« アスラクライン14巻読んだ | トップページ | 佐藤琢磨が Indy のシートを獲得したそうで »

2010/02/19

WILLCOMがとうとう会社更生法適用かぁ

WILLCOMの回線を2つ持っている自分としては、何とも言えない心境。

まぁ、確かに最近の情勢はWILLCOMに対して厳しすぎる嫌いはあった。通信ではEMOBILEの追撃が厳しかったし、通話ではSoftbankで始まった安値攻勢に対抗するのは難しかった。

もちろん、PHSには利点がある。災害時に通じた唯一の携帯電話(PHSだが)だったこともあるし、電池はものすごく持つ。電波が不安定なところでも、接続を維持してくれるのも便利だ。これがEMOBILEだったりWiMAXだったりすると、切断→再接続となり、通信のセッションが切れて残念な事態になる。

とはいえ、弱点も多い。結局、通話では携帯に敗れ、通信では EMOBILE に敗れた。WiMAX はまだまだだから勝ち負けは関係ないと思う。

今後、WILLCOMがどうなるのかはわからない。多分、どこかの傘下に入って、細々とPHSサービスを続けていくんだろうなと思う。もう、どこでも使えるというのは携帯電話に譲り、ピンポイントでの利用に限ったサービスになるかも知れない。なにせ、基地局の数が多すぎるから。加入者数が減る一方の現在、基地局を維持するのはつらいはず。あるいは、素直に全基地局を XGP にして、通話は全部IP電話にした方が平和かも知れない。電池が持たなそうな気がするけど。

なんにせよ、何らかの形でサービスは変わらざるを得ないと思う。やっぱり、世代交代の波に取り残されたのが痛かったんだろう。PHSの次(XGP)が始まるのが遅すぎた。

ま、すぐにどうこうなるわけではないので、まだまだ WILLCOM は使い続けるけど。

色々寂しいなぁ。

|

« アスラクライン14巻読んだ | トップページ | 佐藤琢磨が Indy のシートを獲得したそうで »

コメント

2社分割で、次世代はソフトバンクなわけやね。

ううむ。

投稿: むらやん | 2010/02/19 11:37

■ウィルコム、会社更生法を申請 社長ら取締役全員辞表-原因はやはり、消費者ニーズを追求しなかったことか?

こんにちは。ウィルコムが事実上倒産しました。原因は消費者ニーズを追究しなかった、あるいはできなかったことだと思います。私自身、2回ほどウィルコムのデータ通信カードを使っていた時期がありますが、今は使っていません。ウィルコムやはり、AirH(エア・エッジ)が有名で、PHSの高速で低廉な通信が魅力でしたが、今ではその魅力も色あせていました。ウィルコム昨年社長が交代しましたが、結局はこのような結果になってしまいました。私のブログでは、ウィルコムの今日の事態はもうすでに10年以上前からその根があったことを私の経験を交えて掲載しました。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010/02/19 11:44

某介護施設では
職員連絡用電話に
PHSを多数使っています。

医療関係に用途を絞って
生き残りをして欲しい。

投稿: goya | 2010/02/19 13:26

病院でPHS使っているのは私もみたことがあります。医療に限らず、会社の内線電話の代わりとか、PHSの利点を生かした分野はいっぱいあるはず。

がんばって復活して欲しいと思います。

投稿: おかだ | 2010/02/19 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/47604641

この記事へのトラックバック一覧です: WILLCOMがとうとう会社更生法適用かぁ:

« アスラクライン14巻読んだ | トップページ | 佐藤琢磨が Indy のシートを獲得したそうで »