« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/31

LOOX U/G90N 二日目

二日目にしてもう書くことがあまりない。LOOX U/G90N。

とりあえず、パソコンとして考えると普通。とても普通。いつでもどこでも mail & Web & EBt マシンという当初目的は余裕で達成できそうな感じ。まぁ、バッテリーの持ち時間がきついが、どっしり腰を据えて使うつもりの時にはこのマシンは似合わないだろう。

なんとなく、移動中の隙間時間に使うことが主目的なんだろうな。通勤中の電車の中とか、そんなところで。まぁ、これを仕事のメインマシンとして使おうという人はそんなにいないと思うけど。

ちなみに、タッチパネルは全く使っていない。使えば便利なのかも知れないけど、正直このタイプのPCでタッチパネルは押しにくいと思う。タブレットPCだったらタッチパネル以外の選択肢がないので使うけど、このタイプのPCでタッチパネルは…便利な使い方を見つけていないだけかも知れないけど。

隙間時間で使うと書いたけど、もしかしたらLバッテリーを使えばもっと用途は広がるのかも知れない。この辺は、今注文しているLバッテリーが届くまでちょっと様子見かな。

省電力を重視してクロックを800MHzに下げたりするとちっとも応答がなくなるので、これはやめた方が良いです。あと、私はクロック2GHzのCPUを選んだのですが、やはり余裕があったら速いCPUを選んだ方が良いと思います。Windows7が要求する処理をこなし切れないと、CPU利用率が100%に張り付いて動かなくなるので。素直に速いCPUを乗せる方が精神衛生上よろしいです。

あと、気がついたことをいくつか。

●バッテリー駆動の時は、Aeroが強制OFFになるっぽい(ウィンドウ枠が半透明でなくなるのは確認した)。多分、消費電力の都合。
●無線LANとWiMAXは排他利用(当然かな?)
●CPUクロックは、5段階ぐらいの可変。(今まで使ってたノートPCは3段階だったから、増えた印象。増えたのはWindows7が細やかに制御するようになったからかも知れない)
●机にのせて使う場合は、素直にbluetoothマウスをつなぎましょう。あのポインティングデバイスは、手に持って使う時専用だ(と思う)。

なんか、他にも何か思った気がするけど忘れました。

で、結論的なことを書きます。

モバイルをする以上、何らかの妥協は必要です。それは、キーボードだったり、バッテリーだったり、重さだったり。LOOX Uは、キーボードとバッテリーに関しては妥協が必要です(Lバッテリー使えばちょっと良くなるけど重くなる筈)。液晶モニタも小さく、読みにくい人もいるかも知れない。ポインティングデバイスも、PCを手に持って使うことが大前提の位置にあるし。
そのかわり、それらを妥協すれば、カバン(ポケットはちょっときつい)からすっと取り出して、ささっと使って、またすっとしまう。そんな使い方ができます。PCを使うぞ!と気合いを入れないといけないのが多々ある中、これはそんな気合いを入れなくても使えるPCです。ま、とはいえ少しは気合いを入れないといけないけど。で、そういう機動性を求める人には、とても良い選択肢だと思います。
逆に、ちょっと落ち着いて使いたいという人には、少々つらいPCです。机の上に置いて使う…というのは、正直ちょっときつい。そういう人は、素直にもちょっとキーボードも大きく、ポインティングデバイスも机の上に置いて使えるものがついているのを選んだ方が良い。VAIO PとかVAIO Xとかその辺。電車の中で使うのはちょっと抵抗あるけど、喫茶店とかに入って使うんだったらこっちの方がきっと良い。
小ささだけで買うというのもアリだと思いますが、その場合はちょっと注意して買いましょう。小ささを補うために荷物が増えてしまっては本末転倒かも知れない。もちろん、小さいPCを買うこととか、モバイルすることが目的だったら、躊躇なく買ってしまいましょう。私は、モバイルするのも目的だけど、どちらかというといつでもPCを使いたいというのが欲求のメイン。一般的な人には余り参考にならないと思いますけど。何にせよ、万人にお勧めするものではありませんね。

ま、私はそこそこ気に入っています。で、普通に持ち歩いて、普通に使うと思います。その普通ができるマシンなんだろうな…と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LOOX U/G90N とりあえずちょっと使ってみての感想

買った以上、感想を書かねばなるまい。

というわけで、新型LOOX U/G90N を今日半日ほど使ってみての印象など。

小さいですね。VAIO type P と重ねて置くとちょうど一回り小さい感じ。一回り小さいけど、キーボードはそれなりに入力できる。ストレスがないか?と言われれば、ストレスはある。VAIO type P の方が、やはり圧倒的に入力しやすい。その辺は割り切りだろう。TABキーがESCの隣、最上列にあるというのが地味にきつい。ATOKの予測変換とか使っていると、TABキーを多用したくなるけど、そうなるとこの配置はちょっとつらい。CAPS LOCKとTAB入れ替えられないのかな…。とはいえ、このサイズだから、贅沢はいうまい。

Windows Media Center もちょこっと試してみた。MPEG4/H.264, 720p のファイルをいくつか放り込んで再生してみた。普通に再生できる。うん、モバイルメディアプレーヤーとしても良い感じで使えそう。で、なぜか Windows Media Player での再生はかくかくになってしまう。どこが違うんだろう…。

バッテリーは、最近流行りのいたわり充電(80%までしか充電しない)をサポート。更に、規定の充電量から更に10%減らないと充電しないという、バッテリーにとってかなり優しい仕様。で、それはそれで良いんだけど、いたわり充電モードにすると、80%まで充電した後、次回充電は70%を切ってから。バッテリーの使い方にちょっと気をつけないといけないような気がする。あと、標準バッテリーだと、かなりバッテリー持続時間が短い。80%まで充電してちょっと使っていたんだが、2時間もたない印象。もちろん、ソフトのインストールとかずっとやっていて負荷かけまくりだし、WiMAXでつなぎっぱなしだったのも、バッテリーライフを減らす原因になっていたと思う。Bluetoothのマウスもつなぎっぱなしだったし。でも、どこかに腰を据えてパソコン使うと、これぐらいの負荷は当然かけると思う。なので、標準バッテリーだとちょっとつらい。買う時は、Lバッテリーも買った方が良いと思う。あと、Lバッテリーは今のところ黒しかありません。まぁ、気にするかどうかは人によりけりですが、黒以外のLOOX Uを買う場合は気をつけましょう。

あと、WiMAXが内蔵というのは便利。サービスエリア内だったら、いつでもネットにつながるというのはとても便利。今までは通信アダプタ差さないと使えなかったんだけど、それをやらなくても良くなるだけでこんなに便利になるとは。積極的に使っていきたいと思う。

さて、明日もセットアップの続きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/30

LOOX U 届いたっ!

