« どこが原因かわからないが | トップページ | EBt の先読み状況を見ていたらわかったのですが »

2009/10/29

昨日の続き

問題を整理しよう。

●H/W
1)グラフィックカードは Radeon 5770
2)モニターは LG W2486L
3)接続は、DVI(VideoCard) - (変換ケーブル) - HDMI(Monitor)

●症状
モニターの入力切り替えをすると、ウィンドウがすべて左上に移動してしまう。

●原因
モニターの入力切り替えが原因で、VideoCard と モニターとの接続が解除される。
接続が解除されると、Radeon のドライバは XGA(1024x768) に画面モードをを切り替える。
そのとき、ウィンドウがすべて左上に移動する。
その後、ビデオカードとモニターの接続が復活。画面モードが元に戻る(1920x1080)。
しかし、ウィンドウの位置は動かないため、ウィンドウがすべて左上に行ってしまったように見える。

●回避策
DVIならば上記問題は発生しない。そのため、今まで使っていたPC(GeForce7900GS)を HDMI 接続に変更。
(何故か、GeForceではRadeonで発生していた問題が起きないため)
Radeon を DVI で接続。
※なんか納得いかないけどね

●結論
LG の HDMI がまずい可能性が高い。入力切り替えしたら、リンクが切れてしまう HDMI インターフェースがまずい。
まぁ、複数台のPCをひとつのモニターで使いたい場合は、DVI入力が複数あるモニターを使う方が無難。あるいは、D-SUBで接続するかどっちか。

●念のため
個人的に推論しているだけなので違っている可能性も高いよ。そんなに外していないと思うけど。

●あと…
DVI - HDMI の接続ではなく、素直に HDMI - HDMI の接続をすれば大丈夫なんじゃないかなという気がしないでもないけど、手持ちケーブルがないので検証していない。

しかし、DVIが複数あるモニターに心当たりがないんだよなぁ。D-SUB で繋ぐのは嫌なんだけどなぁ。

ふぅ。

|

« どこが原因かわからないが | トップページ | EBt の先読み状況を見ていたらわかったのですが »

コメント

DVI-HDMI変換はRadeon板付属品ですか?
Radeon板付属品やRadeon HD 3000シリーズ以降専用品のDVI-HDMI変換アダプタは、実際には信号を変換しているのではなく、接続するとRadeonが送る信号がネイティブHDMIに切り替わり、端子形状をDVIからHDMIに変えるだけの役割しかしていません。
だからRadeonでは変換アダプタ経由で内蔵HD Audioの音をHDMIで送信できるのだそうです。
一般の変換アダプタ・ケーブルではこのようなことはそのままではできません。
従って、そのような専用品を使用して変換している場合は実質的にHDMI-HDMI接続となっています。
もしも変換ケーブルが汎用品なのでしたら、専用品による接続に変更してみると良いかもしれません。

投稿: 橘 | 2009/10/30 10:23

DVI-HDMI変換ケーブルは市販品です。Radeon 5770にはHDMIのI/Fもついているんですが使っていませんね。

ケーブルが悪い可能性もあるんでしょうかね。まぁ、とりあえずDVI-DVIの接続でうまくいっているので、当面は今のまま行こうと思っています。

まぁ、悪いのは Radeon じゃなくって、LGのW2486だと思いますが。入力切り替えしたタイミングで、Windowsがデバイス切り離し検出しているので(音が鳴るのでわかる)。

やはり、LG に期待してはいけませんね。これで買ってはいけないメーカーがまた一つ増えました。素直にMITSUBISHIのを買っておけば良かった。+1万円で品質が買えるなら安いもんだと思います。

投稿: おかだ | 2009/10/31 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/46618238

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続き:

« どこが原因かわからないが | トップページ | EBt の先読み状況を見ていたらわかったのですが »