« 2代目eneloopが発売になるそうで | トップページ | 台風が直撃しても »

2009/10/06

F1日本GP雑感

というわけで、F1日本GPも終わったことですし、色々気がついたことなどを書きます。

●トヨタ応援団がいない
 毎回、社員かき集めてマスゲームするという北朝鮮並みの全体主義を見せつけていたトヨタですが、今回、いませんでした。どうしたんだろう。やっぱり、撤退に向けて着々と準備が進んでいるんじゃないかな。

●ラバーグリップを実感
 決勝終了後、西コースを開放したので、ぐるっと1周してきました。で、レコードラインとそうでない部分のアスファルトをぺたぺたと触ってきました。
 …全く違う。
 触ってみると、レコードラインにラバーが乗っているのが素人でもわかります。レコードラインから外れるとごつごつした路面なんだけど、レコードラインはぺたぺたしている。これは、タイムに確実に影響しますね。
 もう、路面全部ラバーコーティングしちゃえよ。

●実はトラブルを抱えていたウィリアムズ
 放送で言っていたのかはわかりませんが、ニコ、一貴、両方ともフロントタイヤにトラブルを抱えていました。具体的には、タイヤのホイールについている整流板、これがくるくる回ってました。途中から。
 まぁ、それほどタイムには影響なかったみたいですが、こういう所の信頼性がないというのが、今年のウィリアムズのあんまり良くないところなんじゃないかなーと思う。

●レッドブル
 トロロッソがクラッシュした瞬間、ピットウォールにいるチーム関係者が中継されたのですが…テレビに映った直後、突然レッドブルを飲み始めました。
 …商魂たくましいな、ほんとに。

●完売するレースプログラム
 観客が少なかったとはいえ、レースプログラムは完売。
 レースプログラムは、サーキットへのお布施みたいなものなので、レースに行ったら買うようにしましょう。

●勢力を広げる焼き肉ランチ
 直営店はいつものように2カ所なのですが、派生品(どう見ても焼き肉ランチ)をB席下で売ってました。でも、どうせ買うなら直営店で。

●ぼったくりドリキンカレー
 土屋圭一は個人的には嫌い。で、土屋圭一のドリキンカレーを売っていたのですが、値段が高く950円。普通のカレーなのに。となりで、ココイチのカレーが650円だったので、迷うことなくココイチに。
 こういう商売が嫌われると言うことがわからないのかねぇ。

●そして、まだまだ売られるセナグッズ
 そろそろ、セナを卒業するべきだと思うよ。

●ぱっとしない中嶋一貴
 やっぱりF1は早すぎたね。

●そして、コースマーシャルもがんばる
 マーシャルの人が、挨拶していました。レースの前、全員横一列にならんで。
 富士の時にはこういうのはなかった。なんというか、サーキット関係者が一体になって、レースを盛り上げよう、良くしていこうとしているのがよくわかった。サーキット関係者の人たちは、レースが好きなんだなと思う。だから、鈴鹿のレースは盛り上がるし、楽しい。

●応援フラッグにあふれるホンダ、琢磨の文字
 F1が鈴鹿に戻ってきた!というわけで、メッセージが書き込まれたフラッグが大量にありました。で、そこにあるのは、ホンダ、琢磨の文字。ホンダも琢磨もF1を愛している。だから、見ている人も応援する。トヨタの文字がほとんど無かったという辺りから、現在のトヨタの姿勢が支持を得ていないというのがよくわかる。ま、トヨタのことだから、そんなことは無視すると思うけど。
 ホンダがここまで支持を得るために払った努力を理解して、はじめてトヨタは土俵に乗れる。まだ、トヨタは土俵にも上がっていない。


何にせよ、鈴鹿のF1はやっぱり良い。財布には厳しいけど、来年も絶対に行くつもりです。

|

« 2代目eneloopが発売になるそうで | トップページ | 台風が直撃しても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/46416292

この記事へのトラックバック一覧です: F1日本GP雑感:

« 2代目eneloopが発売になるそうで | トップページ | 台風が直撃しても »