« フォーミュラニッポンRd.2 予選を見てきました | トップページ | けいおん!を読んだ »

2009/05/17

フォーミュラニッポンRd.2 決勝を見てきました

8耐ドックの粗挽きフランクが大きすぎて食べたあとに気持ち悪くなったなぁ…と要らぬことを思い出しつつ。

フォーミュラニッポンRd.2 決勝を見てきました。


まず、F3から。

TOM'S がまたしても1,2,3フィニッシュ。速すぎるだろう、TOM'S。まぁ、ドライバーとチームの両方が良いんだろうな。

というわけで、その他で目に付いたドライバーを。

要注目なのは、関口雄飛。CLASS N のドライバーで、少々走り方は荒削り感あり。速いんだけど、安定していないという感じがする。でも、クラスNの中では突出した速さ。ペナルティやらコースアウトやらでレース結果はぱっとしていないが、レース終盤に来て、タイヤ交換してファーステスト取りに行く、そして、実際にファーステストを取ってしまうあたりに、関口雄飛の強さを感じる。速さは充分。あとは安定すること。雨みたいな難しいコンディションでも安定して走ることが出来るようになれば、間違いなく上位クラスにいけると思う。要注目だ。


続いて、フォーミュラニッポン。

F3が終わり、さて、フォーミュラニッポンというタイミングで雨が降り始めた。というわけで、予選同様、運転テクニック勝負になりそうな雰囲気。あと、ストレートでアクセル全開にすると5速でもホイールスピンするというレインコンディション、オーバーテイクシステムは多分役に立たない。というわけで、予選で速かったドライバーが多分決勝でも速い筈。

などと思いながら、決勝を見ました。

まず、トップ争い。

天気を味方につけたロイック・デュパルが勝利。中盤までトップを守り続けていたブノワ・トレルイエは、天候を読み誤ったのと、レース戦略の誤りが重なり勝利を逃したように見えた。ピットインの前にロイック・デュパルがブノワ・トレルイエの前に出たのだが、そのリードを決定づけたのは、多分、レース戦略。何周目か忘れたが、突然ロイック・デュパルがメインストレートでレコードラインを避け、タイヤの温度を下げるべく水のあるところを選んで走るようになった。それまでは、オーバーテイクのために濡れの少ないレコードラインを選んで走っていたのに。レースを見ていて、何で走り方を変えたのかなーと不思議に思っていたのだが、何のことはない。タイヤ交換無しで走りきる作戦が理由だった。多分、走り方を変えたあたりで、レース戦略が決定したのだろう。一方、ブノワ・トレルイエはタイヤ交換あり。この差が、多分決定的だった。ウェットコンディション向けのセッティングに振っていたと見られるブノワ・トレルイエは、どんどん乾いていく路面の前で苦戦しており、それに加えて、ピットでのタイム差が+10秒。この差はいかんともしがたい。

そして、昨日の予選で注目していた塚越広大は、多分ちょっと不満のある5位。4位の平手晃平との差は、これも多分レース戦略。塚越広大と平手晃平のバトルは、コース上ではなく、ピットで決まってしまった。タイヤ交換をした塚越広大と、タイヤ交換をしなかった平手晃平。ここでも、ピットで稼いだ+10秒が決定的な差になってしまった。しかし、もしかしたら、塚越広大にもちょっとチャンスはあったかもしれない。平手晃平がピットアウトしてきたタイミングで、塚越広大はちょうど真後ろにいた。温まったニュータイヤと、レースを半分以上走ったタイヤ。多分、オーバーテイクのチャンスはあったと思う。でも、塚越広大は、積極的に抜きにいかず、安全策をとったように見えた。抜けなかったのではなく、抜かなかったように私には見えた。抜かなかったとすれば、残念。まだ、守りにつくのは早いと思うよ。

他のドライバーについても少々。

松田次生。序盤でコースアウト、リタイヤ。昨日から、波に乗れていなかった。で、乗れないままこの週末が終わったように見える。速いんだが、なにか、うまく回っていない。

小暮卓史・立川祐路:このレースでは、この二人は多分セットで話さないといけないだろう。二人そろってスタートに失敗し、二人が絡んでコースアウトしてレースが終わった。小暮は、空回りしていた。立川は、雨の鈴鹿では全く調子が出ない。二人とも、良いところがないまま終わってしまった。


全部のドライバーについてコメントしたいが、さすがに全員覚えてはいない。台数が少なくなっても、1台1台追っていると結構大変。今回、グランドスタンドで観戦していたのだが、サーキットビジョンのおかげで、レース状況が非常にわかりやすかった。まぁ、観戦歴が長い人には不満の多いグランドスタンド席ではあるが、レースを素直に楽しむには一番の席ですね。通の人は、コーナーに陣取って、走行ラインを見ながらあれこれ考える方が面白いと思いますが。


あと、やはりレインコンディションでは、オーバーテイクシステムを使うドライバーは一人もいませんでした。

さもありなん。


次にフォーミュラニッポンが鈴鹿に来るのは7月の第5戦。今度は、晴れていて欲しい。レインコンディションも面白いけど、ドライで限界まで攻めているフォーミュラニッポンも見てみたい。

|

« フォーミュラニッポンRd.2 予選を見てきました | トップページ | けいおん!を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45047387

この記事へのトラックバック一覧です: フォーミュラニッポンRd.2 決勝を見てきました:

» 「フォーミュラ・ニッポン」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「フォーミュラ・ニッポン」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「フォーミュラ・ニッポン」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009/05/18 08:07

« フォーミュラニッポンRd.2 予選を見てきました | トップページ | けいおん!を読んだ »