« 大須ドトールでのWiMAX感度はちょっと悪い | トップページ | ココログの運営側はシステム運用の常識が欠けていますな »

2009/11/24

ストーム・ブリング・ワールド 2巻読んだ

読み終わりました。2巻。このお話は2巻で完結です。

まぁ、ストーリー的には終わっていないのですが、まぁ、これでいいんだと思います。話の終わりで旅立つというのが、ばいばい、アースと同じだなぁ…とか思いましたが、こういう終わり方が一番いいんだろうなぁ。結局、カルドがどうとかとか、そういう事については全く決着も何もなし。そういうものをひっくるめて、この物語の世界なんでしょう。

個人的には、冲方丁のテーマだと勝手に思っている存在とか、そういうものがあんまり出てこなかったのが何となく物足りなく感じていたり。

とはいえ、不満な内容かというとそういうわけではありません。あと、ストーリーとか、世界観とか、わかりやすいので、読みやすいし。読みやすい=簡単という訳ではないのですが。

なんだろうな、冲方丁は文章とか、話の構成とか、うまいんだろうな。ストーリーを簡単に説明すると、とてもありきたりな話になってしまうと思う。でも、面白いんだよな。アイデアで勝負という事じゃないんだよな、きっと。面白い小説は奇抜なアイデアが売りじゃなくって、いかに登場人物とか世界を魅せるかなんだろうな。

と、偉そうな事を書いて感想を終わるのでした。

|

« 大須ドトールでのWiMAX感度はちょっと悪い | トップページ | ココログの運営側はシステム運用の常識が欠けていますな »

コメント

冲方丁のライトノベルの書き方講座(宝島社文庫)
あたりを読んでみても、
切り口の上手さに感心しきり、です。

投稿: goya | 2009/11/25 05:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/46852042

この記事へのトラックバック一覧です: ストーム・ブリング・ワールド 2巻読んだ:

» ストーム・ブリング・ワールド 2巻 許す [チーズは見つかった?]
ストーム・ブリング・ワールド 2巻を読みました。簡単な感想を書きます。ネタバレを含みますので気になる方は本を読んでからこちらを見てくだ... [続きを読む]

受信: 2009/12/06 09:00

« 大須ドトールでのWiMAX感度はちょっと悪い | トップページ | ココログの運営側はシステム運用の常識が欠けていますな »