« また足の調子が悪くなってきた | トップページ | 時間がありませぬ »

2009/08/25

マイケルジャクソンの死因は麻酔薬の過剰投与という報道が

ちなみに、ここ(http://www.afpbb.com/article/entertainment/news-entertainment/2634081/4494150)です。

眠れないことのつらさは、眠れなくなった人にしかわからない。確かに、徹夜とか、やろうと思えば出来る。しかし、これを何日も続けようとしても、大抵の人は途中で眠ってしまう。一週間徹夜とか、やりたくても出来ないはず。

私は不眠で苦しんでいるのでよくわかるのだが、不眠は確実に体力と思考力を奪う。ちなみに、睡眠薬は不眠治療ではあまり効果がないケースもある。私は最終的には歩けなくなるほどの睡眠薬を飲み続けるまで悪化したが、ろくに眠ることは出来なかった。その頃はふらふらで、傍目から見ても明らかに弱っていたらしい。その当時は、本当に生きているだけだった。とにかく苦しかったことを覚えている。眠ろうとしても眠れないことはとてもきつい。

マイケルジャクソンが不眠で苦しんでいたという記事を見ると、眠れるんだったら死んでも良いぐらいに思っていたんだろうなと勝手に想像してしまう。眠れないというストレスにさらされていたら、正常な判断が出来なくなっていても不思議ではない。

だからこそ、主治医は慎重にやらねばならなかったのかもしれないが。

とはいえ、眠れないまま放置しているのも、緩慢な死と同じ。医者としても苦しい選択だったと思う。

多分、原因はともかく、マイケルジャクソンはここが寿命だったんだろう。改めて冥福を祈りたい。

|

« また足の調子が悪くなってきた | トップページ | 時間がありませぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/46029871

この記事へのトラックバック一覧です: マイケルジャクソンの死因は麻酔薬の過剰投与という報道が:

« また足の調子が悪くなってきた | トップページ | 時間がありませぬ »