« ボーナス出た | トップページ | google 日本語入力なんてのが出ちゃったか »

2009/12/02

銀河乞食軍団 黎明篇 1巻 <蒼橋>義勇軍、出撃! 読んだ

なんか、表紙が銀河乞食軍団らしくないなぁ…と思った1巻。感想を少々。

実は、本編である銀河乞食軍団を読んだことがほとんど無い。なぜ無いかというと、私が銀河乞食軍団に興味を持った頃には、ほとんど文庫が入手不能だったから。古本屋をかけずり回ったが、結局入手できず。自分にとっては、幻の小説だった。まぁ、今は合本版で再版されたので読めると言えば読めるのだが、あの気軽に読めない本のサイズは何とかならんものだろうか。

で、その銀河乞食軍団の外伝っぽい話がこれ。黎明篇。もちろん、銀河乞食軍団の本編についての知識が無くても問題なく読める。色々、銀河乞食軍団を知っているとにやりとできる部分があるんだろうけど、知らなくても楽しめます。ちょっと古風な言い回しは銀河乞食軍団らしい。ちょっとくどい部分もあるけど、それ込みで作品の雰囲気が出ています。

ストーリーは、やはり色々と練られているなぁ…と思う。そして、SFになくてはならないうんちくの数々。わかりにくいなーと思うところは、それとなく登場人物に説明させているので、置いてけぼりになることもない。まぁ、多少の知識は必要になりますけど。SF読む人だったら、それぐらいは基礎教養だよねという所だし。とはいえ、ストーリーの最初はがんばらないといけない。なにせ、蒼橋星系の知識がないとストーリーがわからなくなる。巻の冒頭で一通り説明があるので、ここは必死に読む。ま、こういうのに慣れていない人にはつらいかも知れない。

でも、SFとして非常に楽しめることに間違いは無い。最近、SF分が不足していたので、こういう小説は非常に読んでいて楽しい。最近そこら中にあるSFっぽいものではなく、しっかりSFなのが良い。

個人的にはとてもお薦めなんだけど、SF的な考え方が苦手な人にはちょっときついかなぁ。

|

« ボーナス出た | トップページ | google 日本語入力なんてのが出ちゃったか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/46921770

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河乞食軍団 黎明篇 1巻 <蒼橋>義勇軍、出撃! 読んだ:

« ボーナス出た | トップページ | google 日本語入力なんてのが出ちゃったか »