« 最近電源が入っていない Let's note Y7 | トップページ | アマチュア無線局の免許更新 »

2010/01/08

時事ネタ~シーシェパード~

この間、捕鯨船に体当たりして船をスクラップにするというパフォーマンスをしたシーシェパードですが…

曳航していた船をあっさりと投棄したようです。更に、捕鯨船の乗員を狙うためと思われるボウガンの矢まで見つかったという…

てめーら、自然保護したいんだろ?だったら船を南極海のど真ん中に捨てるなよ。そもそも何のために武装してるんだよ。

とか思ってしまうわけです。

なんというか、グリーンピースとかでも思うんですが、目的のためには手段を選ばずというのはいかがなもんかと。グリーンピースも、自然保護をしたいようには見えないんですよね。自然保護を名目にしてやりたい放題しているだけ。

ま、環境テロなんて言葉があるぐらいだからなぁ。

シーシェパードも、鯨を守りたいとは思えないんですよね。鯨を守るといえば何でも許されるっぽいのでそれを名目に暴れているだけ。確かに、やっていることはテロリストと大してかわらんわな。

ソマリアに海賊退治にいくツアー(本当に実施されたかどうかは知らない)とかも同じだな。こいつら、暴れたいんですよ。しかも、安全に。安全にってのがポイントかな。他人を殴るのは好きだが、殴られたくないみたいな感じだと思う。これは、こういう団体を資金面で援助している奴らも同じ。簡単に言えば、金持ちの道楽だな。

そして、こういう奴らを端的に表す言葉。

卑怯者

こういう人間にならないように、私は気をつけたいと思う。


-- 以下、該当記事引用です --(リンクは時間がたつと切れてしまうと思います)

反捕鯨団体、破損の妨害船を放棄か=ボーガンの矢を回収-水産庁

1月8日17時16分配信 時事通信
 水産庁は8日、南極海で日本の調査船「第2昭南丸」と6日に衝突し、破損した米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の妨害船「アディ・ギル号」が南極海を漂流しているのを確認したと発表した。船首部分が大きく破損したアディ・ギル号は、SSの別の船にえい航されていたが、ロープが切れ、放棄されたとみられるという。
 また、第2昭南丸はアディ・ギル号周辺の海から、引き金を引くなどの方法で発射し、殺傷能力のある長さ約80センチのボーガン(洋弓銃)の矢を計4本回収した。アディ・ギル号から海に放り出されたとみられる。 

|

« 最近電源が入っていない Let's note Y7 | トップページ | アマチュア無線局の免許更新 »

コメント

■シー・シェパード船、監視船進路に割り込む-人命を軽視するシー・シェパードの行動
こんにちは。シー・シェパードが、また妨害活動をしました。今回は、わざわざ、軽量の船で追突し、大破させました。これは、最初から意図的に行ったものです。地元オーストラリアのマスコミは、シー・シェパードを擁護しています。マスコミはどこでもマス塵ということだと思います。しかし、このようなことをすれば、死人が出たかもしれないことは最初からはっきりしていました。耐寒用の特殊なスーツを着ていても、北海道の冬の海に落ちたら、10分くらいしかもたないと言われています。それが、南氷洋ではもっと短期間に死に至るものと思います。これは、はなはだしい人命軽視です。このような人命軽視をするような団体は、まともな環境保護団体とはいえません。単なる海賊です。海賊は、場合によっては、成敗する必要があると思います。日本側としては、国際法や、海洋法など研究しておいて、さらには、シー・シェパードはもとより、オーストラリア政府にも周知させるよう準備して、問題がないような状況を作り出し、場合によっては撃沈するなどのことをして良いと思います。なお、このような事例日本には過去にもありました。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010/01/09 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/47239466

この記事へのトラックバック一覧です: 時事ネタ~シーシェパード~:

« 最近電源が入っていない Let's note Y7 | トップページ | アマチュア無線局の免許更新 »