« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/30

アスラクライン12巻まで読んだ

感想を書く前に読み終わってしまいましたよ。アスラクライン、12巻まで。

色々と疑問を持つところもあるけど、なかなかに良いと思う。12巻まで来ると、色々と謎が明らかになってきて、クライマックスが近付いてきている巻がかなりありますね。とはいえ、展開次第ではまだしばらく続けられそうだったりするので、すぐに終わりとも言えないですが。

アニメも2期作成が決定しているし(まだ出ていない13巻ぐらいまでやるのかな?)、わりとお薦めですよ、これ。

たまりにたまった感想は近日中に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/29

BMWザウバーF1撤退

まぁ、FIAもマネーゲームに浮かれている場合ではないと言うことですな。

何もかも手遅れ。

レギュレーションとかサーキットの興行権とか、そんなのにうつつをぬかしていた結果だと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/28

けいおん!のBlu-rayをとらのあなで見かけた

とらのあなで、けいおん!のBlu-rayを見かけた。あぁ、もう発売日なのね…と思って、手にとって画像サイズを確認。

やっぱり、16:9 か。1080pとも書いてあるな。

何が言いたいかというと、テレビ放送は4:3だったのですよ。で、Blu-rayは16:9。他のアニメとかは普通に 16:9 で放送しているのに、なんでけいおん!だけ4:3なんだろうと疑問に思っていたのですが、こういうことだったのね。まぁ、テレビ放送で流したのをそのまま Blu-ray にせにゃあならんとは言いませんよ。でも、なんか釈然としない。

なんか、商売のやり方がえげつない。

そんな気がするのですよ。

まぁ、そんな文句を言いつつも何故か Blu-ray はお買い上げなんですけど。

実のところ、わたしの預金残高が底をつきかけてきたんですよ。ボーナス?VAIOのローン繰り上げ返済したら消えましたよ。とほほ。もう、豪快にアニメDVD/Blu-ray 買うことは出来なくなった…。お金は大事ですね…

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009/07/27

鈴鹿8耐に行ってきました

今年の8耐は、雨。しかもスコール。

正直、勘弁して欲しかった。

それはともかく。例によって楽しんでまいりました。レース結果を見ると、ヨシムラ勝利。まぁ、これが1番ですね。ヨシムラはレースファンに愛されていると思いますよ、本当に。そして、2位にはなんとトリックスター。いや、カワサキが2位に来たのはなかなかに嬉しい誤算。そして、3位には桜井ホンダ。ホンダは今回3位が精一杯。やっぱり、ワークスがいなくなったことが影響しているのだろうか…

てな感想を持ってしまいがちです。

しかし、実際はもちょっと複雑でして。

結局は、予算縮小のあおりを喰らってトップチームが1台体制と規模を縮小したのがこのレース結果の遠因になっているのではないかと思います。体制の縮小により、トップチームが上位を独占しにくくなった。また、スペアが無くなるので、1ミスが命取りになる。

で、これでうまく上位にこれたヨシムラ、トリックスター。逆にやられてしまったホンダ勢。これに尽きるのではないだろうか。

各チームを見ていこう。

優勝候補筆頭の FCC TSR ホンダ。秋吉がまさかの2ラップ目での転倒。トップを走っていたのになんでこうなるんだろうか…多分、秋吉の走りが切れすぎていたのではないかと思う。好スタートでホールショットを奪い、1周目から2位以下を引き離した秋吉の走りはすごかった。でも、転倒。秋吉は速いが安定しない。そして、転倒で壊れたバイクを修理すること20分弱。結局、なんだかんだで9lapも後れをとってしまった。この時点で普通だったらレース終了。しかし、ここからの追い上げがすごかった。なにせ、ドライ・ウェット関係なくものすごいラップを刻み続ける。そして、フィニッシュではなんと9位である。正直、この結果は驚いた。2周目での転倒が悔やまれる。とはいえ、今回の8耐で一番光っていた。ヨシムラが表の主役なら、影の主役は FCC TSR ホンダだろう。

HARC-PRO。ここは不運だった。何が不運かというと、トップ争いをしていたレース序盤に、バックマーカーの転倒に巻き込まれて転倒。バイクもかなり壊れてしまい、修理のためこれまた後退。序盤でのスピードを見ているとヨシムラと同じぐらい。このペースが維持できていれば、優勝はHARC-PROになっていたかも知れない。でも、レースは非情。失った時間は重かった。

ヨシムラ。手堅い。大きなミスもなく、淡々と走り続ける。耐久レースで一番必要なのはミス無く走りきること。そして、それを確実に実行したヨシムラ。取るべくして取った優勝だったのかも知れない。

トリックスター。大躍進。正直、2位チェッカーになるとは思っていなかった。もちろん、300kmからカワサキは何故か好調だったので、今回の活躍も全くわからないわけではない。とはいえ、混乱したレースをしっかりとミス無く走りきったのは大きい。ベテランライダーで固めていたのが大きかったのか。

…他は実はあまり印象が残っていなかったりする。

なんにせよ、ゴールの瞬間は非常に感動的。8時間かけてたどり着いたゴールには重みがある。この瞬間を味わうために、8耐に行くんだと思う。雨だろうが、晴れだろうが。

8耐は、やっぱり素敵だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/25

Zaurus 用に 1GB SD を買い込む

とりあえず、あと5年はZaurusで戦うつもりの自分としては、最近とみに供給量が少なくなっている 1GB SD カードのことが気がかりなわけです。

2GBでも良いだろうと思うかも知れませんが、標準状態の Zaurus で使える SD カードは 1GB なので、出来るだけ 1GB を購入したいのですよ。

というわけで、名古屋駅ソフマップにて、390円で発売していたハギワラシスコムの1GB SD を2枚ゲット。とりあえず、これでZaurusが天寿を全うするまで戦えそうだ。EBt がけっこう SD カードを酷使するので、念には念を入れたいという思いもあったりするし。

ちなみに、今使っているのは SL-C3000 ですが、予備機として SL-C1000, SL-C3200 を用意していたりします。実際には10年後も Zaurus を使っているだろうな、自分。

うーん、バッテリーの予備も確保しておいた方が良いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の8耐は多分雨

なかなかがっかりしています。いや、8耐はここんとこずっとレース中に雨にたたられているのですが、今年はレース中ずっと小雨模様になりそう。

カメラどうしようかなぁ…まぁ、持っていくけど。EOS 持っていくのはやめようかなぁ…(悩)。

まぁ、天気ばっかりはどうしようもないですからねぇ。

それにしても、今年は梅雨が明けるのが遅くありませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/24

ポートメッセでやるガンダムのイベントはあきらめました…

明日、気が向いたら、ポートメッセでやる「生誕30周年祭 in NAGOYA ガンダム THE FIRST~未来創造の世紀へ~」に行こうかと思っていたのだが…

ものすごい人出らしいですね。

なんか、もうあきらめましたよ、わたしは。金曜日で劇混みと言うことは、土日はもう阿鼻叫喚の地獄絵図が展開されることは火を見るよりも明らか。

…タムラ料理長の”塩が足りない”特別メニューが食べたいんだけど、あきらめます。

しかし、ガンダムのファンがこんなにいるのが意外。というか、みんな隠れていただけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/23

権利と権利の狭間で

権利というものは、なかなかに難しい。権利がある/ないといった単純な問題だったら話は簡単なのだが、大抵の問題は権利と権利のぶつかり合いである。

その場合、どうなるのか?

