« 最近のアリは贅沢指向なのか? | トップページ | コミュニティ終焉時のパターン »

2009/07/11

フォーミュラニッポンRd.5鈴鹿に行ってきました

というわけで、フォーミュラニッポンRd.5鈴鹿を見てきました。

まぁ、参加台数が13台に減って、かなり寂しくなったフォーミュラニッポンですが、レースはレース。楽しみましょう。

というわけで、トピックをかいつまんで。

●F3
しばらく見ないうちに、力関係が変わってきていた。まず、開幕から調子が良かった関口雄飛の元気がなくなっていた。何か心境の変化があったのかなぁ?一応、走りは元気なのだが、今ひとつ結果につながらない。レースもスタートをミスってたし。なんかかみ合っていないなぁ…という印象を持った。
一方、絶好調なのが山本尚貴。決勝はしくじったけどね。まぁ、誕生日のレースを優勝で決めることは出来なかったが、速かったと思う。あぁ、でもスピンしたりとか空回りしてたな。誕生日にリザルトを出そうとして空ぶったかも知れない。こういう所で力んでしまうのは若い証拠か。

クラスCは相変わらずTOM'Sかと思っていたら、なんかレースになるとそうでもないようで。うーん、TOM'Sのドライバーはちょっと精神的に弱いのではないだろうか。まぁ、F3だからなぁ。その辺はまだまだ勉強が必要なんだと思う。予選では当然のように上位に来るんだけど、決勝でなんかばたばたしている。特に気になったのがTOM'Sのマーカス・エリクソン。TOM'Sの優勝請負人じゃなかったのかなぁ?なーんか、安定していない。日本人ドライバーの後塵を拝しているのが気になる。


●Vitz
何せ46台。Vitzでもこれだけ集まればなかなか面白いかも。とはいえ、これだけいると順位とか全然わからん。まぁ、これは参加して楽しむレースなので、観客席はどっちかというと蚊帳の外ですな。


●フォーミュラチャレンジ
…よくわからん。一応、三浦一樹が独走していたけど。特にこれ!というドライバーがいなかったなぁ。うーん、まだまだこれから?


●フォーミュラニッポン
ノックアウト方式の予選は意外と面白いのと、Q1,Q2,Q3で観戦ポイントを移動することが出来るのが良い。隙間が10分しかないので長距離は動けないけど。
で、やっぱり印象に残るのは塚越広大。これから先も期待できそうだ。松田次生もそろそろ復活してきたか?もう今シーズンのチャンピオンはかなりきついが、是非とも復活して欲しい。トップのロイック・デュパルと小暮卓史は、最小限のアタックでフロントローをもぎ取っていった。なんか、この辺のアタックのやり方はF1と似ているなぁ。中嶋監督の方針だろうか。星野率いるインパルは周回重ねていたので、余計差が気になった。実況のピエール北川さんも言っていたが、チーム方針が色濃く出た予選だった。ちなみに、結果論的には中嶋戦略が勝ち。でも、たった1回のアタックでタイムを叩き出さなければいけないプレッシャーはきつかっただろうな。


●新設のQ2席
実は、今回のフォーミュラニッポンから、新設のQ2席に入れるようになりました。
お薦めです。Q2席。
シケインが見やすい(席の位置が高いのでフェンスに邪魔されない)し、実は2コーナーからS字に入るあたりも見えるし(遠いけど)、ダンロップ出口~デグナー入り口まで見えるし、130Rの途中~シケインまでしっかり見えるし。

いや、もしかしたら1,2コーナー席よりも見やすいんじゃないか?これ。

てなわけで、シケインのQ2席、是非足を運んでみて下さいな。


●焼き肉ランチ
暑い中がんばっています。Q2席にお立ち寄りの際は、途中にあります焼き肉ランチも是非お買い求め下さいませ。
※回し者ではない


明日は決勝です。天気も良さそうなので気合いを入れて観戦してきます。

|

« 最近のアリは贅沢指向なのか? | トップページ | コミュニティ終焉時のパターン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45603164

この記事へのトラックバック一覧です: フォーミュラニッポンRd.5鈴鹿に行ってきました:

« 最近のアリは贅沢指向なのか? | トップページ | コミュニティ終焉時のパターン »