« SpursEngine 思わぬ落とし穴 | トップページ | とらドラスピンオフ! 幸福の桜色トルネード 読んだ »

2009/05/12

SpursEngine がっかり篇

エンコードをがりがり動かしていての感想。

Phenom X4(2GHz) で、バッチエンコードで同時に2つエンコード処理動かした時の処理時間と、SpursEngine でエンコード(これは並列エンコードできない)した時の処理時間ですが、実はあまり差がないことが判明しました。

…がっかりだよ。


注意:1280x720 の場合ですが。


まぁ、厳密に時間測定したわけじゃないので、確固たる証拠があるわけではないのだが、ファイルのタイムスタンプ比べてみると、なんか、あまり処理時間に差が無いなーと。

バッチエンコードで2本並行で動かした時のエンコード時間が2時間だとする。

SpursEngine でエンコードした時の処理時間が1時間だったりする。

半分じゃん。確かに。でもね、バッチは2本並行で動いているから実質的には半分の時間なのですよ。

んで、TMPGEnc のエンコード処理なのだが、どうやらスレッド二つ使っている様子。(CPUの処理時間から類推)

つまり。

Core2 DUO / Athron X2 などの Dual Core CPU を使っている場合→SpursEngine 導入の意味あり
Core2 Quad / Phenom X4 などの Quad Core CPU を使っている場合→SpursEngine 導入してもあんまり嬉しくない。(バッチ処理で複数タスク並行で流し、CPU を最大負荷でぶん回した方が速い)

そんな感じ。

でも、SpursEngine の消費電力は 20W らしい。んで、SpursEngine 使っている時はCPU負荷はかなり低い。一方、CPU を最大負荷でぶん回すともちょっと電気を食うはず。


些細な誤差ですが。


あと、SpursEngine は解像度に関係なくエンコード時間が決まるような雰囲気。720p のエンコード時間と1080pのエンコード時間の差が、20% ぐらいしかない。720p が1時間とすると、1080pが1時間10分とか。CPU でやると720pが2時間で、1080p が3時間と結構差が開く。内部でどういうエンコーダーが動いているのか知らないけど、これも SpursEngine の特徴かもしれない。

まぁ、他にもフィルタとか変えると、違った結果になるかもしれません。あくまでも私が使った上での目安というところで。

個人的には、SpursEngine もうちょっと速いと思っていたんだけどなぁ。

|

« SpursEngine 思わぬ落とし穴 | トップページ | とらドラスピンオフ! 幸福の桜色トルネード 読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44992699

この記事へのトラックバック一覧です: SpursEngine がっかり篇:

« SpursEngine 思わぬ落とし穴 | トップページ | とらドラスピンオフ! 幸福の桜色トルネード 読んだ »