« 機動戦士ガンダムUC 1巻を見たのだが | トップページ | 次にEBtを動かすプラットフォームはAndroidのつもりなんだけど »

2010/03/15

今年のF-Nipponに松田次生のシートがないのか

去年のF-Nippon, 松田次生の成績はさんざんだった。2年連続チャンピオンらしからぬ走り。

松田が早かったのは、本山が作り上げた車があったからそこだという話を聞いたこともある。それについてはよくわからないが、新しいF-Nipponの車への対応は明らかに遅れていた、そう見えた。

で、今シーズン。とうとうF-Nipponのシートが無くなってしまった。

所属チームのIMPULが体制縮小という逆風もあったのだろうが、去年松田がちゃんとした成績を残していれば、IMPUL以外のシートを探すことも出来た…と思う。とはいえ、あの本山もシートを失うF-Nipponだから、松田がシートを失うのも仕方がないのかも知れない。

個人的には、SuperGTよりもF-Nipponの方が好きだ。だから、もうちょっとF-Nipponにはがんばって欲しいと思う。でも、基本的にはスポンサーからの収入のみが頼りのモータースポーツ。現在の不況はどうにもきつい。

もし、自分がBIGとかの宝くじに当たったら、ぽーんと全額投入して1チーム何とか支えられたらなーと思う。でも、6億あっても、1チームの1年間の活動費にもならないんだよね…。多分。1線戦うのに5000万円ぐらいだったっけ、確か。土屋武士が自費で参戦した時にそんなぐらいだったという記事を読んだような気がする。だとすると、6億あればとりあえず1年は参戦できるかも知れないな。トップのチームはきつそうだけど。

モータースポーツ冬の時代は、いつまで続くんだろうなぁ。

|

« 機動戦士ガンダムUC 1巻を見たのだが | トップページ | 次にEBtを動かすプラットフォームはAndroidのつもりなんだけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/47813894

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のF-Nipponに松田次生のシートがないのか:

« 機動戦士ガンダムUC 1巻を見たのだが | トップページ | 次にEBtを動かすプラットフォームはAndroidのつもりなんだけど »