« WindowsXPとWindows7の起動時間を比較してみた。 | トップページ | アスラクライン 13巻読んだ »

2009/11/11

ひとりごと

まぁ、前からいろいろと妄想をぶちまけていますが…

EBt は最終的にはファイルシステムになるべきなんだろうなーと思っています。まぁ、それを実現できるOSが無いのですが。なにせ、ファイルシステムはOSの根っこまでがっちりと食い込んでいますからね。まぁ、OSよりもさらに上の層を一つ作ってしまえば良いんですが、そこまで個人でやるのは無理。絶対無理。だって、うまくいっても週に4時間ぐらいしか開発の時間とれないんですよ。無理無理。

それはそれとして。

OSはいろいろ進化しているんですが、根底のところが変わらないんですよね。いろいろ豪華になっているけど。変わっていないと言うことは、それで完成していると言うことなのかなぁ。そんな事無いと思うのだが。

とはいえ、ファイルという概念自体はさすがにどうにもならないか。そんな事はないよな。きっと、ファイルそのものもそのうちに考え直すときがくるだろうな。もの=ファイルという状況ではあるから、ここは簡単にはつぶせないだろうけど。でも、現状、ファイルが複雑化し、ブラックボックス化してきているので、破綻する時はそう遠くないだろうと思っていたりもします。すでにディレクトリは破綻寸前でしょ。ファイルも破綻したら、今のOSの根底全否定になってしまう。なお、インデックス作って検索を早くするというのは、ディレクトリによるファイルの管理の延命でしかないと個人的には思っています。前にも書いたような気がするのですが。

こんなえらそうなことを言うからにはアイデアがあるだろうと言いたくなるでしょうが、全くありません。そんなアイデアがぽんぽん浮かぶんだったら、わたしゃしがないSEなんかしていませんって。

なんか、えらそうなこと書いていてもしょうがないので今回はこの辺で。これも、所詮は何もできないSEの遠吠えなんで。

|

« WindowsXPとWindows7の起動時間を比較してみた。 | トップページ | アスラクライン 13巻読んだ »

コメント

ファイルシステム的なEBtですか・・・。

「ひとりごと」を読んで喚起されるイメージは、
データを各種権限と共にRDBやDBMに一元保存し、各ユーザーは
そのデータのたまり場から、参照権限の範囲内のデータを使って、
リンクを構築することができる、という感じです。
(仮身でリンク構築?)

データ本体とリンク情報を分離させ、複数のリンク構成を
それぞれ独立して持つことができるEBt、には魅力を感じます。

投稿: きゅう | 2009/11/12 18:24

まぁ、EBtのレベルでは所詮テキストと画像しか扱えないので、夢また夢の話なんですけどね。まぁ、EBtの中に、ファイルとかがんがん取り込めば良いという話もありますけど。

EBtも、一時期WEBtとか考えていた頃もありました。名前からわかるように、WEB上で分散したEBtを作れないかなーという物。でも、みんなで知識を共有し合うというのは理想だけど、実際は無理だよねと結論して放置中。何となく、分散したEBtはP2Pと相性が良さそうだなと思っていた時期もあったけどこれも放置中。

ま、リンクはファイルとは別の情報だから、分離するというのは正しい方向だと思います。EBtはシンプルにしすぎたから、もちょっと複雑にしても良いと思う。

あるいは、リンクとファイル以外の概念を入れるべきなのかも知れない。権限とか、いろいろ考えると。

投稿: おかだ | 2009/11/12 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/46739160

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりごと:

« WindowsXPとWindows7の起動時間を比較してみた。 | トップページ | アスラクライン 13巻読んだ »