« SP-550UZを発掘 | トップページ | デジカメ狂乱時代の終焉を感じる »

2009/07/06

mamiのRADIかるコミュニケーションが終了するらしい

まぁ、わたしも聴かなくなってだいぶ経つのでなぁ。あんまりえらそうにコメントできるわけではないが。

なんというか、小森まなみの言動がだんだん耳につくようになってやめちゃったんだよなぁ、聴くの。

なんか、「声優を目指しているんです!」というハガキが定期的に読まれ、そのたびに「夢+努力=現実」とか無責任なこと言って背中押すのにうんざりしたっていうのが理由かな。

ヤスさんのコメントは(特に覚えていないが)そんなに気にはならなかったな。大人のコメントとして良かったと思う。それだけに、小森まなみのコメントが嫌だった。現実見ろよ。そんな甘い世界じゃないぞ、世の中は。そんな風に思うようになった。

自分は、ラジオを楽しんでいた頃とは変わってしまっていたのだろう。

一方、小森まなみは、全然変わらない。もしかしたら、この人の時間は若いときのまま、止まってしまっているのかも知れない。

まぁ、でも、小森まなみの甘さを求めていた人もいっぱいいたんだろうし、そういう意見が聞きたい人もいっぱいいたんだろう。だから、この番組は長寿番組として続いていたんだと思う。

残念な想いと、仕方ないという想いが半々。

多分、ローカル線が廃線になるというニュースを聞いたときと同じ心境。

廃線になるというニュースを聞いた途端に利用者が増えるというのは皮肉だと思うが、それはそれ。そういう理由でもない限り利用しないと言うことは、廃止するに足る理由なんですよ。

だから、このラジオ番組が終わるのもある意味仕方がない。

ちょっとだけ悲しいけど。

|

« SP-550UZを発掘 | トップページ | デジカメ狂乱時代の終焉を感じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45560205

この記事へのトラックバック一覧です: mamiのRADIかるコミュニケーションが終了するらしい:

« SP-550UZを発掘 | トップページ | デジカメ狂乱時代の終焉を感じる »