« 人類は衰退しましたを読み始めました | トップページ | DirectX SDK をダウンロード »

2009/05/23

人類は衰退しました 1巻読んだ

のどかな世界と、そこに生きる妖精さんたち。人間は、主役の座から引退し、いわば隠居の身。そんな世界でのお話です。

あぁ、人間は頑張りすぎましたね、きっと。で、頑張って、疲れ果てたところで、多分、何となく隠居することを決めたんでしょう。

妖精は妖精。いつからいたのか、それは誰にもわかりません。でも、気がついたら、妖精は、地球の主役になっていました。

昔の人間だったら、多分、頑張って主役の座を守ろうとしたのでしょう。しかし、隠居を決めた人類。あっさりと、主役の座を妖精に譲ってしまいました。

だからか知らないけど、人間はどうにも緊張感に欠けています。適当にふわふわ生きています。もう、生きるために闘うこともありません。ふさわしい言葉で言えばきっと惰性。

ま、そんな雰囲気が、読んでいて心地よかったりします。読んでいくと、メッセージ性とか、そういうことも考えられんでもありません。でも、コマで深く頑張って読む必要はないような気がします。主人公と一緒に、妖精の世界と交流しつつ、ほんわかゆっくりと、あぁ、この小説の中で新しい地球はこうなんだぁ…なんて思いながら読むのがよさそうです。主人公と妖精の会話もなかなか面白くて楽しめます。所々意味深な台詞が入ったりしますが、あえて深読みはしないほうがきっと良いでしょう。

ゆっくりほんわか。

深読みしたい時は、あとからじっくりと。

人類が衰退した世界の、妖精さんたちと人間の変な交流を、しばし楽しみましょう。

|

« 人類は衰退しましたを読み始めました | トップページ | DirectX SDK をダウンロード »

コメント

comicだと
竹本泉の世界?
うじゃうじゃ

投稿: goya | 2009/05/24 21:29

あぁ、竹本泉近いですね。いや、違うか。

悩。

雰囲気は近いけど、登場人物はちょっと違うかなー。

まぁ、そんな感じです(どんな?)。

投稿: おかだ | 2009/05/24 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/45107303

この記事へのトラックバック一覧です: 人類は衰退しました 1巻読んだ:

« 人類は衰退しましたを読み始めました | トップページ | DirectX SDK をダウンロード »