« Zaurus 用に 1GB SD を買い込む | トップページ | けいおん!のBlu-rayをとらのあなで見かけた »

2009/07/27

鈴鹿8耐に行ってきました

今年の8耐は、雨。しかもスコール。

正直、勘弁して欲しかった。

それはともかく。例によって楽しんでまいりました。レース結果を見ると、ヨシムラ勝利。まぁ、これが1番ですね。ヨシムラはレースファンに愛されていると思いますよ、本当に。そして、2位にはなんとトリックスター。いや、カワサキが2位に来たのはなかなかに嬉しい誤算。そして、3位には桜井ホンダ。ホンダは今回3位が精一杯。やっぱり、ワークスがいなくなったことが影響しているのだろうか…

てな感想を持ってしまいがちです。

しかし、実際はもちょっと複雑でして。

結局は、予算縮小のあおりを喰らってトップチームが1台体制と規模を縮小したのがこのレース結果の遠因になっているのではないかと思います。体制の縮小により、トップチームが上位を独占しにくくなった。また、スペアが無くなるので、1ミスが命取りになる。

で、これでうまく上位にこれたヨシムラ、トリックスター。逆にやられてしまったホンダ勢。これに尽きるのではないだろうか。

各チームを見ていこう。

優勝候補筆頭の FCC TSR ホンダ。秋吉がまさかの2ラップ目での転倒。トップを走っていたのになんでこうなるんだろうか…多分、秋吉の走りが切れすぎていたのではないかと思う。好スタートでホールショットを奪い、1周目から2位以下を引き離した秋吉の走りはすごかった。でも、転倒。秋吉は速いが安定しない。そして、転倒で壊れたバイクを修理すること20分弱。結局、なんだかんだで9lapも後れをとってしまった。この時点で普通だったらレース終了。しかし、ここからの追い上げがすごかった。なにせ、ドライ・ウェット関係なくものすごいラップを刻み続ける。そして、フィニッシュではなんと9位である。正直、この結果は驚いた。2周目での転倒が悔やまれる。とはいえ、今回の8耐で一番光っていた。ヨシムラが表の主役なら、影の主役は FCC TSR ホンダだろう。

HARC-PRO。ここは不運だった。何が不運かというと、トップ争いをしていたレース序盤に、バックマーカーの転倒に巻き込まれて転倒。バイクもかなり壊れてしまい、修理のためこれまた後退。序盤でのスピードを見ているとヨシムラと同じぐらい。このペースが維持できていれば、優勝はHARC-PROになっていたかも知れない。でも、レースは非情。失った時間は重かった。

ヨシムラ。手堅い。大きなミスもなく、淡々と走り続ける。耐久レースで一番必要なのはミス無く走りきること。そして、それを確実に実行したヨシムラ。取るべくして取った優勝だったのかも知れない。

トリックスター。大躍進。正直、2位チェッカーになるとは思っていなかった。もちろん、300kmからカワサキは何故か好調だったので、今回の活躍も全くわからないわけではない。とはいえ、混乱したレースをしっかりとミス無く走りきったのは大きい。ベテランライダーで固めていたのが大きかったのか。

…他は実はあまり印象が残っていなかったりする。

なんにせよ、ゴールの瞬間は非常に感動的。8時間かけてたどり着いたゴールには重みがある。この瞬間を味わうために、8耐に行くんだと思う。雨だろうが、晴れだろうが。

8耐は、やっぱり素敵だ。

|

« Zaurus 用に 1GB SD を買い込む | トップページ | けいおん!のBlu-rayをとらのあなで見かけた »

コメント

確かに秋吉選手は切れすぎてたのかもしれませんね。ほんのちょっとのタイミングや加減の狂いがあったんでしょうねぇ。
やっぱりノーミスのチームが優勝ですね。あれだけの雨の中、8時間ミスをしないってのもホントすごいと思いました。

投稿: よっさん | 2009/07/30 23:58

秋吉はもうちょっと安定すれば敵無しだと思うんですが、まぁ、安定すると遅くなりそうだし難しいですね。

投稿: おかだ | 2009/08/02 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45751998

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿8耐に行ってきました:

« Zaurus 用に 1GB SD を買い込む | トップページ | けいおん!のBlu-rayをとらのあなで見かけた »