« Intel の Core i7 は失敗だったのだろうか | トップページ | LOOX U に Windows7 RC をインストールしようと思う »

2009/05/07

とらドラ10!読んだ

最終巻ということで、1巻丸ごとかけて大河と竜児のお話でした。とらドラ全体を通して感じたのは、描写が丁寧で深いなぁということなのですが、10巻は特に気合いが入っていたように感じました。

ていうか、竜児に対する作者の愛を感じずにはいられませんでした。

いつもの描写するように見せかけたボケツッコミも少なく、このストーリー進行は本当にとらドラか?と思ったりもしましたが、これぐらいやらないと本編完結した気になりませんからね。

ま、番外編を書こうと思えばいくらでもかけてしまいそうな気がしますが、その辺はスピンオフでぼちぼちやってくれればいいかなーと思います。スピンオフ2巻で終わり?そんなことないよね?ね?

なんにせよ、ちゃんと終わってくれたのが良かったです。終わりよければすべてよし。

ROOM NO.1301 のものすごい消化不良のエンディングを読んだ後だから、余計とちゃんと終わった感があるんだろうとは思いますが…

というわけで、引き続きスピンオフ1巻に突入したいと思います。ガンガン読むぞ~っ!

|

« Intel の Core i7 は失敗だったのだろうか | トップページ | LOOX U に Windows7 RC をインストールしようと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44936058

この記事へのトラックバック一覧です: とらドラ10!読んだ:

« Intel の Core i7 は失敗だったのだろうか | トップページ | LOOX U に Windows7 RC をインストールしようと思う »