ただいま設定中。

今晩ぐらいに何か記事書けるかも知れない

とりあえず第1報と言うことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/29

人類は衰退しました 5巻読んだ

このシリーズは、出たら速攻読むようにしています。
というわけで、人類は衰退しました5巻の感想です。

ひとつ目。主人公の学生時代のお話。
主人公は俗物かも知れませんが、間違いなく頭は良いですね。あるいは、頭が良くないとなんだかんだ言っても生きてられない時代なのか。
個人的には、人の裏側の部分が非常に笑えるやら怖いやら。まぁ、誰でも表と裏があると思いますが、裏を知ってはいけないものもありますよね。確かに、表向き人当たりが良いけど内面がどす黒い人よりは、表裏もないけど俗物という方が好感持てますね。
私?表裏もある俗物ですけど(最悪)。

ふたつ目。童話災害のお話。あと、オールドゲームファンにはたまらないお話。
なんというか、そこかしこに昔のゲームから持ってきたネタが満載です。余りにも古すぎて、ついてこれない読者がいっぱいいるような気がする。ぶっちゃけ、ウィザードリーネタとかRogueだかNetHackだかのネタ、平安京エイリアンやロードランナー、などなど。あげるときりがない。きっと誰かがどこかでネタ検証やっていると思うので、気になったら探してみると良いと思う。普通に本屋で立ち読みして、先頭のカラーイラストにあるコントローラーの絵を見てダメージを喰らったら、素直に買ってしまいましょう。

感想とか言いながら、全くストーリーに触れない。ま、あらすじ書いてもしょうがないし。この本のおもしろさは、読んでみるのが一番わかりやすいと思うし。私の文章力ではうまく書くことができないし。
主人公の語り口のおもしろさもあるんでしょうね。飾らず、ストレートな物言いが良い。

てなわけで。

相変わらずこのシリーズはお薦めです。ちょっと、基礎知識を要求されるところもありますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子書籍は新聞に活路を見いだすべきではないだろうか

いきなり言い始めますが。

電子書籍、とりあえず本の配信は色々とハードルが高いのがわかってきた。で、このハードルを越えるのは、なかなか大変だ。

というわけで、とりあえず新聞を足がかりにしてはどうだろうかと思う。

毎日、毎朝、新聞データが電子書籍端末に「配達」されるようにしたらどうだろう。新聞は写真よりも文字情報の方が多いから、データ量もそんなに多くはないはず。で、電子書籍にしたら、新聞の記事をジャンルで選択して購入できたらなおのこと良いと思う。新聞版のSaaSですね。で、電子ならではのサービスとして、自分の住んでいない地方の地方版も買えるとか、そういうサービスも良いと思う。1面記事は全部配信して、残りは全部選択式。契約は月単位で良いと思う。経済欄を読みたい人とか、ひたすら地方版を読みたい人とか、いろいろなニーズに応えられるような気がする。

もちろん、電子データだから、自分の端末に昔の新聞がどんどん溜まっていくが、それはデータがもったいない。古い新聞は滅多なことでは読まない。だから、自分の端末には直近1ヶ月とか半月のデータが溜まるようにして、それよりも古いのはオンデマンドでサーバーから取り込むようにすればいい。これは、一部の人しか使わないから有料でも良いだろう。1部いくらというよりは、無期限でアクセスできて、1ヶ月いくらという方が良いかな。

あと、新聞だから「切り抜き」機能も欲しいな。保存したい記事をスクラップする機能。経験的に、そんなにたくさんスクラップすることはないんだけど、たまに欲しくなる。

…まぁ、問題はたかが新聞を読むだけなのに、少なくない金額の電子ブックリーダーを導入するのはハードルが高いというところか。

こうすると何が良いか?

電子書籍を普及させるための下地が作りやすい。インフラとしての電子書籍リーダーですね。電子書籍の普及を阻害しているのは、端末数の絶望的な普及率の低さだと思う。ノートPCで電子書籍が読めたりしても、ぜんぜん手軽じゃない。手軽に読める電子端末の普及がカギ。だからこそ、能動的にアクションを起こさないといけない「本」よりも毎日アクセスする可能性の高い「新聞」を取り込むべきだと思う。最近、新聞も売れていないそうだしこれで一石二鳥。インターネットのニュースサイトがあると思うかも知れないが、あれは正直読みにくい。その点、電子書籍にもまだ勝てる見込みはあると思う。

で、インターフェースも、パソコンとは違うものを考えるべきだ。スピードが速いモニターや液晶をベースに発達してきたPCと同じインターフェースを取り入れたら失敗するのは目に見えている。場合によっては、操作画面用に液晶を積んでも良いと思う。こういう用途の液晶だから、モノクロで十分だし。なんにせよ、ウィンドウやポップアップが出てくるようなI/Fを電子ペーパーを使った端末に入れるのは正直駄目すぎ。ゼスチャー機能を吊革につかまって使える器用な人はいない。その辺、ちゃんと考えた端末を出すべきだと思う。

色々書いたが、まとめると…

電子ブックリーダーで新聞が読めたらなぁ…

amazon の kindle の日本語版が出て、そこで新聞が読めたらいいのになぁ…と思ったので、こんな記事を書いてみました。

電子書籍の普及はまだまだ時間がかかりそうだなぁ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/01/27

最近、Zaurusからシステム手帳に戻っているのですが

仕事の都合もあり、仕事の手帳をZaurusからシステム手帳に変えてしばらくたちます。昔も、何度かシステム手帳にチャレンジしていたこともあり、変えたというよりは戻ったという方が正しいのですが。

