いのかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/03/16

次にEBtを動かすプラットフォームはAndroidのつもりなんだけど

Windows Phone 7 がとても気になる最近。.net の source がどれだけ流用できるのかどうかがわからないけど、普通に動かすだけだったら多分あっさり動いちゃうんだろうなぁ。

いや、Visual Studio 2008 と同じライセンス構成だと、10万円ぐらい出して開発キット買わないと Windows Phone の開発が出来ないから、作るんだったら無料で開発キットが使える Android だよな…って思ってたんですよ、つい最近まで。

したら、Microsoft が何を改心したのか、Express Edition (無料版)の Windows Phone 開発キットを公開するというニュースを読んでしまってね。

…しまった、Windows Phone での開発が一番楽じゃん

てな状況に。まぁ、今のところ Android で開発する気持ちは変わらないけど。

Visual Studio 2010 は Express Edition じゃなくって、Professional 相当のを買うつもりなので(Express は機能制限が多くて開発がつらい)、余力でEBt 移植しちゃうかも知れないな。

ま、その前に EBt lite とか EBt Server とか開発せにゃならんのですけどね…

というわけで、今日は唐突に EBt の独り言でした。今度の3連休で、EBt lite の作業する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/15

今年のF-Nipponに松田次生のシートがないのか

去年のF-Nippon, 松田次生の成績はさんざんだった。2年連続チャンピオンらしからぬ走り。

松田が早かったのは、本山が作り上げた車があったからそこだという話を聞いたこともある。それについてはよくわからないが、新しいF-Nipponの車への対応は明らかに遅れていた、そう見えた。

で、今シーズン。とうとうF-Nipponのシートが無くなってしまった。

所属チームのIMPULが体制縮小という逆風もあったのだろうが、去年松田がちゃんとした成績を残していれば、IMPUL以外のシートを探すことも出来た…と思う。とはいえ、あの本山もシートを失うF-Nipponだから、松田がシートを失うのも仕方がないのかも知れない。

個人的には、SuperGTよりもF-Nipponの方が好きだ。だから、もうちょっとF-Nipponにはがんばって欲しいと思う。でも、基本的にはスポンサーからの収入のみが頼りのモータースポーツ。現在の不況はどうにもきつい。

もし、自分がBIGとかの宝くじに当たったら、ぽーんと全額投入して1チーム何とか支えられたらなーと思う。でも、6億あっても、1チームの1年間の活動費にもならないんだよね…。多分。1線戦うのに5000万円ぐらいだったっけ、確か。土屋武士が自費で参戦した時にそんなぐらいだったという記事を読んだような気がする。だとすると、6億あればとりあえず1年は参戦できるかも知れないな。トップのチームはきつそうだけど。

モータースポーツ冬の時代は、いつまで続くんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/12

機動戦士ガンダムUC 1巻を見たのだが

なんというか、原作小説を読んでいないと全くわかりませんね、これ。

まぁ、アニメ化するにあたって色々削らないといけないのはわかるんだけど、これはかなりきついんじゃないだろうか。

…大丈夫かなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/11

脂肪フラグ

俺、健康診断が終わったら松屋に行くんだ…

※今日は一言ネタ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/10

親戚の葬儀に参列して

色々と思うことがある。

悲しい。それは間違いない。でも、ただ悲しいだけではない。

いくつもの思いがあり、それの結果として、悲しいという感情が表に出てきているだけだ。自分の中にある感情は、悲しい以外のものもいっぱいある。でも、それをうまく表現することが出来ない。もどかしい。

葬儀を見ていて思うのは、やはり葬式は生者のためにあるものだということ。死者を弔うのは当然。だが、それとともに、残された生者のための儀式でもある。死んで、それで終わりだとすると、死者はともかく、生者の心は空洞のままになってしまう。その空洞を埋めるための儀式が葬儀であり、供養である。そう思う。

葬儀にまつわるいろいろな風習を見ると、昔の人たちは死者を弔いつつ、死者を恐れていたのがよくわかる。その名残は、棺桶に釘を打ち付ける行為であったり、弔うという行為そのものであったり。今は、そういう恐れはかなり薄れてはいる。でも、無くなってはいない。弔うという行為は、生者のためと書いたが、死者を恐れる気持ちも少なからず入っていると思う。

なんにせよ。

葬儀に参列して、色々と考えてしまった。こういうことを、自分なりに消化できるようになるまでに、あと何人見送らなければならないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/07

神様のいない日曜日 読んだ

読み終わりました。神様のいない日曜日。最初はどういう話なのかよくわからなかったのですが、読み終わると、意外と深いストーリーに何とも言えない満足感がある、そんな風に思います。

