« けいおん!を読んだ | トップページ | Android 携帯がとうとう国内で発売されるようで »

2009/05/18

生徒会の五彩を読んだ

面白い。非常に面白い。しかも、頭を使わなくて楽しめる。非常に気楽で良い。

そんな、碧陽学園生徒会議事録。さくっと読み終わりました。

面白いんだけど、感想が非常に書きにくい。いや、相変わらず主人公は大変だし、くりむは好き勝手やってるし。真冬のBlogネタ(おにぃ)も面白かったし、知弦の「もきゅ」は狙い通り破壊力満点だし、深夏は…おっと、5巻で単独の見せ場がほとんど無かったな。

あえて言えば、ストーリー的な見所は、今まで無関係だと思っていたプロローグとエピローグがようやく本編と…ぐらいな所か。

いや、面白いんですよ。それは間違いない。読みながら笑ってしまった。そんな読んでいる時の姿を電車の中で端から見たら、正直不気味だったと思う。それぐらい面白かった。

なんというかね、生徒会の一存のシリーズは、ストーリーについて考えてはいけないと思うんですよ。やりとりのスピード感が面白い。それを楽しむのが多分正解。

なので。

まとめ。

時間が進むにつれて嫌でも終結が近付いてくる筈のこの小説。残り時間は短いですが、妙な引き延ばしをするとつまんなくなると思うので、今の調子でラスト(まだまだ先だと思いますが)まで突っ走ってくれることを期待しています。

ひたすらボケ続ける登場人物に対して、ひたすらツッコミを続ける杉崎は、実在したら偉大だと思う。

で、次は、俺の妹がこんなに可愛いわけがない 3巻に突入したいと思います。

|

« けいおん!を読んだ | トップページ | Android 携帯がとうとう国内で発売されるようで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45057752

この記事へのトラックバック一覧です: 生徒会の五彩を読んだ:

« けいおん!を読んだ | トップページ | Android 携帯がとうとう国内で発売されるようで »