« 今日も全力で疲れています | トップページ | EBt データを持ち運びたいケースは »

2009/06/09

Cartoon Network をちょっと見ていて思ったこと

こいつらが、日本のアニメが到達した世界まで来ることはないだろうなぁ…

なんというか、基本的に「子ども向け」なんですよね、あっちのアニメって。パワーパフガールズとかね。

方や日本。子ども向けから大人向け(語弊があるかも知れないが)まで豊富。女性向けも男性向けもあり、守備範囲が広い。異様なほど広い。そして、あざとい。

日本がこれだけ手本見せているのに、なんであっちの国は追いつこうとしないのかねぇ。追いつく気がないんだろうけど。コミックに始まり、アニメから小説、ゲームまで、とにかく幅広いラインアップでこれでもか!とやっている日本が先頭を突っ走るのは判るのだが、なんというか、海外が追従してこないのがね。不思議に思う。

※となりの国は追従している気配はあるが、どうもね。

個人的には、ハリウッドなんか、綿密なマーケットリサーチの名の下に、原作を食いつぶすだけの存在まで下落していると思うし、見ても全然面白くない。いつからハリウッド映画って面白くなくなったんでしょうね。もう、見ても印象に残らない。どれ見ても同じように見える。

日本のアニメも萌えアニメとか定型にはまっているように見えるが、別に萌えアニメがすべてじゃない。まぁ、見るに堪えないアニメもあることは間違いないが、それだけを引き合いに出して否定するのは、多分木を見て森を見ない状態だと思う。

なんというかね。個人的は、感性に任せて作る方が、オリジナリティにあふれたいい作品が出来ると思うのですよ。マーケットリサーチで判るのは既存の市場だけ。新しい市場を開発したかったら、リサーチはむしろ害悪。

昔の成功パターンにあぐらをかいていると、間違いなく衰退します。で、ハリウッドなんかはもう明らかに衰退期。

日本のアニメにはいつまでも何か新しい物を探していてもらいたい。

どの世界でもそうだけど、守りに入ったら負け。気がつかずに守りに入るケースは多々あると思いますけどね。

|

« 今日も全力で疲れています | トップページ | EBt データを持ち運びたいケースは »

コメント

デ◎ズ◎ーだけが
大人が見てよい(鑑賞に堪える)アニメだ
という、固定観念から逃れられない米穀人には
『日本アニメ&漫画』の守備範囲の広さは
永遠に理解できないでしょう。

投稿: goya | 2009/06/13 07:25

ディズニーの面白さがよくわからない私。

別に、ストーリーが秀逸というわけでもないし、絵は奇妙だし。ああいう絵が受けているんだろうか、欧米人には。私には気持ち悪い絵にしか見えないんですけどね、ディズニーって。(主観たっぷり)

そういえば、トムとジェリーも昔の奴は面白いのに、新しくなればなるほどつまらなくなるな。この辺にあっちの国でアニメとかが発展しないヒントがあるような気がする

投稿: おかだ | 2009/06/13 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45290672

この記事へのトラックバック一覧です: Cartoon Network をちょっと見ていて思ったこと:

« 今日も全力で疲れています | トップページ | EBt データを持ち運びたいケースは »