昔、考えたことがあります。人は不老不死を求めるが、不死の怪人は何を求めるだろうか、ということを。私の結論は、不死の怪人は死を求めるということでした。普通に生きて、普通に死ぬことを求めるだろうと。そして、この小説では、そんな自分の考えをある程度肯定してくれ、そして、自分の期待するストーリーを描いてくれた。だから、個人的にはとても満足です。

生き続けることによって何が起きるか?意外とこういうテーマは多く、私にも色々心当たりがあります。たとえば、人類最後の1人を描いた新井素子のチグリスとユーフラテスなんてのもあります。他にも、高橋留美子の人魚のシリーズも、不死を題材にした深いテーマが伺えます。どっちもこの小説とは全く違う話ですが、私は似たような雰囲気を感じずにはいられません。

結局、人は死ぬことが自然なんですよ。そして、一番の幸せは、親しい人に見送られながら、静かに息を引き取ることなんですよ。もちろん、生き続けることは幸せだと思う。でも、生き続けることは、すなわち、自分以外のすべての他者の死を見送らないといけないということになる。もし、私が不死の人間になったとしたら、当然、私の知っているすべての人間を看取らないといけない。私にはそれは耐えられそうにない。死ぬことは怖い。だけど、死ぬことによって保たれる平衡というものもあるはずだ、そう思うのです。

こんなストーリーだから、いわゆる普通の色恋沙汰はこの小説には出てきません。読んで笑えるストーリーでもないし、派手な戦闘シーンもありません。そういう点では、普通のライトノベルとは少々勝手が違います。かなりストイックなストーリーです。

派手な要素が無くても、いい小説は書ける、私はそう思います。話を読んでいる途中では、地味なストーリーと思うかも知れません。確かに、派手さを求める人には不満があることは想像に難くありません。

その代わり、読み終わった時の感覚は非常に良い。これは保証します。

頭空っぽにして読める本ではないかも知れません。そう考えると、ライトノベルの割にはちょっと重たい。だから、嗜好に合わない人もいるかも知れません。

神様は世界を見捨てたのか。

久しぶりに、いい小説が読めたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/06

楽天ブックスの新刊ライトノベルの売り場を見て思う

売れている順番に sort されて表示されるわけなんですよ、楽天ブックスって。

んで、新刊のライトノベルを調べようかなーと思って楽天ブックスにアクセスすると…

上位ランクを占めるのは腐女子向け

と思われる本が占めていたりする。これは、どういうことなんだろう。やはり、男性よりも買いにくいからついつい通販に走っているのだろうか。それとも、やはり世の中腐女子の数はものすごく多いのだろうか。

で、楽天ブックスの新刊は上位100冊までしか表示されないのだが、100冊の半分以上が腐女子向け。いや、3/4は腐女子向けか。なんにせよ、私の目的の新刊がチェックできなくてすごく困る。

…いや、そもそも出版される本の比率がそうなっていて、私がそれを知らないだけなのか。

なんというか、そろそろライトノベルもいくつかのジャンルに区切る必要があると思うんだ。普通の書店に「耽美」というコーナーがあるぐらいだし(あるいはうちの近所がおかしいのか?)。

悪いとはいわない。純粋にちょっと困ったり戸惑ったりしているだけなんですよ、私は。世間一般では、オタクも腐女子も同じようなもんなんでしょうけど。

ところで。

オタクはヒエラルキーの最下層にいるんだけど、腐女子の皆さんはヒエラルキーのどの辺にいるんでしょうね…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/03/04

AppStore でセカイカメラが非公開になったらしい

いわんこっちゃない。

ま、なんだかんだやりとりしてまた公開されることになるんだろうとは思うけど。

個人的に、Appleの検閲がある AppStore にソフトを提供しようという人たちはリスク計算が十分に出来ていないんじゃないかと思う。

そもそも、営利目的であれ非営利であれ、ソフトを使うかどうかを決めるのはユーザーであってAppleじゃない。Appleは何様のつもりだ?ユーザーに代わって判断してやっているんだというつもりなんだろうか?それは全く持って余計なお世話だ。

※こういうときに検閲がないと子供に悪影響とか言い出す奴が出てくるが、それはそもそも論点が違う

結局、iPhone (や iPod Touch)で商売をしたければ、Apple様の気に入るソフトを作らないと駄目なんだな。で、Apple様は気まぐれだから、いつ何時商売の差し止めされるかわからないと。ま、マーケットを支配しているんだから、それぐらいの強権発動はなんてことはないよね。昔から Apple はそんな会社だし。私は別にAppStoreで突然ソフトが公開停止になったり、何の説明もなく登録されないなんてことがあっても驚かない。まぁ、Apple だからそんなもんじゃない?と思う。アプリを作るんだったら、このリスクを考えておくべきだ。