権利と権利がぶつかるとき、醜い争いが起こる。で、紆余曲折の上に決着するのだが、その決着は大抵しこりが残る。でもまぁ、決着しないケースに比べればマシではあるが。

決着するとき、片方の権利者が一方的に勝利することはまれで、大抵、お互いに引いたところに妥協点を見つける。そうしないと、一方的に譲歩した(させられた)側が納得できないので。

しかし、一方的に譲歩させられるケースもある。片方の権利者が強いときなどにありがち。そうなると反発を招き、その問題については解決するが、新たな問題の火種になったりする。

結局、すべての権利者が納得することは無理なんだろうと思う。だから、どこか適当なところで譲歩したり、折り合いを付けるべきなんだと思う。

で。

何故にこんなことを突然書いたかというと、最近、権利を振りかざすケースがやたらと目につくからなのですよ。今までは、自分の権利と、相手の権利、両方を考えて主張したり引いたりしていたような気がする。でも、最近は、「自分の権利」ばかり主張して、相手の権利を無視しているとしか思えないケースが非常に目につくのです。バランス感覚がなくなったのかなぁ。あるいは他者への思いやりを持てなくなったのか。

人間が欲深くなってきたのかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/22

E-P1雑感

うむ、だいたい使い方がわかってきたぞ。

てなわけで、E-P1 を検討している方向けの注意事項などをいくつか。

●いわゆるデジタル一眼レフの代わりとして考えてはいけない。
 何を言いたいかというと、基本的には、E-P1 はコンパクトカメラの進化形である。デジイチっぽい外見をしているが、動作はコンパクトカメラのそれに近い。
 具体的に何が問題か?それは、シャッターラグがひたすらに大きいのである。もちろん、半押し→全押しのラグは小さい。だが、半押しでフォーカスが決まるまでの時間が長いのだ。まぁ、AFの方式が違うので仕方がない。とはいえ、デジイチを想像していると、これはとても長く感じる。だが、基本的に、マイクロフォーサーズはレンズ交換の出来るコンパクトカメラである。そう考えれば、これぐらいのシャッターラグは素直に受け入れられる。
 ま、冒頭にも書いたが、デジタル一眼レフをイメージしてはいかんですよ。そういう人は、素直にデジイチを買うべきだ。自分の欲しいカメラはなんなのか、ちゃんと考えて買いましょう。

●じっくりと写真を撮りたい人向け
 いわゆるコンパクトカメラの延長線上にあるカメラなので、枚数を稼ぐような写真の撮り方は向いていない。確かに、連続撮影はそこそこの速さで撮れるが、ぶっちゃけライブビューが止まるのであんまり嬉しくない。その代わり、じっくり撮る人向けの機能は満載だったりする。
 これも、自分の撮影スタイルを考えて、合っているかを確認しましょう。

●もちろんコンパクトカメラと比べると使いやすい
 まぁ、比較対象が SP-550UZ とか FinePix F50fd だったりするが、それらに比べれば使いやすい。ような気がする。ボタンが多いし、何かをやろうとしたときの操作回数が少ない。つまり、撮影に集中しやすい。覚えないといけない点が多いのはちょっとマイナスかも知れないが、確かに必要な機能が各ボタンに割り振られているので、撮影時にすごく便利だ。
 まぁ、これもじっくり写真を撮るときの利点なのだが。

●ぶっちゃけコストパフォーマンスは悪い
 コンパクトカメラの延長と考えるのであれば、13万円は高い。かなり趣味性の高いカメラだ。もちろん、しっかりとした作りで、そんじょそこらのコンパクトカメラと比較しちゃあ失礼だ。PENの名前を継いだだけのことはある。コンパクトカメラの高級機。そう考えるのが良いような気がする。何度も書くが、一眼レフをイメージしてはいかんですよ。

●総じて
 個人的には良いカメラだと思う。だが、このカメラの立ち位置を考えずに買ってはいけない。
 まぁ、カメラに対してこだわりがなければ、欠点はあまり気にならないだろうが、逆に E-P1 である必要性もない。
 こだわりがあるならば、こだわりの方向性で決めるべきだと思う。すべての用途に対してオールマイティに対応できるカメラは今のところ無い。一眼レフはでかいし、コンパクトカメラは色々制限が多い。E-P1 は両方のいいとこ取りをしたと考えると良いカメラのように見えるが、どっちつかずの中途半端なカメラという見方も出来る。で、それをどう思うかは正直個人差だ。カメラに対するこだわりの方向によって、良くも見えるし悪くも見える。

なので。

●個人的な結論
E-P1 はコンパクトカメラの高級版と思って買うべし。デジタル一眼レフをイメージしてはいけない。

デジイチが欲しいんだったら、E-520あたりが値崩れしていて手頃になっているのでそっちに向かう方がよい。


わたし?大体想像通りのカメラだったので「うむ」という感じですが。FinePix F50fd では物足りないが、EOS20Dではちょっと物々しすぎると思っていたので、E-P1は隙間にすっぽりと入ってきた感じですね。スピードが欲しいときはEOS20D, コンパクトに行きたいときは FinePix, 両極端だったので、E-P1 が一番出番が多くなりそうな気がする。

かわいそうなのが SP-550UZ だな。高倍率ズームを手軽に持ち運びたいとき以外の出番がない。

…何台カメラ持ってるんだよという突っ込みは却下の方向で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/21

E-P1入手っ!

E-P1が入荷したという連絡があり…今日の仕事帰りに引き取ってきました。

うふ。

うふふふふ。

でも、今日は触る時間がないので内容物を確認して終わり。例によってマニュアルが分厚い。で、一応機能は一通り理解したいので、頭から終わりまで読まないといけないのかぁ。最近のカメラはタダでさえ機能満載だから結構きついなぁ。

…がんばろう。

で、今日は充電池を充電しつつ終わるのであった。

今週末はカメラ片手にうろつくかな。しかし、レンズの使い分けが難しいな、これ。とりあえずパンケーキ付けてうろつくか。ズームになれた自分にはこれぐらいの枷をはめた方が良いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/20

久しぶりにツーリングに行く

まぁ、久しぶりだから、あまり距離走らないように…というわけで、ちょっとセーブ気味に200kmほど走ってきました。

で、今回のツーリングの目的は、久しぶりに走る以外に、「車載カメラをチェックする」というのがあります。てなわけで、DV130をGorillapod で固定してちょっくら走ってきました。

結果:割と良い感じ。

もちろん、振動はかなりあります。なので、正直 DV130 みたいな「可動部分がほとんどないやすいビデオカメラ」以外をバイクに付ける気にはなりません。車載カメラをやりたい方は、壊れることを覚悟の上やって下さい。あと、Gorillapod がそもそもがっちり固定できないので、走行中の画面の揺れはどうしようもありません。あと、風切り音がやっぱりひどいです。でもまぁ、エンジン音は聞き取れます。なので、「あぁ、ここでギア選択失敗したんだよなぁ」とか、あとから反省できます。orz...

