« なにぃ、今予約すると E-P1 が発売日に入手可能だと? | トップページ | LOOX U では、やっぱり H264の再生はきつい »

2009/06/23

女性を萌えの世界に引きずり込もう

つまりだ。萌えの世界の一番の弱点は、女性が少ないことだ。もちろん、いないわけではない。しかし、絶対数が少ない。この絶対数を増やす方向で努力をするべきだ。

もちろん、今も頑張っていると思う。でも、もうちょっと、深く掘り下げる方向でジャンルを開拓するべきだ。

じわじわと広がっているのは間違いない。いわゆる乙女ゲーがそれだ。これが、もうちょっと花開いてくれるとありがたい。そして、乙女ゲーがギャルゲー(エロゲも)と同じぐらいの勢力になってくれれば万々歳だ。

そう考えると、昨今のネットブックの普及は追い風だ。PC所有率が増えたので、ゲームに接する人たちも増えそうな気がする。ゲームは、もとよりそんなに数がはけるものではない。それよりも物量戦だ。質より量。とにかく数で勝負だ。大丈夫。女性向け雑誌の量を考えると、出版業界の女性顧客開拓は順調だ。あとは、ゲームだ。読んで終わりの雑誌より、何度も遊べるゲームの世界の女性顧客を開拓するべきだ。かわいいとか、そういう線を狙ってはいけない。もっと萌える世界をどんどん開拓していって欲しい。そして、互いを補完しつつ、市場を広げていくのだ。

とかく日陰者に扱われるオタク層(その中でも2D指向が強い人たち)。その根底にあるのは、男女比が異様に片寄っていることがあると思う。

だからこそ。

女性を萌えの世界に引きずり込もう。

|

« なにぃ、今予約すると E-P1 が発売日に入手可能だと? | トップページ | LOOX U では、やっぱり H264の再生はきつい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45433789

この記事へのトラックバック一覧です: 女性を萌えの世界に引きずり込もう:

« なにぃ、今予約すると E-P1 が発売日に入手可能だと? | トップページ | LOOX U では、やっぱり H264の再生はきつい »