もちろん、iPhone はApple の製品だ。Apple が好きにやればいい。

だから、アプリ開発側も、Apple に対して、思うように動けばいいと思う。開発を止めるも良し、撤退するも良し。

開発側が Apple の下僕になる必要性なんてものはない。

ま、昔から私は Apple 嫌いだったから、余計こう思うんだろうね。でも、本当に iPhone 向けのアプリ開発はリスクが高いと思うよ。

個人的には、Appleが何を考えているかがクリアでない以上、リスクが多すぎてとても開発する気になんかならんね。それがクリアになったとしても(あり得ないと思うが)、私の個人的信条で開発することはないと思うけど。

※お金もらってする仕事だったら別だよ。嫌いだからといって仕事を選べる人間なんかごく一部だ。

なんというか、みんな夢を見すぎですよ、Apple に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

そして、携帯メディアプレーヤー

普通に iPod touch 買えばいいのにと思わないでもないが、それじゃつまらない。

てなわけで、COWON の V5 などというメディアプレーヤーを買ってしまった。わはははは。

で、今日届いたところ。早速ちょっと使ってみたのでレビューを少々。

●大きさ
Zaurus(SL-C3000)と比べた感じだと、厚さは半分。底面積はほんのちょっと大きいぐらい。ポケットに入れて持ち運びするにはいいサイズ。

●充電
専用のACアダプタでないとできないっぽい。うーん、旅行で持ち運ぶ時は少々大変かも知れない。

●PCとの接続
いわゆるUSB miniかとおもいきや、専用のアダプタを使う仕様。というか、HDMI用ポートとUSBポートを兼用している。大きさの都合上仕方なかったんだろうが、これは使い勝手にマイナスだと思う。

●HDMI出力
専用ケーブル買わないといけないらしい。旅行先のホテルのテレビにHDMI接続して映像を楽しむというのは気軽には出来ないだろうなぁ。

●OS
WindowsCE を使っている。なにせ、起動時にWindowsCEの画面が表示されたから。しかも、何かにつけWindowsCEの画面で色々操作ができる。が、嬉しくない。正直、こういうのは隠した方が良いと思う。ま、気合いがあればソフトインストールしてカスタマイズというのもできんでも無いと思うが、やらないよね、きっと。

●とりあえず720p の MPEG4(H264) を再生してみた。
普通に再生できました。

●マニュアル
ぶっちゃけ、4pしかないのでよくわからない。とりあえず使えっていう感じだが、色々知識のない人は苦労すると思う。

●その他
やたらと機能があるっぽいけど、正直使わないんじゃないかと思う。あと、いっぱいある機能は、実はWindowsCEに標準でついてるからそれを使わせているだけなんじゃないかな。まぁ、せっかくだから使えるようにしようというところか。
あと、標準の画面にやたらとアイコンがならんでいるけど(数にして27個)、このうち、機能が割り当てられているのは実はたったの5個。色々どうしたもんだろうと思う。

●で、個人的な感想
さすが Made in Korea という印象。正直、国産だとあり得ん作りですね。なんか、Korea, China ってどうしてこういう作り方するんだか。
でもまぁ、携帯メディアプレーヤーとして考えれば、アリかも知れない。この小ささは確かに魅力。
注意すべき点は一つ。
・色々承知しておけ
それだけ。ぶっちゃけ、初心者の人は買ってはいけない。iPod Touch とかの方が幸せになれる。あのiTunesとセットになったお仕着せの世界は嫌いなんだけど、めんどくささがないので楽といえば楽だね。こっちは、全部自分で面倒みたい人でないと、嫌になると思う。

定価分の価値があるか?

…微妙かも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/03/02

A9はCPUを喰いまくるなぁ。

環境ソフトと化しているA9ですが、環境ソフトと考えるとちょっとCPU負荷が尋常じゃない雰囲気。動かしていると、CPUのクロックがMAXをキープしている。んで、当然のようにCPUの温度も上昇。今の時点で50度ぐらい。更にGPUにも負荷がかかっている。で、こっちも当然のように温度が上がっている。65度だそうだ。

…夏場は遊びたくなくなるかも知れない。面白いんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告完了

…終わった。疲れた。

とはいえ、これで EBt のコーディングに戻れる。

ま、ぼちぼちやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »