« F1のコスト削減を受け、鈴木亜久里が興味を示しているらしい | トップページ | とらドラ10!読んだ »

2009/05/07

Intel の Core i7 は失敗だったのだろうか

えーと、まだこれだけしか情報がないので何ともいえないのだが…

Intel、同社最上位CPUのCore i7-965/940を早くも製造終了に

まぁ、ねぇ。速いCPUが必要な人が少ないってことなのかなぁ。普通に使うだけだったら Atom で十分だから、あえて Core i7 買う必要ないもんね。

あるいは、不景気の影響をもろに受けているのがハイエンド市場なのか。

Core i7 の新しいチップが出てくる可能性もない訳じゃないけど。今までだと、そういう場合って、新CPU発表してから、古くなったCPUの生産をフェードアウト…って流れだったように思う。

やっぱり、売れていないんだろうなぁ。

しっかし、Intel って「速さは正義」って雰囲気があったと思うんだけど、やっぱり変わってきたのかなぁ。AMDは、私のイメージだとだいぶ前から、スピード第1でなくなったような気がしているし。まぁ、BLACK EDITION とか出しているから、速さを求める層は確かにいると思うけど、あんまりメインじゃないような気がするし。

やっぱり、これからは、性能あたりの価格と消費電力勝負がメインになるんじゃないかなぁ。

Dual Core Atom とか、Phenom X3 とか。性能はそこそこで安い。ついでに消費電力もちょっと低め。そんなあたりが売れ線になると思うんだけど。ていうか、売れ線だよね、すでに。

かくいう私が最近組み立てたPCは Phenom X4 9350e (65W) 使ってるしね。いつもフルパワーでブン回す時代は終わったんですよ、きっと。ピーク性能はそこそこ。アイドル時は思いっきり省電力。そんなCPUがこれからのメインになるんじゃないかなー。

CPUのパワー競争はもう終わってたんだろうなー。だいぶ前に。

|

« F1のコスト削減を受け、鈴木亜久里が興味を示しているらしい | トップページ | とらドラ10!読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44934050

この記事へのトラックバック一覧です: Intel の Core i7 は失敗だったのだろうか:

« F1のコスト削減を受け、鈴木亜久里が興味を示しているらしい | トップページ | とらドラ10!読んだ »