などなど、悪い点を書いていますが…

走ったときのイメージが思い出せるのはとっても良いですね。映像に合わせて身体を左右に傾ける自分に気がついたときには思わず失笑してしまいましたよ。

てなわけで、都合1万円もかからずに車載カメラが作れますので、興味のある方は試してみるのも一興かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/19

というわけで、お台場ガンダムの写真を少々。

誰も待っていないが、自己主張で書いてしまうこの記事。お台場ガンダムの写真です。

まず最初に。

P7180376

ガンダムは ALSOK 綜合警備保障株式会社による管理の下、公開されています。

じゃ、行こうか。

まず、一つ目。

P7170037

金曜日、土曜日と行ってきたのですが、両日とも冗談のような人出。日本は今日も平和です。まぁ、金曜日よりも土曜日の方が人出は多かったのですが(当然)、金曜日の夜に、会社帰りとおぼしきカメラを持ったサラリーマンが大挙して押し寄せてきていたのが印象的でした。まぁ、気持ちはわかるぞ。あと、みんなカメラに気合いが入っています。わたしは機動性優先で SP-550UZ を持っていったのですが、まぁ、三脚+デジイチは全然珍しくありませんでしたね。暗いから確かに三脚は必須。やはり、昼のガンダムとライトアップされたガンダムの両方を見ておくべきでしょう、これは一つ。

P7170077

別にビルの方向に敵がいるわけではない。

P7170183

ライトアップされたガンダムは、なかなか良かったですよ。こういうのもアリですな。なんか、夜中に整備を受けていたりするとこういう感じなんじゃないだろうかという気がする。

P7180243

ちょい下から。ありがちなアングル。

他にも写真はいっぱいあるが、全部載せたらえらいことになるのでこの辺で。

もちょっと青空だったらなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/18

お台場ガンダムで見かけた光景

えーと、行ってきました。お台場実物大ガンダムを見に。

で、撮りまくった写真については後日公開しますが、お台場で見つけたほほえましい光景について。

シャアが、グッズショップの待ち行列にならんでいました。

うん、なかなかシュールで良いぞ。

なかなかガンダムの出来が良いので、ご用とお急ぎでない方は、是非お台場まで。これが、8末までというのはもったいない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/16

今日は一言だけ。

他人を認めることが出来ないのは、精神的に未熟だと思うよ。

わたしが精神的に成熟しているかというと、まだまだなところはあるが。それでもね、見ていて「うわぁ」と思う人がいっぱいいる。

世の中、100人いれば100通りの考え方がある。だから、自分の意見と全く反対の意見を持っている人がいても不思議じゃない。

それがわからん人がいっぱいいるんですよ。

なんだろうね、自分の絶対正義を信じて、違う意見を持つ他人を攻撃する人たちって。なんか、えらそうなこと言っているけど、要は自分と違う意見認めたくないだけ。

議論はお互いの立ち位置を認めてはじめて成り立つものなんじゃないのか?

まぁ、一歩間違えば天に唾吐くような記事なので、もしかしたら自分もあかん所があるやもしれん。でもね、目に余るのですよ、本当に。

この世の中に理想郷なんかある筈無いのに。

まぁ、全員同じ考え方の理想郷なんてものがあったとしても、わたしは不気味で嫌ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/15

マクロスファンなら買うべきだろう

というわけで、買ってきました。

VARIABLE FIGHTER MASTER FILE VF-1 VALKYRIE

お値段、2500円+税。

マクロスって、歌とメカ、両方があってこそはじめて成り立つものだと思っている。で、歌の方はさておき、メカの方を思いっきりピックアップして作った本がこれ。

マクロス世代であるわたしは、当然のように購入。

…すげーや。ここまで徹底的に解説した本が出るとは。まぁ、ガンダム系もものすごい設定の細かさだが、マクロスもここまでやると本当にすごいな。

とにもかくにも。

マクロス世代の人ならば間違いなくお薦め。問題はちょっと高いことだが、これぐらいは我慢しよう。

不安?大丈夫。VF-1が好きな人だったら、買っても後悔はしないから。マクロス・クロニクルより、こっちの方が断然お薦めだと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/14

全くもって理解できない

深夜アニメ見る人なんて決まっているのに…

なんで木曜深夜に各局集中して放送するかなぁ。少ないパイ奪い合うんじゃ無くって、別の曜日にシフトすればいいのになんでやらないんだか。

ま、他の番組の法が優先度が高いだけなんでしょうけどね。どうせアニメ見るのなんか少数派だ…

それはともかく。

木曜日深夜に番組が集中していて頭が痛い訳なのですが、どうしたもんですかね。

やはり、切るしかないか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/13

まずい、まずいぞ。

東京都議選、ある程度予想通りなのだが、民主党が躍進した。というか、大勝した。

まずい、まずいぞ。

何がマズイか?別に自民でも民主でもどの政党でも同じなのだが、一つの政党に票が集まるのは良くない。この前、自民に安定多数を与えてしまったおかげで政治が暴走した(数の論理で押し切った)のを忘れてしまったのか?

わたしの個人的な信条だが、2大政党になってはいけないと思っている。できるだけ、政党が乱立し、一見混乱している方が、実はバランスが取れて良い。そんな考え方だったりする。(2院政だから、それぞれ第1党が違うのが理想)

異論があるのは百も承知。

まぁ、連立政権を作られたらどっちにしろあまり関係ないが。

この辺のバランス感覚、最近鈍くなってきているような気がする。うーん。

民主が躍進しているから自民に入れろという気は毛頭ありませぬ。ていうか、自民か民主化の2択を迫っている時点で間違っている。

第3の選択がなぁ…共産党なんだよな、現状。しかも、困ったことに共産党が言っていることが一番まともだったりする。でもなぁ、共産党が首長になった自治体がことごとく混迷したことを考えるとなぁ。

自民にも、民主にも、共産にも入れたくないんだが、ここ以外だとほぼ間違いなく死票になるんだよなぁ。

そろそろ選挙も近いので、そろそろ本気で考えねば。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/12

フォーミュラニッポンRd.5鈴鹿(決勝)に行ってきました

というわけで、行ってきました。フォーミュラニッポン Rd.5 in 鈴鹿。冗談のように晴れた天気でかなり観戦はきつかったですが、今回も楽しめました。

てなわけで、例によって簡単なレースレポート。

●フォーミュラチャレンジジャパン
三浦和樹独走。なんというか、ポールスタートで、そのまま大差を付けてフィニッシュというのは、やっぱり参加ドライバーの中でも突出した技量を持っているんだろうなぁ。予選で上位について、決勝でも安定して速い。ファーステストも叩き出す。
三浦和樹という名前。覚えておいても損はないかも知れない。

●F3
マークス・エリクソンが優勝。まぁ、妥当と言えば妥当。TOM'Sが1,2,4位というのは、今のF3の力関係を考えればそんなもんかなと思う。まぁ、国本雄資がミスで後退したが、最終的に4位までカムバックしてくるあたりTOM'Sのドライバーは強いんだろう。

実はCクラスよりも面白いNクラス。こちらは色々個性のあるドライバーがいて面白い。山本尚貴は、昨日の雪辱を果たすクラストップフィニッシュ。速いドライバーなんだろうなと思う。

シーズン序盤は絶好調だった関口雄飛だが、今回もぱっとせず。いや、攻めているのは見ていてわかる。かなり無理して走って、序盤は積極的にオーバーテイクしていた。でも、中盤から失速。一気に3台に抜かれてからは、あまりぱっとしたところもなくレース終了。何かが足りない。でも、それはなんだろう?

●フォーミュラニッポン
ようやくOTSが使われる瞬間を見ることが出来ましたよ。まぁ、確かに面白くなるよな、OTSは。

場内放送でも言っていたのだが、OTSは基本的にリミッターにかかってしまうところでそれを解除するのに使うものらしい。というわけで、リミッターが効いてしまう表ストレート辺りが一番使い出があるらしい。裏ストレートで使うというのもアリだが、130Rにオーバースピードで突入するわけにもいかんので難しそうだ。実際にレースを見ていたら、シケインでのオーバーテイクで使っているケースが結構あった。まぁ、OTS使ってもオーバーテイクできないことはままあるわけですけどね。
OTSは難しいですね。レース終盤になって、使用回数が余ったOTSをばんばん使ってタイム出しているドライバーもいたけど。ちなみに、上位のマシンはそもそも使っていませんでした。そりゃそうだわな、使わないわな。

で、各ドライバーについて(気にしていたドライバーだけだよ)。

・ロイック・デュパル
棚ぼたの優勝。小暮のトラブルがなければ2位だった。でもまぁ、これもレース。こういうチャンスでしっかり優勝するのも強さだ。その点、ロイック・デュパルは強いと思う。しかし、小暮に先行されたあと、淡々と小暮の後ろを走っていくのがちょっと気になった。小暮のペースが良かったのかも知れないので何とも言えないが、なんか、守りに入っているように見えた。まぁ、チームメイト同士でつぶし合うよりは、堅実な2位入賞狙いになるのもわからんでもない。悪くはないが、もちょっとアグレッシブなところも見たかった。

・小暮卓史
今回一番かわいそうだった。スタートでトップになり、レース終盤までトップを快走。もう優勝が確実と思われたところでトラブル。ギアが変わらなくなった。これは、コース脇からレースを見ていてもわかるぐらいに大変そうだった。ギアがスタックしたらしい。ずっと同じギアで走り続けていた。
まぁ、それでも運がなかったわけではない。ギアがスタックしてから数周後、何故か元通りシフトが出来るようになっていた。おかげで、ブノワにパスされることなく、2位でフィニッシュできた。
優勝できるはずのレースを逃したのは間違いなく残念だが、その中でも2位でゴールできたのは良かった。シーズン終盤でこのポイントが効いてくるかも知れない。
余ったOTS使ってファーステスト叩き出したあたりに、小暮の維持を感じた。

・ブノワ・トレルイエ
淡々と走っていたなぁ。

・松田次生
空回りするチャンピオン。スタートのフライングでペナルティを喰らい、ピットストップでタイムをロスし、ファイナルラップで国本京祐と絡んでリタイア。
なんというかなぁ、すごく焦っているように見える。どうも、今年から導入された新しい車にドライブスタイルを合わせられないというのが原因らしいが。
しかし、予選で上位に入ったのにこの結果。本人もやりきれないだろう。松田の苦悩はまだまだ続きそうだ。

・塚越広大
スタートのペナルティがすべてだったような気がする。今のフォーミュラニッポンでは、1回でもドライブスルーペナルティを喰らったら、上位進出は無理だ。ペナルティを喰らっていなければ面白かったのだが。
こんなことを書くと「レースに『たら』『れば』はありません」とかいう空気の読めない奴が出てくるから嫌なんだが。
ペナルティを喰らわなかったら、表彰台も狙えただけになぁ。


●その他
今回、Q2席に居座ってレース観戦しました。うん、Q2席は良いですね。これは、良い席だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コミュニティ終焉時のパターン

なんとなくね。一応、書きたくなったので書いてみる。

ネット上とかに、コミュニティがいっぱいありますよね。パソコン通信の頃から、コミュニティはたくさん生まれて消えていっているわけです。で、コミュニティが終わりはじめるときにはパターンがあるような気がするのです。

一応、こうなると終わりだな…と思うのは。

1)空気をぶちこわす新参メンバが入ってくる
2)古参メンバがいなくなる

まぁ、結局、コミュニティってのは、何となく不文律があるんですよ。で、その不文律を守って、みんな楽しくやっていると。でも、その空気ってのは、簡単に壊せるんですよね。困ったことに、コミュニティが長いこと続くと、そういう人がやってきたりする。で、良く発言するメンバが入ったと言うことで最初は歓迎されるのですが、やがてその人が色々なルールをぶちこわしていく。

そうなると、古参メンバーはいなくなるんですよね。文句を言って場を荒らすよりは、黙って立ち去る人が多い…経験則上の話なので、一般的にどうかは知りませんが。

で、古参メンバーがすくなくなると、コミュニティは廃れていくわけです。コミュニティは多数の人間が参加しているから良いのです。メンバーがいなくなるということは、そのコミュニティに魅力がない(無くなった)という訳なんですよ。

まぁ、そういう人が入ってきた時点で、コミュニティの寿命が来ているんでしょうね、きっと。新しいコミュニティを作って、そこに引っ越すのが良いのかも知れない。

そんなパワーもなく、消え去っていくケースの方が多いのですが(これも経験則)。

…mixi の EBt のコミュニティは、そもそも活発になったことがないので、こういう悩みとは無縁ですが(あーぁー)

閑話休題。

わたしは、せめてコミュニティの破壊者にはならないように心がけたいと思います。わたしも空気読むのが下手な人間なので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/11

フォーミュラニッポンRd.5鈴鹿に行ってきました

というわけで、フォーミュラニッポンRd.5鈴鹿を見てきました。

まぁ、参加台数が13台に減って、かなり寂しくなったフォーミュラニッポンですが、レースはレース。楽しみましょう。

というわけで、トピックをかいつまんで。

●F3
しばらく見ないうちに、力関係が変わってきていた。まず、開幕から調子が良かった関口雄飛の元気がなくなっていた。何か心境の変化があったのかなぁ?一応、走りは元気なのだが、今ひとつ結果につながらない。レースもスタートをミスってたし。なんかかみ合っていないなぁ…という印象を持った。
一方、絶好調なのが山本尚貴。決勝はしくじったけどね。まぁ、誕生日のレースを優勝で決めることは出来なかったが、速かったと思う。あぁ、でもスピンしたりとか空回りしてたな。誕生日にリザルトを出そうとして空ぶったかも知れない。こういう所で力んでしまうのは若い証拠か。

クラスCは相変わらずTOM'Sかと思っていたら、なんかレースになるとそうでもないようで。うーん、TOM'Sのドライバーはちょっと精神的に弱いのではないだろうか。まぁ、F3だからなぁ。その辺はまだまだ勉強が必要なんだと思う。予選では当然のように上位に来るんだけど、決勝でなんかばたばたしている。特に気になったのがTOM'Sのマーカス・エリクソン。TOM'Sの優勝請負人じゃなかったのかなぁ?なーんか、安定していない。日本人ドライバーの後塵を拝しているのが気になる。


●Vitz
何せ46台。Vitzでもこれだけ集まればなかなか面白いかも。とはいえ、これだけいると順位とか全然わからん。まぁ、これは参加して楽しむレースなので、観客席はどっちかというと蚊帳の外ですな。


●フォーミュラチャレンジ
…よくわからん。一応、三浦一樹が独走していたけど。特にこれ!というドライバーがいなかったなぁ。うーん、まだまだこれから?


●フォーミュラニッポン
ノックアウト方式の予選は意外と面白いのと、Q1,Q2,Q3で観戦ポイントを移動することが出来るのが良い。隙間が10分しかないので長距離は動けないけど。
で、やっぱり印象に残るのは塚越広大。これから先も期待できそうだ。松田次生もそろそろ復活してきたか?もう今シーズンのチャンピオンはかなりきついが、是非とも復活して欲しい。トップのロイック・デュパルと小暮卓史は、最小限のアタックでフロントローをもぎ取っていった。なんか、この辺のアタックのやり方はF1と似ているなぁ。中嶋監督の方針だろうか。星野率いるインパルは周回重ねていたので、余計差が気になった。実況のピエール北川さんも言っていたが、チーム方針が色濃く出た予選だった。ちなみに、結果論的には中嶋戦略が勝ち。でも、たった1回のアタックでタイムを叩き出さなければいけないプレッシャーはきつかっただろうな。


●新設のQ2席
実は、今回のフォーミュラニッポンから、新設のQ2席に入れるようになりました。
お薦めです。Q2席。
シケインが見やすい(席の位置が高いのでフェンスに邪魔されない)し、実は2コーナーからS字に入るあたりも見えるし(遠いけど)、ダンロップ出口~デグナー入り口まで見えるし、130Rの途中~シケインまでしっかり見えるし。

いや、もしかしたら1,2コーナー席よりも見やすいんじゃないか?これ。

てなわけで、シケインのQ2席、是非足を運んでみて下さいな。


●焼き肉ランチ
暑い中がんばっています。Q2席にお立ち寄りの際は、途中にあります焼き肉ランチも是非お買い求め下さいませ。
※回し者ではない


明日は決勝です。天気も良さそうなので気合いを入れて観戦してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のアリは贅沢指向なのか?

レース観戦中に。

間違えて地面に落としてしまったご飯粒にアリが群がっていた。おぉ、仕事熱心だな…と思い、レースを見ながら観察していた訳なのですが。

参考:落としたご飯粒は焼き肉ランチのたれがいっぱいかかった物でした

で、しばらくしたら、アリがいなくなりました。おぉ、ご飯粒が片付けられたか…と思って見たら、タレだけ綺麗に吸って、ご飯粒は放置状態でした。

…贅沢者め。

まぁ、所詮そんなもんだわな、世の中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/10

最近発掘した懐かしい製品

IrStick を見つけた。

すごく懐かしい。これを使って赤外線通信とかしたよなぁ。

そういえば、いつの間にか Windows から赤外線通信機能が消えたなぁ。

ちなみに、一緒に見つけたこれも懐かしい製品。

16MB のSDメモリーカード。

…EBt のデータも入りきらないぜ。どうしたもんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

F1鈴鹿で毎年開催とはうまくいかないらしい

韓国と交互開催になる危険性が…

嫌だなぁ。そもそも、韓国でやって客来るのかなぁ。モータースポーツが根付いているようには見えないけど。あぁ、興行主はサーキットに客が入らなくても構わないもんな。契約金さえもらえれば。

最近のF1は腐ってるなぁ。やっぱり、F1から一斉に離脱して、新しいシリーズ立ち上げるべきだと思うよ。今のF1に明るい未来は無さそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sleipnir から Firefox に乗り換えました

Sleipnir が OS を巻き込んで数十秒~数分のフリーズをするようになってからかなり経つ。

IE8を入れると治るとか、FlashPlayer のバージョンが…とか色々あったので試してみたのだが、どれも効果無し。

いい加減嫌気が差してきたので、Sleipnir を使うのをやめました。

で、今日から Firefox に鞍替えです。Sleipnir に比べると軽い。まぁ、右クリック+ホイールでタブ切り替えが出来ないのがちょっと面倒だったりするが、この辺は多分慣れだと思う。なんというか、細かいところの詰めはやっぱりSleipnirの方がうまいこと出来てますね。フリーズ問題がなければ Sleipnir 使い続けていたんだけどなぁ…

まぁ、Sleipnir も近々バージョンアップがあるらしいですが、それまで我慢するのも嫌だからなぁ。

しっかし、OS巻き込んでしばらくフリーズする問題をどうにかしないと、Sleipnir 危ないと思うんだけどなぁ。XPでしか起こらないのかなぁ。よくわからん。結構でかい問題だと思うのに。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/08

新疆動乱で思う

動乱と書いてはいけないのかな?辞書によると、こんなことを書いてある。

どうらん【動乱】〈名〉 (1)世の中が大きくみだれること。「―期」[類]騒乱(そうらん) (2)[あまり規模(きぼ)の大きくない]戦争。「朝鮮(ちようせん)―」[類]兵乱・戦乱

まだ争乱ではないから、動乱で良いと思うのだが。

それはともかく。

昔、このblogで、中国は内に向かって崩壊するか、外に向かって暴走するかどっちかになるだろうと書いた(これ)。で、どうやら中国は内に向かって崩壊する方向を選ばざるを得なくなったようだ。

チベットの動乱がどうなったのかは何故か続報が来ないのでわからない。が、新疆ウイグル自治区の動乱は、チベットかそれ以上に中国にとって頭の痛い問題だろう。

そろそろ、中国という国を維持するのが難しくなってきている。それを誤魔化すために侵略への道を歩み始めるのではないかと思っていたのだが(敵を作れば国内はまとまる)、中国政府が思っている以上に、地方の政府への反感は強いようで。

そもそもなぁ、中国は1枚岩の国じゃないんだよな。中国の歴史って、中国内の民族の覇権争いの歴史でもあるし。で、残念ながら、長続きしない。どこかの民族が支配すると、必ず他の民族を虐げる。で、虐げられた民族が政権を倒す。で、新しい国が出来る。これをひたすら繰り返しているんだよな、中国って。

共産党は、漢民族なんだっけ?でも、この辺考えると台湾とかも出てくるから難しいんだよなぁ。

なんにせよ、共存共栄の道を選べない(選ばないのか?)以上、不満が爆発するのは時間の問題なんですよね。これが一昔前だと、そんな内戦を始めた途端に諸外国に侵略されたりする訳なのですが。最近は戦争しても実はあんまりおいしくないことがわかってきたのでその辺はまだ余裕がありますね。

しかしなぁ。民族問題、貧富の格差、経済。他にもあるだろうな、きっと。これら問題をうまいこと片付ける能力が今の中国にあるかなぁ。そろそろ一党独裁は難しくなってきている筈なんだけどなぁ。

思ったよりも早く中国が危ないことになりそうだな。

ちなみに…

1)中国が内戦状態になる
2)北朝鮮でクーデターが起こる
3)韓国が経済破綻する

どれが一番最初に起こると思いますか?(決めつけた書き方してるなぁ)

いや、もちろん、これ以外の可能性も山ほどあるんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/07

七夕です

短冊に何を願うべきか?なんか既に色々終わっている自分としては…

不労所得がありますように

とか、そんなことを短冊に書いてしまいそうで。夢も何もないですな。

やっぱり、こういうのは夢があるから良いんですよ。

夢?…汚れちまったな、自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個説/詭弁に気をつけよう

ネット上の議論を見ると、かみ合っていないなぁ、と思うことが良くある。

理由は簡単。お互いに自分のことだけしかいわないから。他人の意見を聞こうとしない。とにかく自分にとって都合の良いところだけ反論し、都合の悪いことは無視する。

そんな調子でお互いにやり合うのだから、ヒートアップこそすれ、議論としてまとまるはずがない。

ネット上はともかく、身近なところでもこういう例は見られたりする。

例えば、喫煙問題。喫煙の反対派は、自分たちにとって都合の良いことばかり挙げて、喫煙をとにかく悪と決めつけようとしている。喫煙はそんなに悪いことか?わたしはそうは思わない。たばこは嗜好品の一つに過ぎない。身体に悪い?そんなこと言えば、他にも身体に悪い物はいっぱいある。そもそも、喫煙者は身体に悪いことなど百も承知だ。しかし、このストレス社会。たばこでも吸ってないとやってられないという状況を理解することも必要なのではないだろうか。

※ちなみに、わたしはたばこは吸いません。しかし、嫌煙者でもありません。

で、反対派の意見で良く聴くのが「マナーが悪い」という話。少なくとも、わたしの周りにいる喫煙者でマナーの悪い人は一人もいない。みんな、喫煙コーナーで細々とたばこを吸っている。見ていてこっちが申し訳なくなるぐらいだ。

もちろん、マナーの悪い人もいる。

ここで問題なのは、「一部のマナーの悪い人」をつかまえて、さも「たばこを吸う人全体のマナーが悪い」的な議論に持っていき、いつのまにか「たばこを吸うことがマナー違反」になってしまっている。いっていることがエスカレートしすぎる。

更に問題なのは、「わたしは気管支に障害を持っています。近くでたばこを吸われると体調が悪くなります。公共の場所でたばこを吸うということは、見知らぬ人に危害を加えていることになることを理解して欲しいのです。」という趣旨の発言。じっくり読めばわかるが、最初は個人的な事情を喋っているのに、いつの間にか、全体の話になっている。

とにかく規制派に言える特徴として、個々の事例(これについては反論できない)を持ち出し、それを元に一般論として規制すべきだと飛躍するところですね。

もちろん規制論者はここで論点の飛躍があることは十分に承知している(ように見える)。それだけにたちが悪いんですけどね。同じ論法で反論しても良いが、「それとこれとは話が違う」として話を聞かない。論点の飛躍を認めないのです。

つまり、議論が出来ない。そりゃ平行線になるわけだ。

困った話として、これ、別に喫煙問題に限った話ではないんですよね。皆さんの周りを見れば、こういう事例、嫌という程転がっていますよ。気付いていますか?

本来ならば、統計をとり、規制の裏付けをするのが筋。でも、筋を通すと矛盾点が浮き彫りになるので、こういう論法を取る人たちは、統計的なことは言わない。あるいは、調べようとしない。数字を出しても聞く耳を持たない。

こういった詭弁を使う奴等。どうにかならないもんですかね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

デジカメ狂乱時代の終焉を感じる

いつの間にか、デジカメの売り場が小さくなった。いや、小さくなったと言うよりは、フィルムカメラの頃の規模に戻りかけてきていると言うべきか。なんにせよ、一時期のそこら中で売っているという状況を思い出すと、あまりの衰退加減にかなりしょんぼりする。

まぁ、急激に広がってしまいましたからねぇ。

携帯電話にカメラがついているけど、これが原因でカメラが売れなくなっているとはあんまり思っていない。まぁ、手軽に写真が撮れると言うことで、携帯のカメラ自体は広がっているけど。携帯のカメラ使っている層は、昔だったらカメラを使っていなかった層だと思う。

てなわけで、まぁ、バブルがはじけて元のマーケットに戻ったかなと。

高画素化も一段落したし、機能にしてもほぼ飽和状態だし。低価格化の波も一段落したし。

あとは、ぼちぼち売れていくのでしょう、きっと。わたしみたいにカメラ使い潰すバカもいれば、普通に壊れて買い換えたりとか、節目で買ったりとか。まぁ、フィルム時代と一緒。

個人的に思うのは、消費者は賢いということ。デジカメは「フィルムカメラに比べてメリットがあった」のでバカ売れしたと思っている。で、今は「今持っているデジカメに比べてメリットがない」ので売れていない。

同じこと、そこら中でありますよね。「DVDに比べてメリットがない」から Blu-ray は売れていないし(高画質ということにお金を払うだけの価値がない)、「今の車を乗り換えるメリットがない」から車は売れないし。パソコンも、「今あるので充分」だから売れないし市場は飽和気味だ。

市場が成熟しちゃえばこうなるのはしょうがない話なんだけど。

まぁ、新しいことを見つけないといけないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/06

mamiのRADIかるコミュニケーションが終了するらしい

まぁ、わたしも聴かなくなってだいぶ経つのでなぁ。あんまりえらそうにコメントできるわけではないが。

なんというか、小森まなみの言動がだんだん耳につくようになってやめちゃったんだよなぁ、聴くの。

なんか、「声優を目指しているんです!」というハガキが定期的に読まれ、そのたびに「夢+努力=現実」とか無責任なこと言って背中押すのにうんざりしたっていうのが理由かな。

ヤスさんのコメントは(特に覚えていないが)そんなに気にはならなかったな。大人のコメントとして良かったと思う。それだけに、小森まなみのコメントが嫌だった。現実見ろよ。そんな甘い世界じゃないぞ、世の中は。そんな風に思うようになった。

自分は、ラジオを楽しんでいた頃とは変わってしまっていたのだろう。

一方、小森まなみは、全然変わらない。もしかしたら、この人の時間は若いときのまま、止まってしまっているのかも知れない。

まぁ、でも、小森まなみの甘さを求めていた人もいっぱいいたんだろうし、そういう意見が聞きたい人もいっぱいいたんだろう。だから、この番組は長寿番組として続いていたんだと思う。

残念な想いと、仕方ないという想いが半々。

多分、ローカル線が廃線になるというニュースを聞いたときと同じ心境。

廃線になるというニュースを聞いた途端に利用者が増えるというのは皮肉だと思うが、それはそれ。そういう理由でもない限り利用しないと言うことは、廃止するに足る理由なんですよ。

だから、このラジオ番組が終わるのもある意味仕方がない。

ちょっとだけ悲しいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SP-550UZを発掘

ま、ちょいと思い立って、OLYMPUS の SP-550UZ を引っ張り出してきた。

まぁ、このカメラ、色々動作が鈍いのでスポーツ撮影で全然使えず、スナップ撮影では FinePix F50fd の機動性に勝てず、何かと不遇な状態であった。あと、記録メディアが xD ピクチャーカードという、これまた微妙なのも不遇な原因になっていたかも知れない。がたいが大きいのもマイナスだな。なんか、カタログスペックは良いんだけどね。何か足りないんだな。

とはいえ、利点はいっぱいある。この手のカメラとしては貴重な単3電池駆動。いざというときに役立つ。でも、予備バッテリーとして単3を4本単位で持ち運ばなければならず、意外と辛い。あと、28mm~500mm相当という光学ズームがこのサイズで使えるというのは大きい。

つまり、場所を選べばちゃんと使えるカメラ。(やれば出来る子と書くと悪いイメージになるが)

問題は、そんなに頻繁に望遠レンズを使うシチュエーションって無いってことかな。

そんなこんなで。

しばらく持ち歩いてみようかと思っている。昔に比べて写真に対するスタンスも変わってきているので、もしかしたら新しい発見があるかも知れないし。

…なかったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EBt for Windows のバグについて

最近、使っていて気がついた。EBt for Windows のプロセスが終了しないことがある。

原因は不明。なんとなく、マルチスレッドがらみでバグが居るんだろうと予測しているのだが、何せ滅多に起きないので手が付けられない状態。

ちなみに、これが発生すると、EBt が起動しない(多重起動防止に引っかかる)という症状になります。

回避策としては、タスクマネージャー経由でプロセスを直接消すか、再起動するぐらいですね。

てなわけで、おかしくなったら再起動してみて下さい。直るかもしれないので。

こういうバグは取るのが大変だから嫌なんだよなぁ…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/05

銀河乞食軍団合本版1 発動!タンポポ村休出作戦 買った

いや、ほんとにA4サイズなんですね。実物を見るまで信用していませんでしたよ。

…どうやって読もう、これ。

ちなみに、これと連携しているのかどうかよくわからないが、ハヤカワ文庫JAから、「銀河乞食軍団 黎明篇」が刊行されています。うーん、こっちも読んだ方が良いのかなぁ。

その前に、アスラクラインを片付けないといけないのだが。

読む本がいっぱいだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近、PCショップでやたらと流れているアニメーション

ま、dance×mixer というソフトのデモなんですけどね。いや、すごい時代になりましたな。アイマスで驚いていたのはもう昔の話ですね。音楽も振り付けも(ま、振り付けはパターンのつなぎ合わせっぽいですが)自由。うーん、すごい。

ちなみに、商品紹介ページはこちら

まぁ、問題点は山ほどある。多分、かなりセンスを磨かないと駄目。センスって何?おいしいのそれ的なわたしにはかなり無理っぽい。既に、昔、初音ミクで玉砕したことがあるからなぁ。音のセンスは無い自信がある。今度はキャラクターも自分で作るし、振り付けとかも考えないといけないでしょ?

