« 今日も忙しいのです | トップページ | 突然家庭内ネットワークから切断されるWindowsXP »

2009/11/19

ストーム・ブリング・ワールド 1巻読んだ

最初、カルドというのは小さな石版か何かかと思っていた。で、読んでいくうちに、カードゲームで使うようなカードらしいと言うことがわかり、何となく残念な気分になった。ちょっと、安っぽくない?そんな気がしたストーム・ブリング・ワールド。感想をちょこちょこ書きたいと思います。

えーと、相良宗介と千鳥かなめがいた。間違いなくいた。というか、ちょっと常識に欠けるが能力抜群の少年が、元気な少女をガードするというのは、ある意味定番の設定なのかなぁ。まぁ、それぞれ背負っている過去とか違うから、全く同じというわけではない。話にはパターンがある。そのパターンの一つとして、こういう関係づけが定着してきたのかなーと思った。フルメタ以外にも同じ設定ってきっとあるよな。

なんか、前回読んだ「ばいばい、アース」ほど冲方丁っぽさが出ていなかったんじゃないかなーと思う。とはいえ、そこかしこに「らしさ」は出ていると思うので、それほど気にすることはないと思うけど。

なんか、そこかしこでカルドを使う描写が出てくるわけだが、ぶっちゃけ、カルドを使う部分の描写無くても良いよねとか、思ったりした。なんか、カルドが出てくると、妙に、雰囲気が変わってしまう。カルドじゃなくって、セプターが中心にいるわけだし。そりゃ、話のスタート地点がカードゲームだから、しょうがないと言えばしょうがないんだけど。

とはいえ、面白いことには間違いは無い。読み進むほどにぐいぐい引き込まれる文章もいつも通り。ストーリーもそんなに難しくないから、ちょっとライトノベルに飽きてきた人にもお勧め。まぁ、これもライトノベルと言えばライトノベルなんだろうけど。

|

« 今日も忙しいのです | トップページ | 突然家庭内ネットワークから切断されるWindowsXP »

コメント

ん?カルドセプトの小説版?

投稿: jojo3 | 2009/11/20 10:44

そうらしいです。私はカードゲームの方を知らないのですが…

投稿: おかだ | 2009/11/20 23:32

かなり書き直されたとはいえ、元は2003年のものですから、でもマルドゥック・スクランブルも同時期の発売なので、古いからというより、原作付きだからということなのかなあ。

投稿: がりぃ | 2009/11/21 10:32

あぁ、たしかにゲームを意識して動きにくくなっているのかもしれないですね。

その辺のライトノベルよりは全然面白いんですけど、やっぱり冲方丁にはちょっと期待過多になってしまうんだろうなぁと思います。

投稿: おかだ | 2009/11/21 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/46806285

この記事へのトラックバック一覧です: ストーム・ブリング・ワールド 1巻読んだ:

« 今日も忙しいのです | トップページ | 突然家庭内ネットワークから切断されるWindowsXP »