« 機動戦士ガンダムUC 4巻読んだ | トップページ | コミックREX 11月号 壊滅状態 »

2009/10/14

液晶モニタ LG W2486L をしばらく使ってみて

しばらく使ってみないとわからないこととか。

●眩しい
高いコントラストはわかるのですが、モニターが非常に眩しい。正直、目につらい。周囲の明るさに会わせて輝度調整する機能もあるのですが、それでも眩しい。なので、今は手動で輝度5%まで落として使っています。このコントラスト比はいらないんじゃないだろうか。

●発色が青っぽい
自分の目が片寄っているのかも知れないが、全体的に発色が青っぽい。まぁ、Windows がデフォルトだと青基調の色使いなのでそう思うのかも知れない。が、なーんか青っぽいような気がする。あと、それと関係あるかわからないけど、なんか鮮やかさに欠ける。なんだろう、これ。

●視野角狭い
店頭だと無意識に正面から眺めるのであんまり気にならないのだが、いざ自分で使うと、結構斜めから見ることが多い。んで、斜めから見ると、ちょっとがっかりな画面になる。まぁ、正面で見るぶんにはなんの問題もないんだけど、気になると言えば気になりますね。
ちなみに、これまで使っていた SHARP の SXGA 液晶よりも、明らかに狭い印象。技術進んでいるはずなのに、これに関しては退化してますね。

●独特のスイッチはその内に慣れます
非接触タイプのスイッチに最初は戸惑いますが、慣れますね、これは。ま、心配することはないかと。

●おまけ機能は使わない
タイマー機能とか色々ついていますが、使いませんね。全然。こういう機能削っても多分値段には影響しないと思うけど。

●でも、画面は広い
 1920x1080 はやはり広い。今まででは無理だった画面は一が出来るので、これだけで導入価値はありますね。ま、これよりも更に広い解像度(2560x2048とか)はモニターの値段も半端無いので、一般人が買える最大のモニターはこのクラスでしょう。中途半端に 1680x1050 のモニター買うぐらいだったら、もうちょっとがんばってこの解像度にしましょう。大きくて困ることは、小さくて困ることよりもきっと少ないですから。

まぁ、白色LEDバックライトといううたい文句は結構引きが強いですが、もしかしたら過剰スペックかも知れないのでその辺には注意しましょう。

でも、消費電力はものすごく低いので、これだけでも価値はあるかも知れません。これだけはLEDバックライト万歳と言うことでしょうか。

ま、お勧め度は「気に入ったら買えばいいと思うよ」レベルです。是非とも買え!というものじゃあないなーと。

最近、1920x1080のモニターが色々と出てきてますから、色々選ぶのがよろしいかと思います。もしかしたら、ちょっと高いけどMITSUBISHI のモニターが一番安心かも知れない。持っているMITSUBISHI のモニターは特に不満もないし。(これは、PCモニターと地上波デジタルモニター兼用している)

やっぱり、安心して買いたいんだったら国産だよ、きっと今も。結構フラグシップっぽいこのモニターでこれだからなぁ。

|

« 機動戦士ガンダムUC 4巻読んだ | トップページ | コミックREX 11月号 壊滅状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/46487543

この記事へのトラックバック一覧です: 液晶モニタ LG W2486L をしばらく使ってみて:

« 機動戦士ガンダムUC 4巻読んだ | トップページ | コミックREX 11月号 壊滅状態 »