« 厚顔無恥 | トップページ | iPod nano 5th Gen. バグがあるみたい »

2009/09/15

Android の有料アプリが国内で公開できる日が近そう

というわけで、今まで全く回収できていなかった開発費の一部が回収できるかもしれない。

とはいえ、基本的にはフリーソフトとして公開しますが。

無料版と有料版を公開することになるんじゃないかなー。めんどくさいから違いはつけないつもり。というわけで、ほとんどの人が無料版を選ぶだろうから、開発費が全額回収できるとは全然思っていません。

が、生々しい話をすると。(以降、私が EBt を飯の種に独立すると考えての試算)

今までの開発にかけた時間が、のべ2ヶ月は優に超えているわけです。これを、普通の仕事として考えると、どうだろう。人月60万ぐらいはかかるから、そこから逆算すると、2人月かけたとして、120万円。この中には、当然必要経費(PC, 書籍云々)も含む。人月60万が高いと思うか?必要経費全部省いたら、サラリーマンの年収換算で400万ぐらいですよ。

※私に人月60万の価値があるかは別問題。名前の知れているITベンダに開発頼んだら、この数倍の値段提示してきます。

これだけ回収できるわけ無いよね。EBt for Android を 1000円で売ったとしても、その中から30%引かれるから、収入700円。120万÷700円=1715(端数切り上げ)。つまり、高めの1000円という値段つけたら、1700本売れないといけない。しかも、それだけ売れても2ヶ月分しか回収できない。つまり、その6倍を更に何らかの形で稼がないといけない。

私は、EBt がこんなに売れるとは思わない。しかも、2人月というのは、かなり控えめな数字。

しかも、Android 版は、まだ開発未着手状態。つまり、これからかける時間が、まんま積み上がってくる。EBt を商売にしたら、わたしゃ速攻で破産ですよ。

所詮、EBt は趣味で作っているので、こういう金勘定は一切抜きでやっているわけですが、ぶっちゃけ、商用ベースに乗るようなものじゃないですよね。

逆に、1万本とか、売れる見込みがあれば商売になるかも知れない。そうすると、お金が回り始めるので、今までは無理だと思ってやっていなかった部分にも手が回って、どんどん良いソフトになっていくと思う。

Android の普及具合を見ると、1万売れるなんてのは夢物語ですけどね。

ま、もしやるんだったら、ソフトの売り上げではなく、ソフトに付帯した何らかのサービスを立ち上げ、それで商売するんでしょうね。売ったらそれっきりのソフトには限界がある。新しいソフトをリリースし続けなければならず、どうしても自転車操業になる。

そもそも、簡単に儲かるんだったら、みんな飛びついているわな。

てなわけで、儲からないソフトの話でした。儲かる以前にペイできないし。

|

« 厚顔無恥 | トップページ | iPod nano 5th Gen. バグがあるみたい »

コメント

技術開発者の苦労を垣間見ることができました。
簡単にお金は儲からない・・・ということですね。
はい。わかりました。おかだ教授!!

投稿: むらやん | 2009/09/16 12:04

最近は特にね。割に合わない。

まあ、昔から割に合わないのですが。

投稿: おかだ | 2009/09/20 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/46222732

この記事へのトラックバック一覧です: Android の有料アプリが国内で公開できる日が近そう:

« 厚顔無恥 | トップページ | iPod nano 5th Gen. バグがあるみたい »