うーん、確かに紙には紙の便利さがあるなぁ。

とはいえ、データ管理はシステム手帳ではぜんぜん役に立たないので、手帳にはテンポラリの情報とスケジュールだけを保存。確定した情報は、ひたすらPC上のEBtに打ち込んでいます。いままで、システム手帳ですべてを管理しようとして挫折していたのですが、PCでEBtを使うことで、いろいろな問題が解決できたかなーと思います。

結局、書き殴るのは紙。保存するのは EBt というのが、自分には一番合っているようです。

もちろん、Zaurus が持ち運べるところでは Zaurus を使っています。同期機能のおかげで EBt の利用範囲が広がったのも、色々プラスに働いています。

個人用データ管理は EBt で個人的にはほぼ満足。あとは、いつでもどこでもデータ参照ができるのを狙って行きたい。ま、EBt Server で第1段階、続いて Android という順番。…SmartQ5 が泣いてるぜ。

とはいえ、EBt Server をいきなり作るのは大変なので、何かお遊びで変なサーバー作ると思う。ま、この辺はぼちぼちと。

あと、業務連絡。

2月は忙しいので、EBt lite の開発が停滞しそうです。ごめんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/26

実使用は800MHzにクロックを落としていても大丈夫

何の話かというと、うちでメインで使っているPCの話。

使っているCPUはPhenomII X4 955BE で、最高スピードは3.2GHzだったりするわけですが、クロックの推移を見ていると、意外と最低クロック(800MHz)で動いている時間が長い。

とはいえ起動時に 800MHz にしていると遅くてたまらないということは前に確認していたので、クロック可変(0.8G~3.2G)でほったらかしていた。

で、画面下のアイコンを眺めていたら、省電力アプリ(EPU-4 Engine)のアイコンが目についた。せっかくマザーボード(ASUS M3A785TD-M EVO)に省電力アプリがついているので、使ってみるか…と思い、多分久しぶりにクロックを800MHzに固定してみた。

Webブラウジングで多少重いことがあるけど、ぜんぜん問題なし。あと、ATOKの変換がちょっと重くなったような気がするけど、これも我慢できるといえば我慢できる。何となくgoogle日本語入力も使って見たが、これもちょっと重いような気がするけど問題なく使える。

まぁ、クロックを800MHzに落としても、CPUコアはしっかり4つ動いているので大丈夫なんだろう。省電力にして、さらにコアも停止できると面白いんだけど、それは無理な相談なんだろうな。いや、IntelはCore i7とかでやっているから、やればできるのか。

なんか、ますます高クロックCPUを買った意味がなくなっていくなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/25

トニーたけざきのガンダム漫画 3巻が出た

というわけで、早速購入。

うん、いいよ、良い感じ。やっぱり、シャアをいじるのが一番面白いよね、うん。他にも、ブライトさんの弾幕の話とか、いいよ、うん。すごく良い。冒頭の少年兵Eも良い感じだ。

てなわけで。(今回、つなぐ言葉の頻度が多い)

お薦めです。本当に。

ガンダム世代以外には、正直何が面白いのかわからんところもありますが。

そういえば、なぜかジオン軍が関西弁をしゃべる話が多いですな。なぜか。

P72の上のコマ、「ジーク、ジオン」は、使い古された手とはいえ面白かった。

なにせ、感想がどうこうというものではないからな、これは。

私に言えることは、これだけ。

「読め!そして笑え!でも、リアルに笑うと不気味なので心で笑え!」

てなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/24

地球保護区 読んだ

小林めぐみは、SF作家に入るのか、ライトノベル作家に入るのか、よくわからない。まぁ、どっちかといえばSF作家なんだけど、がちがちのSFを書く人ではないような印象がある。あくまでも個人的な印象だけど。

で、ハヤカワJAから出た地球保護区を読んだ。やっぱりSFなんだけど、SFっぽくない。これは、多分この人のスタイルなんだろうな。あるいは、私のSF観がちょっとずれているのかも知れない。

この作品のテーマはタイトルの通り地球環境。そして、地球の環境保護の裏側に見える、「人間は地球にとって良くない」という思想に対する疑問の投げかけ。この作品の中に、この問題に対する解答というのは特にない。物語終盤の混乱で、何となくうやむやになっている。これには結論を出すことはできないだろう。自然破壊は人間からの視点でしかない。自然保護も人間からの視点。人間が破壊したり保護したりする自然というものは何なのか。人間にとって都合の良い自然というのがあって、それを保護したり破壊したりしているというのが実状だと思う。結局、これは人間としての種のエゴイズムで、人間が生き残ることを大前提にしている。だから、人間が生きていくための環境として自然を定義している。そう思う。

個人的には、人間の種としてのエゴイズムに賛同してしまうところがある。人間が生きていくための自然は大事だ。もちろん絶滅を危惧する種も保存しなければならないだろうが、正直明日のご飯の方が大事だ。明日のご飯を食べるための自然保護は必要だが、自然保護のために飢えて死ぬのは駄目。ものすごいエゴイストだと思う。

意外と、考えさせられる話だった。

私も、月から地球を見たら、考えが変わるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

eneloop stick booster 届いた

なんに使うかって?それは今から考える。とりあえず、買う。それが私のスタイル。駄目なスタイルだなぁ…

というわけで、eneloop stick booster 買いました。届きました。amazonから。

リチウムイオン電池の eneloop mobile booster と比べてどっちが便利?というのが気になるところですが、カバンの片隅にそっと入れておいて、いざというときに使うことを考えると、eneloop stick booster は便利っぽいです。eneloop mobile booster の方が明らかに容量が多いのですが…。重さもそんなには変わらないのですが…。

…eneloop mobile booster 持ってたら要りませんね。

とはいえ、出先で携帯電話とかiPodとか電池切れになるケースは結構あります。こまめに充電することも大事ですが、予備バッテリーがあればいざというときに安心。荷物になるけど。

てなわけで。

安価に買える usb battery と考えれば、良い選択肢だと思いますよ。eneloop stick booster。お金があったら、eneloop mobile booster の方がお薦めですけど。コンビニで何度か充電キット買った経験がある人は、素直にこれをカバンに忍ばせておくのが正解だと思う。

相変わらず、役に立たない記事だなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EBt for Windows (EBtWin) Version 0.0.4-1 を公開しました

