« L5のバッテリーが切れた | トップページ | VAIO type P で、家にあるサーバー上のEBtデータを編集してみた »

2010/01/11

CPUの温度

今メインで使っているPC(PhenomII X4 955)のCPU温度が、大体35度ぐらい。まぁ、冬だからとか色々あるけど、あんまり負荷をかけていないからこんなもんだろう。

で、VAIO type P のCPU温度が、これが65度とか70度なんだな。いくらファンレスとはいえ、この温度はどうしたもんだろうか。

まぁ、PhenomII の PC は、CPU負荷がかなり低い状態で使っているというのもある。VAIO type Pは、ほぼいつもCPU 100% 全開運転だ。そういう違いも出ているんだと思う。

CPUパワーがいる時といらない時の差が激しいんだよなぁ。ゲームとかしているんだったらCPUパワー欲しくなるんだろうけど。私は基本的に重たい処理をさせないんだよなぁ。瞬発力があればいい感じ。普段は省電力で、必要な時に高速で動くというのが良いんだろうな。

と考えると、低負荷時には800MHz まで落ちて、負荷がかかると3.2GHzまでクロックが上がる PhenomII X4 955BE はいい選択肢だったんだろうなぁ。Intel の Core i7 とかはどうなんだろう。一応、低負荷時はクロックが下がるというのは同じだけど。CPUコア単位で細かく電力制御している分だけ PhenomII の方が良いような気がしないでもないんだけど、よくわからない。Intel と AMD のCPUで、アイドル時の消費電力を比較しているところを見たことがないんだよなぁ。

同じぐらいなんだろうと勝手に想像してますけど。

何を言いたいかというと。

Atom も意外と熱くなるのね。常々熱い熱いと思っていたけど、これほどとは…

|

« L5のバッテリーが切れた | トップページ | VAIO type P で、家にあるサーバー上のEBtデータを編集してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/47267687

この記事へのトラックバック一覧です: CPUの温度:

« L5のバッテリーが切れた | トップページ | VAIO type P で、家にあるサーバー上のEBtデータを編集してみた »