« eneloop stick booster 届いた | トップページ | トニーたけざきのガンダム漫画 3巻が出た »

2010/01/24

地球保護区 読んだ

小林めぐみは、SF作家に入るのか、ライトノベル作家に入るのか、よくわからない。まぁ、どっちかといえばSF作家なんだけど、がちがちのSFを書く人ではないような印象がある。あくまでも個人的な印象だけど。

で、ハヤカワJAから出た地球保護区を読んだ。やっぱりSFなんだけど、SFっぽくない。これは、多分この人のスタイルなんだろうな。あるいは、私のSF観がちょっとずれているのかも知れない。

この作品のテーマはタイトルの通り地球環境。そして、地球の環境保護の裏側に見える、「人間は地球にとって良くない」という思想に対する疑問の投げかけ。この作品の中に、この問題に対する解答というのは特にない。物語終盤の混乱で、何となくうやむやになっている。これには結論を出すことはできないだろう。自然破壊は人間からの視点でしかない。自然保護も人間からの視点。人間が破壊したり保護したりする自然というものは何なのか。人間にとって都合の良い自然というのがあって、それを保護したり破壊したりしているというのが実状だと思う。結局、これは人間としての種のエゴイズムで、人間が生き残ることを大前提にしている。だから、人間が生きていくための環境として自然を定義している。そう思う。

個人的には、人間の種としてのエゴイズムに賛同してしまうところがある。人間が生きていくための自然は大事だ。もちろん絶滅を危惧する種も保存しなければならないだろうが、正直明日のご飯の方が大事だ。明日のご飯を食べるための自然保護は必要だが、自然保護のために飢えて死ぬのは駄目。ものすごいエゴイストだと思う。

意外と、考えさせられる話だった。

私も、月から地球を見たら、考えが変わるかも知れない。

|

« eneloop stick booster 届いた | トップページ | トニーたけざきのガンダム漫画 3巻が出た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/47380505

この記事へのトラックバック一覧です: 地球保護区 読んだ:

« eneloop stick booster 届いた | トップページ | トニーたけざきのガンダム漫画 3巻が出た »