EBt for Windows (EBtWin) Version 0.0.4-1 を公開しました。

Version 0.0.4-1(2010/01/24)での修正内容は次の通りです。


  • 先読みキュー内での重複チェックをするようにしました。先読みキャッシュの効率が少し良くなりました。
  • EBt の先読み深さを可変にしました。ダイアログから変更できます。3階層ぐらい先読みさせると、ほぼオンメモリになります。
  • EBt が完全に終了しない問題を修正しました(つもり)。
  • 書き込み時の排他処理に抜けがあったのでそれを追加しました。
  • 新規メモ(ホームに)を実装しました。これを選ぶと、新しくウィンドウが開いて、そこに作成したメモが表示されるようになります。
  • 同期機能を実装しました。同期先(slave)を作成する機能と、同期元(master)と同期する機能を作成しました。

    同期先は複数作成することが出来ます。また、Zaurusでは Master でしか同期が実行できませんでしたが、Win版では Slave からも同期が実行できます。

  • フォルダの変更履歴が保存できるようにしました。複数のEBtデータを切り替えながら使うときにちょっとだけ便利になります。
  • バージョン情報のウィンドウに、現在のデータフォルダ名を表示するようにしました。
  • 一部ダイアログを操作するときに応答が無くなる問題を修正しました。
  • キャッシュに一部バグがありましたので修正しました。

久しぶりなので豪快に機能が追加されています。個人的には同期機能が大きい修正なのですが、先読みキャッシュの階層が指示できるようになったのが意外と大きいかも知れない。私の場合は先読み3階層にすると、かなりのメモがキャッシュに入ります。4階層にすると、キャッシュがえらいことになる…(いつまでたっても先読みが終わらない)。先読みは2~3階層がお薦めです。

ダウンロードかこちらからどうぞ。

インストーラー無し版:EBtWin-0.0.4-1.zip (http://tio.cocolog-nifty.com/irrational/EBtArchive/EBtWin-0.0.4-1.zip)
インストーラーあり版:EBtWin-0.0.4-1-setup.zip (http://tio.cocolog-nifty.com/irrational/EBtArchive/EBtWin-0.0.4-1-setup.zip)

それでは、お楽しみ下さいませ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/01/23

EBt for Windows の作業はほぼ終了

今日もスタバにこもって作業。ほぼ、公開前の作業が終わりました。

明日、時間が作れたら公開します。

で、今日はとても寒かったからかも知れませんが…スタバが満席状態で結構困りました。なんというか、いつの間にかスタバも騒々しいお店になっちゃったからなぁ。静かに集中できる場所を探してまた放浪の旅に出ないといけないんだろうか。ノイズキャンセラ付きのヘッドフォンを使ったこともあるのですが、正直、あの騒音は消えないんですよね。

ま、普通の喫茶店だったらもちょっと静かなんですけど、4時間とか粘ると店員さんの視線が痛いからなぁ…ファミレスもそんな感じ。

図書館も最近はパソコン持ち込み禁止だし。

…粘る客は、店としても迷惑でしょうけどね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/21

NetWalker版のEBtですが

じわじわと広がるEBt。

NetWalker で EBt を動かそうとしている方がみえます。

ここ:PDAの付属品:ようやっと形になりました。

まだ現在進行形で作業中なのですが、NetWalker で EBt というのが形になってきています。Zaurus の後継として、こういうのもアリだと思います。

EBt が広がっていくのを見るのはうれしいですね。私もがんばらなくては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/19

直近の開発予定

Zaurus 用の EBt lite の snapshot を公開しましたが…

しばらくバグ出しのために寝かせて、EBt for Windows の開発に戻ります。

Windows版は、現在同期機能がほぼノートラブルで動いているので、ちょっと微調整を加えて公開する予定です。今週末に公開したいけど…ちょっと無理そう。来週末ぐらいかな、公開できるのは。

それが終わったら、引き続き Zaurus 版 EBt lite の公開作業…という予定です。

しばしお待ちを。

で、この辺の公開が終わったら、長年の目標だった EBt Server の本格実装に入ります。これはかなりのコード量になるので、開発は半年ぐらいかかるかなぁ…という感じ。週末しか時間がないのはつらい。

EBt の開発自体かなり気が長いので、使う方々も、申し訳ありませんが気長にお待ち下さいませ。

…やっぱり、個人が趣味で開発するのは限界があるなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分の駄目さ加減がわかる直前2回の記事。

二つ前の記事で、自分が餓鬼道に落ちているという記事を書いた。
一つ前の記事で、LOOX Uをポチッとしてしまった記事を書いた。

…餓鬼道に落ちるわな、そりゃ。

てなわけで。

色々、反省が必要だと思います。本当に。わくわくしていますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/18

新LOOX Uをポチッとしてしまった

多分、バッテリーが保たないと愚痴をたれることは目に見えているが、深くは気にしない。

VAIO type P との棲み分けが微妙だが、その辺も深くは気にしない。

この大きさのPCは D4 で懲りているんじゃないかという気はするが、この辺も深くは気にしない。

キーボードが打ちにくそうな気がしないでもないが、やっぱり深くは気にしない。

モバイルPCを何台持てば気が済むのか自分でも突っ込みを入れたいところだが、まぁ、深くは気にしない。

Lバッテリーが品切れで注文できなかったが、まぁ、深くは気にしない。

もう、ポチッとやってしまったんだ。深く気にしても仕方ないさ。

後悔はしていない。していないさ!(今は…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/17

どうやら私は餓鬼道に落ちているらしい

ものを買いまくってしまう自分を客観的に診断した結果。

どうやら、私は餓鬼道に落ちているらしい。

※別に誰かに見てもらったわけではなく、行動から類推しただけです。

まぁ、昔の人は頭が良いですね。つくづく思います。人の欲は果てしなく、満たされることはない。だから、欲が深くなってしまう。それを戒めるための餓鬼道という教えなんだろうなと思う。

…だからといって、明日から信心深くなる訳じゃないんですけどね。

しかし、生活は悔い改めなければならん。ならんです。うぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EBt lite snapshot-20100117 を公開します

