« デジカメ狂乱時代の終焉を感じる | トップページ | 七夕です »

2009/07/07

個説/詭弁に気をつけよう

ネット上の議論を見ると、かみ合っていないなぁ、と思うことが良くある。

理由は簡単。お互いに自分のことだけしかいわないから。他人の意見を聞こうとしない。とにかく自分にとって都合の良いところだけ反論し、都合の悪いことは無視する。

そんな調子でお互いにやり合うのだから、ヒートアップこそすれ、議論としてまとまるはずがない。

ネット上はともかく、身近なところでもこういう例は見られたりする。

例えば、喫煙問題。喫煙の反対派は、自分たちにとって都合の良いことばかり挙げて、喫煙をとにかく悪と決めつけようとしている。喫煙はそんなに悪いことか?わたしはそうは思わない。たばこは嗜好品の一つに過ぎない。身体に悪い?そんなこと言えば、他にも身体に悪い物はいっぱいある。そもそも、喫煙者は身体に悪いことなど百も承知だ。しかし、このストレス社会。たばこでも吸ってないとやってられないという状況を理解することも必要なのではないだろうか。

※ちなみに、わたしはたばこは吸いません。しかし、嫌煙者でもありません。

で、反対派の意見で良く聴くのが「マナーが悪い」という話。少なくとも、わたしの周りにいる喫煙者でマナーの悪い人は一人もいない。みんな、喫煙コーナーで細々とたばこを吸っている。見ていてこっちが申し訳なくなるぐらいだ。

もちろん、マナーの悪い人もいる。

ここで問題なのは、「一部のマナーの悪い人」をつかまえて、さも「たばこを吸う人全体のマナーが悪い」的な議論に持っていき、いつのまにか「たばこを吸うことがマナー違反」になってしまっている。いっていることがエスカレートしすぎる。

更に問題なのは、「わたしは気管支に障害を持っています。近くでたばこを吸われると体調が悪くなります。公共の場所でたばこを吸うということは、見知らぬ人に危害を加えていることになることを理解して欲しいのです。」という趣旨の発言。じっくり読めばわかるが、最初は個人的な事情を喋っているのに、いつの間にか、全体の話になっている。

とにかく規制派に言える特徴として、個々の事例(これについては反論できない)を持ち出し、それを元に一般論として規制すべきだと飛躍するところですね。

もちろん規制論者はここで論点の飛躍があることは十分に承知している(ように見える)。それだけにたちが悪いんですけどね。同じ論法で反論しても良いが、「それとこれとは話が違う」として話を聞かない。論点の飛躍を認めないのです。

つまり、議論が出来ない。そりゃ平行線になるわけだ。

困った話として、これ、別に喫煙問題に限った話ではないんですよね。皆さんの周りを見れば、こういう事例、嫌という程転がっていますよ。気付いていますか?

本来ならば、統計をとり、規制の裏付けをするのが筋。でも、筋を通すと矛盾点が浮き彫りになるので、こういう論法を取る人たちは、統計的なことは言わない。あるいは、調べようとしない。数字を出しても聞く耳を持たない。

こういった詭弁を使う奴等。どうにかならないもんですかね。

|

« デジカメ狂乱時代の終焉を感じる | トップページ | 七夕です »

コメント

タバコの近くにいるとどうしてもむせてしまう(体質的にあるのでしかたない)ので嫌ですが、貴殿の論法に対する指摘は良く的を得ていると毎回痛感します。
もっと的を得て僕も記事を書かなくては・・・と。

投稿: むらやん | 2009/07/08 00:57

ネットでの喫煙の話は基本的には感情のぶつけ合いであって、
当事者もそれを半ば望んでいるところもあるので、
お話の例としてはあまり適当ではないでしょうね。
私はこの記事は、筆者様の煙草に関する個人的な感想を述べていらっしゃるように読みました。
煙草で常に喫煙者以外の人が絡んでくるのは「他人が呼吸している場所での喫煙」という部分だけです。
これに関し、なんらかの、おそらくは冷静公平な議論が必要だとすればそれは、常に
「喫煙者がそこで吸わなければいけない理由」を問うこと、これだけです。
なぜなら、喫煙者は自分の意志と選択で煙草を吸い、受動喫煙の問題が発生するのもしないのも、その喫煙者次第だからです。
これは、健康被害だとかなんとかいうことでなく
特定の強い臭気を持つ煙、嗜好品、というものを考えれば、本来なら、そもそも議論などする必要も、非喫煙者の方々がやいのやいの言う必要もない話であることがおのずとわかります。
それと、私は最近ネットであなたの言うようなやり合いを読むようになりましたが、贔屓目に見ても、喫煙者側にこそ、詭弁の多いのが、少々不気味に思えます。なぜなら、私自身喫煙者ですし、周囲にも喫煙者は多いのですが、ネットで嫌と言うほど目にする喫煙者側の詭弁(税金、排ガス、迷惑お互い様だろ論等)のどれ一つとして
自分の考えとは違うしまた、周りの喫煙者の人とも違うからです。


投稿: マルボロマンタロウ | 2011/09/06 14:09

2年前のことなので書いた頃何を思っていたかが思い出せないのですが…

たばこバッシングが厳しくなったよなぁ…とは、最近も思っています。どうしたものだろうかと。

で、コメントいただいたとおり、双方詭弁が目に付きます。喫煙者・非喫煙者両方に極端なことを言う人が居て、そういう人が議論を変な方向に持って行っていると思っています。

そして、そういう極端な人は声が大きいように思っています。

まぁ、一部の人に全体が振り回されているんでしょうね。ネットが極端すぎるのかな。

投稿: おかだ | 2011/09/06 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45568121

この記事へのトラックバック一覧です: 個説/詭弁に気をつけよう:

« デジカメ狂乱時代の終焉を感じる | トップページ | 七夕です »