« CPUの温度 | トップページ | 今日もマスタブラウザが止まった »

2010/01/12

VAIO type P で、家にあるサーバー上のEBtデータを編集してみた

前回、Crusoe で敗退したので(EBtの起動に5分とかね)…

今度は、VAIO type P で試してみた。

ちなみに、こんな条件。

VAIO type P ... Atom 1.6GHz, Mem 2GB, Windows Vista Home Premium
通信に使ったのは WiMAX(電波強度2)。
サーバーとの通信は、LogMeIn Hamachi2 を使用。
EBt のデータフォルダを、ネットワーク上の共有フォルダに設定。
サーバーは、Phenom X4 2GHz, Mem 4GB, Windows Vista Ultimate

結果。

確かに、Crusoe よりは速いけど、実用にはほど遠い。

うーん、家庭内LANで共有フォルダ上のEBt使う分には、ぜんぜん問題がないんだけどなぁ。どこにボトルネックがあるんだろう。Hamachi かなぁ。WiMAX かなぁ。…多分両方だろうな。てか、Atom の遅さが諸悪の根源という気もしないでもない。

ちなみに、念のために VAIO type P に EBt の同期データを作っておいたので、遅さと格闘しながら使うという事態は避けられました。まぁ、ネットワークの向こう側にある EBt を使うというのは、色々想定外だからなぁ。さっさと EBt Server を作らないといかんなぁ。

なお。

PacketiX VPN を使うと違う結果が得られるかも知れない。個人的な用途だと Hamachi で十分なんだけど、気合い入れて使いたい人は、PacketiX VPN を導入して試してみると、もしかしたら面白いかも知れない。ちょっと高いけどね。でも、高いだけあって Hamachi よりも俄然多機能だし。

話がそれてしまった。

当面は、SDカードに入れて持ち運ぶか、同期を使うしかないですなー。出先で EBt を使おうと思ったら。しばらくは運用でカバーしましょう。

|

« CPUの温度 | トップページ | 今日もマスタブラウザが止まった »

コメント

私暴走してます
PacketiX VPNが「はまち」より活きが良いってさ
                BY 電脳鮮魚店

投稿: むらやん | 2010/01/12 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/47276210

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO type P で、家にあるサーバー上のEBtデータを編集してみた:

« CPUの温度 | トップページ | 今日もマスタブラウザが止まった »