EBt lite ですが、とりあえず一通り実装ができました。しかし、あまりテストはできていない状況。

てなわけで、snapshot として公開します。

ダウンロードはこちらから:http://tio.cocolog-nifty.com/irrational/EBtArchive/ebtlite-snapshot20100117.gz

注意点:

snapshot版なので、バグがいる可能性が高いです。

正式版も無保証なのですが、それ以上に危険度が高いと思って下さい。あくまでもお試し版ということで。
あと、snapshot なので ipk ではなく、実行ファイルの圧縮ファイルです。使い方がわからん!という人は、使わない方が賢明です。正式版を待ちましょう。
snapshot 版ゆえにデバッグモジュールなので、実行ファイルが2MBもあります。更に、コンソール上にこれでもか!というぐらいにデバッグメッセージが表示されます。これもご愛敬ということで。

とりあえず、主だった修正点ですが…
・タイトル行を廃止しました。これに伴い、色々変更しています。
・編集/保存ボタンを廃止しました。これに伴い、色々変更しています。
・EBt for Windows の同期機能の機能追加と同等の処理を実装しました。

てなところ。編集ボタンがなくなったのですが、代わりにテキスト上でタップすれば編集モードに移動します。というか、テキスト欄にフォーカスが合うと自動的に編集モードに移動します。まぁ、これにより不注意で編集してしまう可能性が増えたので一部改悪だったりするわけですが…。とはいえ、Windows版は既にこういう動作をするようにしているので、それに合わせたんだ…と思って下さい。

ま、なんにせよ、まだほとんどデバッグできていない状態です。使う人は、バックアップをとってから使いましょう。

というわけで。Enjoy!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

NiMH電池が1本死んだ

SANYOの大容量NiMH電池が死んだ。eneloop が出る前の奴。2700mAh の、NiMH電池容量競争をしていた頃の奴。

寿命が300回充電とか500回充電とかいっているけど、所詮は平均的な数値なので当然ばらつきはある。なので、回数が少なくて死ぬ電池がいてもおかしくはない。それどころか、国産NiMH電池で寿命が来たのはこれが初めてだったりする。Made in Korea のNiMH電池は数十回の充電でおしなべて寿命に到達していたりするわけだが、その点、国産のNiMH電池は優秀ですね。

ちなみに、最近の充電池の一番活躍する用途は eneloop kairo だったりする。寒いので、二つある eneloop kairo はフル稼働状態。で、毎日最低1セットは使う。稼働時間が多い日は2セット使う。で、充電してから使い切るまで1日ぐらいだったりするので、これだったら eneloop 使う必要ないよね。というわけで、eneloop のおかげで休眠状態に入っていた普通のNiMH電池を eneloop kairo に入れていたりするわけだ。

話を元に戻すが…

まだ eneloop で寿命が来た電池はない。でも、そのうちにぼちぼちと寿命が来るんだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/16

タイトル欄除去作業で苦戦中

ま、苦戦しているというと語弊がありますが。

EBt lite のコーディングの近況です。

QMultiLineEdit とか、QLineEdit の focusInEvent が signal だと思ってコードを書いていたのですが、単なるメソッドと判明。ま、マニュアルをしっかり読まなかった自分が悪いんですけどね。

で、今回はこのイベントを拾って処理を記述しないといけないので、使っている QMultiLineEdit を継承して作り替えないといけないことが判明。QLineEdit もきっと同じ。

作れないというわけじゃないんですが、コードの記述量が増えるのでめんどくさい。とりあえず、ウィジェットを継承したクラスを作って、そこで signal の実装をする訳だが、この辺が予定外の処理で、作業時間がよけいにかかっています。

大体、週に半日ぐらいのペースで作業しているのですが、もう1日ぐらい増やさないといかんなぁ。

ま、ぼちぼちやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/15

北斗の拳2 OP TOUGH BOY を頭の中に浮かべて読んで下さい

ちょっとした気の迷いです。深くは考えないで下さい。


Welcome to this Crazy time
このおデブの世界にようこそ
君は Fat Boy, Fat Boy, Fat Boy, Fat Boy

どこもかしこもデブだらけ
うずくまって食べてても始まらないから
Fat Boy, Fat Boy, Fat Boy, Fat Boy

時はまさに世紀末
よどんだ街角で僕らは太った

Keep you, Fatting 食べ抜けて
この腐敗と自由と暴食のまっただ中

No Boy, No Fat 太らなきゃ
勢いを増した 太り気味の腹を

You are eating, eating much! much! much!
You still fat, fatting much! much! much!


…さて、ダイエットしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/14

記憶の森のエリス ブラコン×記憶力ゼロ→大迷走 読んだ

なんとなく、表紙とか帯につられて買ったような気がしないでもない。記憶の森のエリス。とりあえず読み終わったので感想。

やはり、ライトノベルはターゲットは10代なんだなーと思った。記憶の森に入れるのがなんで10代までなのか。それがよくわからない。10代ということに、何か意味を持たせたいように思わないでもないけど、それがなんというか読み取れない。まぁ、この辺は深い根拠があるわけではなく、多分ご都合的な話が強いんだろうなとは思うけど。

登場人物やストーリーについては、お約束といえばお約束。特に目新しい設定があるわけでもない。まぁ、有り体に言えば普通。ものすごく普通の小説。普通すぎて、あんまり印象が残らない。

この物足りなさはなんなんだろうな。文章とか、ぜんぜん悪くないんだけど、何かが足りない。あっさりしすぎなんだろうな。この物足りなさの原因は。

まぁ、ライトノベルなんだからそんなもんだろうといわれればそうなんだけど。

てなわけで、読めとも読むなとも言えない。そうだな、たとえば突然1時間とか2時間空いてしまったとか、そういう状況になったら、この本はお薦めかな。読んで、読み終わって、終了、みたいな感じで。この小説自体は、もうちょっと続きそうなんですが、続きが出ても、積極的に時間を作って読もうとはあんまり思わないかな。隙間ができたら読もう…という感じ。

うーん、感想書きにくいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/13

今日もマスタブラウザが止まった

止まったのは、Vista Ultimate で動いているマスタブラウザ。

もう、復旧手段がわかっているので、なんの苦もなくとりあえず復旧。
※サービス一覧で Computer Browser を再起動するだけ

しかし、突然 Windows XP がネットワークから切断されるのが困る。マスタブラウザが止まるのはそんなに頻繁にある訳じゃないけど、一度起きると原因追及に時間がかかるからなぁ。

なお、マスタブラウザで障害が起きた時にネットワークから切断されるのは XP だけ(っぽい)。Vista とか 7 は大丈夫なんだよなぁ。おかげで、余計と追求に時間がかかる。

どうしたもんだろうね、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/12

VAIO type P で、家にあるサーバー上のEBtデータを編集してみた

前回、Crusoe で敗退したので(EBtの起動に5分とかね)…

今度は、VAIO type P で試してみた。

ちなみに、こんな条件。

VAIO type P ... Atom 1.6GHz, Mem 2GB, Windows Vista Home Premium
通信に使ったのは WiMAX(電波強度2)。
サーバーとの通信は、LogMeIn Hamachi2 を使用。
EBt のデータフォルダを、ネットワーク上の共有フォルダに設定。
サーバーは、Phenom X4 2GHz, Mem 4GB, Windows Vista Ultimate

結果。

確かに、Crusoe よりは速いけど、実用にはほど遠い。

うーん、家庭内LANで共有フォルダ上のEBt使う分には、ぜんぜん問題がないんだけどなぁ。どこにボトルネックがあるんだろう。Hamachi かなぁ。WiMAX かなぁ。…多分両方だろうな。てか、Atom の遅さが諸悪の根源という気もしないでもない。

ちなみに、念のために VAIO type P に EBt の同期データを作っておいたので、遅さと格闘しながら使うという事態は避けられました。まぁ、ネットワークの向こう側にある EBt を使うというのは、色々想定外だからなぁ。さっさと EBt Server を作らないといかんなぁ。

なお。

PacketiX VPN を使うと違う結果が得られるかも知れない。個人的な用途だと Hamachi で十分なんだけど、気合い入れて使いたい人は、PacketiX VPN を導入して試してみると、もしかしたら面白いかも知れない。ちょっと高いけどね。でも、高いだけあって Hamachi よりも俄然多機能だし。

話がそれてしまった。

当面は、SDカードに入れて持ち運ぶか、同期を使うしかないですなー。出先で EBt を使おうと思ったら。しばらくは運用でカバーしましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/01/11

CPUの温度

今メインで使っているPC(PhenomII X4 955)のCPU温度が、大体35度ぐらい。まぁ、冬だからとか色々あるけど、あんまり負荷をかけていないからこんなもんだろう。

で、VAIO type P のCPU温度が、これが65度とか70度なんだな。いくらファンレスとはいえ、この温度はどうしたもんだろうか。

まぁ、PhenomII の PC は、CPU負荷がかなり低い状態で使っているというのもある。VAIO type Pは、ほぼいつもCPU 100% 全開運転だ。そういう違いも出ているんだと思う。

CPUパワーがいる時といらない時の差が激しいんだよなぁ。ゲームとかしているんだったらCPUパワー欲しくなるんだろうけど。私は基本的に重たい処理をさせないんだよなぁ。瞬発力があればいい感じ。普段は省電力で、必要な時に高速で動くというのが良いんだろうな。

と考えると、低負荷時には800MHz まで落ちて、負荷がかかると3.2GHzまでクロックが上がる PhenomII X4 955BE はいい選択肢だったんだろうなぁ。Intel の Core i7 とかはどうなんだろう。一応、低負荷時はクロックが下がるというのは同じだけど。CPUコア単位で細かく電力制御している分だけ PhenomII の方が良いような気がしないでもないんだけど、よくわからない。Intel と AMD のCPUで、アイドル時の消費電力を比較しているところを見たことがないんだよなぁ。

同じぐらいなんだろうと勝手に想像してますけど。

何を言いたいかというと。

Atom も意外と熱くなるのね。常々熱い熱いと思っていたけど、これほどとは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/10

L5のバッテリーが切れた

今日の開発はここまで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

開発近況

てなわけで、EBt lite 開発状況。

タイトル欄の撤去作業中。6割ぐらいできた状態。クラス階層とイベントがうまくかみ合わないので、ちょいと悩み中。Qtのイベント処理の書き方を思い出しつつ、修正しているけど、なんか、どっかに貫通穴を作らないといけない雰囲気でげんなりしている。

作れない訳じゃないので、大きな問題じゃない。

でも、もうタイトル欄付きの EBt には戻せません。かなり書き換えた。まぁ、タイトル欄がないと困るケースの方がまれだからいいか。

Libretto L5 に試しに google日本語入力を入れたら、冗談みたいに遅くて使い物にならなかった。巨大辞書をハンドリングするには crusoe は非力すぎるかも知れない。

タイトル欄の撤去作業が終わったら、次は編集ボタンの撤去。編集ボタンの撤去はすぐにできるので、これは大きな問題ではないかな。

開発環境が非力なのが非常につらい。C# の統合開発環境に慣れているから、エディタ+コンパイラというシンプルな開発環境では開発効率がやっぱり悪い。ま、ぼちぼちやろう。

こんなことをひたすらやっていたから、EBt for Windows の公開作業はちっとも進んでいない。EBt lite と EBt for Windows は同時に公開とか、そうなりそうな気がする。

さて。続きやるか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/01/09

開発をしようと Libretto L5 を引っ張り出したのですが

開発準備で1日終わっちゃいましたよ orz..

Windows アップデートやって、外出先で使えるように LogMeIn hamachi の設定して、WiMAX の設定して…いたら、今日が終わりました。ま、ぶっちゃけ crusoe ではかなりきつい。いつも開発中にバックで動かしているソフト全部動かしたら、CPU稼働率100%になって、ぜんぜん帰ってこない。Silverlight も動かないし。

そんなもんですけど。

で、PC版のEBtを動かしてみたんだけど、これがまた重くってお話にならない。更に、LogMeIn Hamachi 経由で、家にあるサーバー上のEBtデータを見ようとしたら、最初のウィンドウが開くまでに5分以上かかるというていたらく。

Atom でも重いんだから、Crusoe じゃ駄目だわな。

でも、バッテリーの持ち時間はすさまじい。余裕で6時間使える。ぜんぜんバッテリーが減らないし。なんとか、この長所を活かせないものか。EBt が遅いのが致命的なんだよなぁ。EBt マシンとして余生を過ごすわけにもいかない。

いやいや、EBt lite 開発機としてまだまだ使うんですけどね。

開発中に EBt のメモを参照できないのがきっついなー。この辺が L5 の限界か…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマチュア無線局の免許更新

アマチュア無線局の免許更新が、Webでできるようにいつの間にかなっていた。そろそろ免許が切れるので、せっかくだから、早速使ってみた。

ID の申請まではいけるけど、その後、ID郵送ですか…なんか、こういうところはしょうがないのか。1週間ぐらい待てと言われた。期限ぎりぎりに申請してはいけないと言うことか。

あと、なぜか日本国政府発行の認証局の証明書をインストールしないといけない。まぁ、確かに必要なんだとは思うけど、素直にベリサインとかのCAの証明書使えばいいのに。何でも自前でやりたがるのは何というかお役所的だな。どうやら、日本国政府のCAがあるらしい。で、証明書の期限は2017年まで。うーん、この証明書の期限が切れたら自前で更新かぁ。忘れてそうだなぁ。証明書が正しいかどうかをフィンガープリントを見て確認しろとか書いてあったんだけど、フィンガープリントを見るためのページに行くにはこの証明書をインストールしておく必要がある。そうしないと、「証明書が変だよ」というダイアログが出る。まぁ、そのまま続行すればいいんだけど、知らない人は躊躇するわな。せめて、フィンガープリントを確認するためのページは一般的なCAの発行する証明書を使うべきだと思うな。

…いかん、もう今はセキュリティは専門外だ。余計なことは書かない方がいいな。10年以上前だもんな、この辺の仕事やってたのって。

なんにせよ、無線局の免許更新は、1日では終わらないよと言うことでした。

早めにやって良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/08

時事ネタ~シーシェパード~

この間、捕鯨船に体当たりして船をスクラップにするというパフォーマンスをしたシーシェパードですが…

曳航していた船をあっさりと投棄したようです。更に、捕鯨船の乗員を狙うためと思われるボウガンの矢まで見つかったという…

てめーら、自然保護したいんだろ?だったら船を南極海のど真ん中に捨てるなよ。そもそも何のために武装してるんだよ。

とか思ってしまうわけです。

なんというか、グリーンピースとかでも思うんですが、目的のためには手段を選ばずというのはいかがなもんかと。グリーンピースも、自然保護をしたいようには見えないんですよね。自然保護を名目にしてやりたい放題しているだけ。

ま、環境テロなんて言葉があるぐらいだからなぁ。

シーシェパードも、鯨を守りたいとは思えないんですよね。鯨を守るといえば何でも許されるっぽいのでそれを名目に暴れているだけ。確かに、やっていることはテロリストと大してかわらんわな。

ソマリアに海賊退治にいくツアー(本当に実施されたかどうかは知らない)とかも同じだな。こいつら、暴れたいんですよ。しかも、安全に。安全にってのがポイントかな。他人を殴るのは好きだが、殴られたくないみたいな感じだと思う。これは、こういう団体を資金面で援助している奴らも同じ。簡単に言えば、金持ちの道楽だな。

そして、こういう奴らを端的に表す言葉。

卑怯者

こういう人間にならないように、私は気をつけたいと思う。


-- 以下、該当記事引用です --(リンクは時間がたつと切れてしまうと思います)

反捕鯨団体、破損の妨害船を放棄か=ボーガンの矢を回収-水産庁

1月8日17時16分配信 時事通信
 水産庁は8日、南極海で日本の調査船「第2昭南丸」と6日に衝突し、破損した米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の妨害船「アディ・ギル号」が南極海を漂流しているのを確認したと発表した。船首部分が大きく破損したアディ・ギル号は、SSの別の船にえい航されていたが、ロープが切れ、放棄されたとみられるという。
 また、第2昭南丸はアディ・ギル号周辺の海から、引き金を引くなどの方法で発射し、殺傷能力のある長さ約80センチのボーガン(洋弓銃)の矢を計4本回収した。アディ・ギル号から海に放り出されたとみられる。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/01/07

最近電源が入っていない Let's note Y7

ま、EBt の開発を VAIO type Z に移しちゃったのが一番の理由なんですけどね。一応、Windows7 にアップデートするつもりで Windows7 Pro も買っていたりするのですが、なぜかやる気にならず。

…もったいないなぁ。

実は、総合的な使いやすさは Let's note Y7 の方が VAIO type Z よりも上です。いまだに VAIO のキーボードになじめない。でも、画面の広さがねぇ。Y7 の横1400よりも、Zの横1600の方が、2画面で作業するにはいい。縦のドット数は Y7 の方が150dotも多いので、Y7 も使いやすいのだが。あと、不用意にタッチパッドに触ることがないだけ Y7 の方が使い勝手はいいかな。Let's note のタッチパッドは、パームレストよりもへこんだ位置にあるため、間違えて触ってしまうことがない。Z のは、タイピング中に触ってしまうことが多々ある。この辺は、Let's の方がわかっているなぁ…と思う。でも、バッテリーの持ち時間が、Y7 は短いのですよ。Z + 大容量バッテリーと比べると。Y7 だとバッテリー2本運用なのできついんですよ…。あと、メモリーが 1.5G の Y7 は、やっぱり苦しい。Z は 4G 積んでいるから、今のところメモリー不足で悩むこともない。

Windows7 積んで、メモリーが4GB以上積めて、バッテリーが(実運用で)6h~8hぐらいもつ Let's note の Y シリーズが出ないかなぁ。Let's note は1280x800のが出てるけど、狭くて開発には使えない…。

…ま、しばらくは、Z でがんばりますよ。Vista だけどそんなに不自由してないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/06

ほしのこえ 読んだ

時間をテーマとした小説は幾つかある。梶尾真治の短編とか、私は好きだ。他にも、アニメになるけどトップをねらえも、時間をテーマにしている。

時間というのは、日常的に接するもので、しかも、どこでも均一に流れている。まぁ、時間は均一に流れるものではないのだが、我々が生活する上では、均一と言っても何ら問題はない。

だから、何らかの方法でその均一を破るのは、SF的に面白い。そして、時間軸を狂わすことで、読者に時間の意義を問いかけることができる。

で、今回読んだほしのこえは、その時間の問題に真っ向から取り組んだお話だ。もちろん、オリジナルは新海誠の自主制作アニメであるほしのこえ。アニメでは語りきれなかった部分を小説にしたものが、この小説ほしのこえだろう。

この物語を読み終わったときに思うのは、時間の乱し方がうまいなぁ…ということ。最初は主人公ノボルの時間だけがひたすらに進んでいく。もう一人の主人公であるミカコの時間は、ほとんど流れない。その時間の断絶が、二人の心に微妙な齟齬を与える。そして、それぞれに、それぞれの時間の中でお互いのことを思ったり、忘れようとしたり。そんな二人の間をつなぐメール。こんなに短いメールのやり取りが、こんなに重い意味を持つ。そのストーリーの作り方のうまさがとても印象に残る。そして、別々に流れていた二人の時間が…まぁ、この辺は、一度読んでみることをおすすめする。なんだかんだいってもハッピーエンドだ。安心して読める。

個人的には、ほしのこえのアニメも一度見て欲しいと思う。アニメを見た上で、この小説を読むのがいちばんお勧め。どっちが先でも全然構わないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/05

パープルショット購入(のど薬)

のどぬ~るスプレーを使い切ってしまった。ざっと1週間。効かなかった訳じゃないんだけど、かなり頻繁に使用しないといけないという状況。またここでのどぬ~るスプレーを買うのもなぁ…

というわけで。前の記事のコメントで紹介していただいた水溶性アズレンを使用した薬、パープルショットを購入。

うん、少ない量でのどぬ~るスプレーと同等の効果が。うん、ヨウ素よりも効き目がいいような気がする。

…根本的な話としては、さっさと医者に行かないといけないんだろうなぁ。

とりあえず、今週中はパープルショットでしのいで、今週末に考えよう、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/04

一応、近いうちに EBt for Windows の 0.0.4-1 を公開する予定です

EBt for Windows の、機能追加が一段落したので、近いうちに公開しようと思っています。

すぐに公開しない理由は、元気がないから!(言い切った)

いや、公開作業って実は結構時間がかかるので、今から始めると今日終わっちゃうし、寒いし。

実行ファイルをぽんと置いておくだけだったらすぐなんですけどね。公開ページの修正もせにゃあならんし、変更履歴も書かないといけないし、あーだこーだやることがいっぱいあるんですよ。

で、そんなにやることがいっぱいあるのに、一番の問題が!


寒くて手が動かない。


ま、こういう困った理由はさておき。引き続いて、Zaurus 版の修正に入ろうかと思っています。お待たせしました Zaurus 版って感じで。一応、同期機能の一部が Win版と変わってしまったのでその修正と(ちなみに、今のままでも問題なく動きます)、タイトル欄と編集・保存ボタンの廃止をする予定。ちなみに、ホントにできるかどうかはこれからsourceみて確認します。できるとは思っているんだけど、細かいところでちょっとうまくいかないかも知れない。

Qt のプログラム、覚えているかなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネタCD 名古屋の歌だがね 名古屋開府400年記念CD 購入

というわけで、たまにネタに走るわけですが、今回はこんなのを購入。

名古屋の歌だがね 名古屋開府400年記念CD

ちなみに、あえて深くは書かない。1曲目の「夢、つなごう、なごらっチョ」で激しく脱力して、その先の曲は覚えていない。なぜか八神純子の「みずいろの雨」が入っている。八神純子が名古屋で暮らしていたことがあるという理由でチョイスされたらしい。かなり苦しい。結局、名古屋のことをうたった濃い曲というのは少ないのね。個人的には、「名古屋はええよ!やっとかめ」ぐらいしかお薦めがない。でも、この曲が欲しかったら、このCDを買わなくてもつボイノリオの「あっ超ー」を買う方がいい。このCDだったら、「金太の大冒険」も入っており、非常に濃い。まぁ、こっちも聴いてて苦しい曲も一杯入っているわけだが。

ま、多分、追加生産はまず無いと思われるので、珍しい(というか変な)CDが欲しい人はがんばって探してみよう。amazon でもまだ入手可能っぽい。追加生産はないけど、多分メーカー在庫もちっとも減らず、いつでも入手できるというありがちな展開が予想できるけど。

うーん、名古屋の曲をチョイスするんだったら、ドラゴンズをもうちょっと入れてもいいと思うんだけどな。勇気プリプリまっぷりまとか、こういうCDには似合っているような気がするんだけど。

てなわけで。無駄に買ってしまったCDのお話でした。さぁ、寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/03

大須のボルサでのWiMAXの電波状況

例によって、あちこちでWiMAXつかってテストしています。

今日は、大須のボルサ(サークルKとなり)の店の奥の方で接続試験。

つながる。電波強度は2ぐらい。だけど、なぜか通信が不安定。つながっているのに、通信エラーが発生する。柱の近くという位置が悪いのか?と思い、隣の席に移動したところ、謎の切断もなくなりほぼ快適に使えるようになった。やはり、電波の特性上、遮蔽物の近くにはいない方が良いのかもしれない。

…などと書きながら、しばらく使っていたらまた通信できなくなった。何だろう、これ。やっぱり、奥の方の席は駄目なのかな。UQのホームページ見ても、特に障害情報とか載ってないし。

例によって WiMAX は電波の届き方が微妙ですねぇ。まぁ、使えない訳じゃないんだけど。席を選ぶときに、ここは電波が届きそう…とか、考えないといけないというのは、ちょっと辛い。

まぁ、ぼちぼち改善されていくとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/02

おせちもいいけど加齢もね…

そういえば、前厄です orz...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/01

新年あけましておめでとうございます。

関係諸氏に心のこもっていない新年の挨拶 mail を出し終わりました。いや、挨拶が苦手でね…

てなわけで、blog でも新年の挨拶をしないといけないので、簡単に…。


謹んで新春のお慶びを申し上げます。


ほら。心がこもっていない。苦手だっていったじゃん…

てなわけで、今年もよろしくお願いします。こんな blog ですけど、今年もがんばって更新を続けますので、お暇でしたらちょくちょく覗いてやって下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »