« SpursEngine がっかり篇 | トップページ | 季節の変わり目は体調に気をつけましょう »

2009/05/12

とらドラスピンオフ! 幸福の桜色トルネード 読んだ

富家幸太。狩野さくら。

なんというか、本編でちょい役で出てくるとかじゃなくって、全然出てこない人がメインのお話。幸太はちょっとだけ本編の方に出てきたけど。

しっかし、読んでいて思うのは、竹宮ゆゆこ先生、不幸なキャラとか書く時、すっごく活き活きしていませんか?ということ。今回、不幸な役回りは幸太だったわけだが、幸太の不幸(というか、ドタバタ)の描写が、ね。気合い入っているというか、文章が活き活きしているというか。

とらドラ!本編のゆり先生の独身ネタとか、不幸…と言って良いのか悪いのかわからないが…そういうネタの描写が、すごく良い。まぁ、そんなネタばっかりやっているとストーリーが進まないので、何となくセーブしているような雰囲気がする。

もっと暴走してくれて良いのに。

ま、それはともかく、ストーリーとしては、正統派恋愛もの。安心して読めます。というか、手堅い。でもまぁ、1巻で終わりだよな、このキャラクターだと。幸太、不幸以外にウリがない地味なキャラクターだから。やっぱり、大河とか竜児と比較すると弱いよなぁ。

とらドラ!の本編は完結したけど、やっぱり番外編が読みたいよなぁ。

と思いつつ、スピンオフの2巻に突入したいと思います。

|

« SpursEngine がっかり篇 | トップページ | 季節の変わり目は体調に気をつけましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44994068

この記事へのトラックバック一覧です: とらドラスピンオフ! 幸福の桜色トルネード 読んだ:

« SpursEngine がっかり篇 | トップページ | 季節の変わり目は体調に気をつけましょう »