« ちょいと傾向の違うことをはじめたくて | トップページ | 昔の失敗を思い出せ!民主に大勝させてはいけない。 »

2009/08/20

景気は底を打っていない

ま、ニュースでは回復基調に乗ったようなことが伝えられていますが…

そんなことはありません。

まぁ、私のいるIT業界なんてのは回復は当分先なので目もあてられなかったりします。製造業も回復したわけではない。とりあえず、大きくなりすぎた市場を小さくして、落ち着いただけですね。で、小さくなった市場では、当然今までと同じだけの人たちを養うことは出来ないんですよ。だから、脱落者がいっぱい出ている。運良く脱落しなかった人は、もしかしたらこれから良くなるかもしれない。それぐらいの状況。脱落した(あるいはこれからする)人たちはお先真っ暗。

ちなみに私のいる会社は瀬戸際。いつ負け組に転落するかわからんですね。

自動車業界は今はハイブリッド大人気ですが、残念ながら次がありません。トヨタとホンダが全力でハイブリッド推進しているから一見良さそうですけど、ハイブリッドは総合的に見て経済的とは言い難いのでその内に売れなくなります。エンジンとモーターと二つも動力系を持っている無駄の多い車でしかないので。最終的には動力系がモーターだけになる燃料電池(出力が足りないのでバッテリー併用になると思う)が来ると思うが、まだまだ時間がかかりそうだな。なんにせよ、自動車業界は今は体力勝負。実は、トヨタは次の世代の車には乗り遅れるんじゃないかなーと思っている。短期的には成功しているけど。

ま、もう製造業はほとんど伸びないですね。新しい何かを見つければちょっとだけ元気になりますが、基本は縮小傾向。

ITは、人が多すぎ。もっと減らさないと。あと、今までちゃんと教育してこなかったツケがかなり出ている。使いまわしの効かない技術者ばっかり。だから、効率化の名の下に、多分ばっさばっさと人が削られるはず。削られるのがどの辺かはわからない。個人的には、ノウハウをいっぱいかかえているベテラン技術者を削るのは愚の骨頂だと思うが、経営者はコストしか見ないので、コストの高いベテランを切る可能性も高い。ITの資産は人なのだが、私の感覚としては、人が資産だと思っているようには見えない。ま、結局は体力勝負ですな、こっちも。

※ベテラン技術者は新しい技術を覚えるのが苦手…とか言われてますけど、ちゃんと教育受けてきた技術者の人は新しい技術にも普通についてきます。何となくIT業界に入った人がついてこれていないだけです。

てなわけで。

これから伸びる業界なんてのを探すのは大変なので、これから落ち込みが少ない業界で活路を求める方が良いんだろうなぁ、きっと。

…インフラ系かな。

|

« ちょいと傾向の違うことをはじめたくて | トップページ | 昔の失敗を思い出せ!民主に大勝させてはいけない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45983427

この記事へのトラックバック一覧です: 景気は底を打っていない:

« ちょいと傾向の違うことをはじめたくて | トップページ | 昔の失敗を思い出せ!民主に大勝させてはいけない。 »