無理。きっと無理。

欲しいんだけどね…。うちのVAIO type Z で動くかなぁ。いや、多分うちにあるPCで一番スペック高いのが VAIO type Z なので。これのために、PC 1台作るほど余裕もないしなぁ。

なんにせよ、久しぶりにぐっと来てますよ、これ。多分、そのうちにいっぱい動画がニコニコに投稿されると思うので、それを眺めながら考えるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gorillapod がすごく良い感じだ

というわけで、面白い3脚があったので購入した。(名古屋は栄のどまんなか。トップカメラ2階で売っているよ)

商品名:gorillapod (ゴリラポッド)

商品のWebページはこちら。

わたしが購入したのは、一番小さいサイズ。Gorillapod Original(ていうか、大きいのは売っていなかった)。これをハンドルに巻き付けて車載カメラにしようという目論見です。

ちなみに、強度的に大丈夫?という不安があるかと思いますが、意外としっかりしています。まぁ、ぐりぐり動かして遊んでいるとあっさり壊れてしまうような気がしますが、固定するときと運搬するときだけ動かすんだったら多分大丈夫。

試しにバイクのハンドルに固定してみましたが、意外としっかりしていて不安感も無し。今、バイクが外に出せないという悲しい状態なので実走テストはしていないけど、多分大丈夫じゃないかな?不安な人は、これにマジックテープを追加すれば万全だと思う。

というわけで、自転車にくっつけるというのも大丈夫。意外と使い道は多いんじゃないだろうか。

他にも、3脚では固定しにくいシチュエーションで便利に使えるので、旅行するときに持っていると便利かも知れない。商品紹介ページでも、色々すごいところにカメラを固定しているので、機能性は推して知るべし。

サイズ的に車載カメラやってもWebで公開できないのですが、久しぶりにこれとDV130使って、車載カメラで遊んでみようと思います。

※でもね、バイクの腕がいまいちなので車載カメラやっても悲しいんですよね(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SDムービーデジカメ exemode DV130 を買った

まぁ、3980円。安物とは言え3980円。この金額だったら、ぶっちゃけ壊れてもそんなに悔しくない。久しぶりにバイクで車載カメラをやりたいなと思っていたので、とりあえず購入してみた。

ちなみに、簡単なスペック。

動画サイズ:640x480/20fps or 320x240/20fps
フォーマット:AVI (でも、WinXP 標準のメディアプレイヤーでは再生できなかった。VLC Media Player だったら再生できたから良いか)
メディア:SD/SDHC カード。16GB まで対応しているらしい。ちなみに、16GBのメディアだと6時間録画できます。が、FAT32なので、連続録画は1時間いかないと思う。(2GBの壁)
電源:単4電池3本。

なんと、ミニ3脚が付属。他にも、USBケーブル、TVケーブルも付属。単4乾電池もついてくる。色々太っ腹。でも、気をつけよう。オーディオはモノラルだ。まぁ、これを直接テレビにつなぐことはないと思うけど。

ちなみに、多分フォーカスはパンフォーカス。オートフォーカスなんで高度な物はついてない。可動部分が少ないので、車載カメラみたいな妙な用途で使っても多分大丈夫。

気になるところと言えば、レンズキャップがない。大丈夫かと思うが、安いんだからしょうがないだろう。

LEDライトが付属しているが、これはいつ使えば良いんだろう。ライトの届く距離は1~2mぐらい。まぁ、オマケですな、きっと。

あと、画質は期待してはならぬ。期待する人はいないと思うけど。まぁ、日中に適当な動画を撮影するカメラですね、これは。

ところで。

肝心の車載カメラはいつやるのかという話だが、下旬の3連休を予定。で、車載カメラをやるにあたり、実は一つ面白い物をトップカメラで購入したのだが、それはまた後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場のガンダムを見に行くためには

1)京葉線で潮見駅まで。
 ※東京駅の京葉線は、駅の中心から 0.5km程離れているので要注意。

2)歩いて 1km 弱。途中でへこたれないために、駅前ミニストップで水分等の補給を忘れない方が良いだろう。

3)あとはガンダムを目指して歩く!歩く!ひたすら歩く!

というのを、昼と夕方と夜にやればいいらしいぞ。昼間のガンダムも良いが、夕焼けをバックにしたガンダムも良い。ライトアップされたガンダムも捨てがたい。

修正)色々間違っていた。潮見公園ではなく潮風公園(紛らわしい)。というわけで、ゆりかもめで台場駅で降りて、あとはガンダム目指して歩いて行けば良いみたいだ。しかし、コンビニ潮風方面にない。まぁ、ガンダムの周りに出店が出来るみたいだから、それを当てにすればいいのかもしれない。逆に歩けばコンビニはあるので、ちょっと歩けばいい話のような気もするけど。

問題はいつ行くかだ。

年休取っていくのがベストなのかなぁ、やっぱり。間違ってる?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/04

広角レンズイメージトレーニング中

写真の世界は奥が深い。

わたしは、基本的に望遠レンズ派だ。スポーツ撮影がメインと言うことも多分にあるのだが、それ以外の写真を撮るときも、被写体をクローズアップして撮るのが好きだ。

だから、広角レンズが苦手だったりする。

なんで苦手か?理由は簡単。広角レンズだと、全体のレイアウトとかがかなり重要になってくる。望遠の時は、注目する被写体をメインに持ってくればいいので簡単なのだが、広角の場合、そうは行かない。全体の構図が難しい。消失点をどこに持ってくればいいのか?全然わからん。他にも注目点はあると思うのだが、なんかね、全然写真の撮り方が違っていて、頭の中混乱状態。

てなわけで、最近は街角を歩いているときに、広角レンズで写真を撮るとどうなるのか考えていたりする。まぁ、両手で四角形を作るような露骨なことはしないが。まだ、広角レンズの画角を頭の中でイメージできないし。

広角のことを考え始めてから、写真の見方が変わりましたよ。今までは、単純に写真を見ていただけなのですが、最近は構図とかも考えるようになった。で、考えるようになったら、今までちょっと苦手ぐらいの意識だった広角が、どんどん遠くに行ってしまいましたよ。

…広角の写真、自分には無理かも知れない。

気負わずに写真撮れば良いんですけどね。なんか、自分の腕を越えたところに理想を持ってきているのがいけないんだろうな。広角の写真撮れば、嫌でも自分の腕のなさを再認識することになるんだし。

写真は難しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とある金曜日の深夜

もらい物のグラスに氷をいっぱい入れて、そこにリポビタンDを注ぎ込む。良い感じに薄まって冷えたところで寝る前の薬を飲む。

うん、Cool(嘘)。

コメントの回答は明日書く予定です。なんか、やっぱり平日は頭使う余裕がない。なんか、最近怠け者になっているわけですが、一応やる気はあります。

…そうは見えませんが。

さて、寝るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/03

要らぬところで発揮するくじ運

サークルKサンクスが、ただいま宇宙戦艦ヤマトとタイアップ中。700円以上購入でくじが1枚引けて、運が良ければヤマトのバッグプレゼント。くじに書いてある番号をWebで入力してね!…らしい。

で、手元に2枚くじがあるのでとりあえずチャレンジ。

2枚とも当たっちゃったよ。

ヤマトのバッグが二つ。

まぁ、お買い物バッグとして、車に常備しておくか。

要らんところでくじ運を発揮したなぁ。何か悪いことが起きなければいいんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/02

今日は独り言

●体調不良
 ま、いつものことなのであまり気にしていませんが。今日は会社で倒れていたので、半休取って家でやっぱり倒れていました。でもまぁ、最近は血便が出なくなったので、身体の調子は良くなっていると思いますが。ま、なんにせよ仕事で過剰なストレスにさらされているのでね。長生きはできんだろうな。

●アスラクライン
 感想を書く暇がないまま7巻に突入。これはいいと思いますよ。

●Logicool M555b
 明日発売ですね。待望の Logicool の Bluetooth マウス。あぁ、多分買っちゃうだろうなぁ。
 ※マウスマニアですな、わたしは。

●鈴鹿1000kmだと思っていたら、700kmでショック
 なんで距離縮めるんだよ。1000km走るから面白かったのに。700kmなんて中途半端な距離だと、面白さ半減なんだよなぁ。鈴鹿サーキットあちこちうろつきながら定点観測するの楽しみにしてたのに。なんだよ、全く。

●FON の新しいアクセスポイント
 だんだんと多機能になるとともに値段が上がってきましたね。名古屋だと、まだアクセスポイントの数が少なくって、あんまり嬉しくないんだよなぁ。秋葉原の異常な密度まで行けとは言わないけど。

●お台場のガンダム
 うん、見に行こう。どうせなら、トレーラーの上に寝かしたガンダム作って、コクピット体験できるようになっていると嬉しい。スイッチを入れて「こいつ、動くぞ!」ごっことかやれたらいいなぁ。(バカです)

などなど。今日は特にネタがありませんので独り言でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

何度かこの手のネタを書きますが

こういうことを書くと生々しいので嫌う人がいっぱいいるのは承知の上で。

フリーソフトの開発って、お金かかっているんですよ。

で。

フリーソフトの開発者は、手弁当のボランティアなんですよ。

このこと、忘れてはいませんか?

好きで作っているのはその通り。でも、だからといって、フリーソフトの開発者がボランティアであることを忘れてはいけません。

なんかね。

最近に限った話ではないんですけどね。

フリーソフト、このままじゃ潰れるよ?って思う。

そう思うようになってからもうかなり経つので意外としぶといなと思うけど。

でもね。

複雑化するアプリケーションを個人の力で何とかするのは本当に限界が近いのですよ。

更に、最近は google のように「戦略的にソフトを無料で配る会社」が出てきたので、昔からのフリーソフトはかなり壊滅が近くなってきているような気がする。ぶっちゃけ、google が乗り込んできたジャンルのフリーソフトは、google と比べられるので辛いと思う。google の物量と戦うのは個人レベルでは無理。

杞憂と思いますか?

そう思うのであれば、そう思っていて結構。

わたしも杞憂であれと思っている。

でもね。

フリーソフトが複雑化・巨大化の傾向を見せているという実感は確かにあるのですよ。まだ大丈夫。でも、そう遠くない将来、個人がボランティアでまかなえる限界を超える。

それが第1の危機。

google などに荒らされて、フリーソフトの開発がストップする。

これが第2の危機。

既に、第1の危機は始まっている。第2の危機も、じわじわと始まってきている。

うん、やっぱりフリーソフトは滅びるな。

これも世の流れだ。仕方がない。悲しいけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

GAZOO Racing だって。こりゃ笑うしかないな。

えーと、トヨタが勘違いして売り出した車がありますよね。iQっていう。

これを「GAZOO Racing」がカスタマイズして売り出すんだって。

うわ、本当のバカだ。

こういうのは、TRDとかTOM'Sの仕事だろう。それを横取りするのはともかく、名前がGAZOO Racing?もう、苦笑するしかないよ。GAZOOなんていう大失敗したプロジェクトの名前を臆面もなく使えるあたり、新しいトヨタの社長はバカですね~。一応、GAZOOはトヨタ的には成功したことになっていますが(ここ、笑うところです)、大失敗だったのは系列会社の社員みんな知っていますよ。

…新社長は、そのことがわかっていないようですな。わかった上で使っているのであれば意外に大物かも知れませんが。でも、意図不明なのは間違いない。

GAZOOと新社長の関係は調べれば簡単にわかるので書かないが…。もしかして、本当に新社長はGAZOOが成功したと思っているんじゃないかな?だとしたら、救いようのないバカだが…あり得るから怖いんだよなぁ。

ちなみに。

しばらくろくすっぽ更新されずにほったらかしになっていた GAZOO の Web ページが最近になって更新されるようになったりとか、斜めに見ると面白いことがいっぱい。

失敗したことは失敗したと認めるのも、大人として必要なことだと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だからトヨタは嫌われる

あーぁ、やっちまったなぁ、トヨタ。

まぁ、富士でF1やらないというのは、昨今の経済状況を考えれば仕方ないと…思うわけないだろうが。

アホか、トヨタ。

だいたい、無理矢理鈴鹿からF1奪って、富士でF1をやる意義だとか色々偉そうにたれておきながら、これ。ファンを馬鹿にしている。第2東名ができればアクセスが…とか言っていたよな。新しい歴史作るんじゃなかったのか?色々言ったはずだが、それは全部反故か?

この調子だと、トヨタがF1から撤退するのもそう遠くないな。

まったく、ふざけている。

個人的には、鈴鹿にF1が戻ってきてくれるので大歓迎なのだが、それとこれとは話が別。トヨタのこの態度は、明らかにモータースポーツファンを馬鹿にしている。

あぁ、カローラWRCも途中で投げ出したよな。ルマンのTS020も途中で投げ出したよな。今度はF1も途中で投げ出すのだろう。

こんなことばかり繰り返すから、モータースポーツファンはトヨタ嫌いなんだよ。トヨタが参戦する?どうせ途中でやめるんでしょ?期待しても裏切られるからだめ。あんな会社に期待するだけ無駄。

ぶっちゃけ、こんな空気なんですよ。

トヨタは、なんで「三河の田舎商人」と馬鹿にされているのか、まだ気がつかないんですよね。

金儲けしか考えないから馬鹿にされているんだよ。

成金は尊敬されませんよね。何で尊敬されないか知ってる?知ってるよね。普通の人は知ってます。

トヨタは未だに成金のままなんですよ。

ま、これでまた、モータースポーツファンの評価を下げたことは間違いないですな。

あの会社は芯から腐っているので(一緒に仕事をするとよくわかる)、ずっと下品なままだろうなぁ。

あー、いつものことながら頭にくるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »