« リハビリを兼ねてミスドに籠もってきました | トップページ | 様々な事情により、手元に残ったシステム手帳を »

2009/04/30

とらどら8!読んだ

ストーリーは修学旅行だが、まぁ、そんなことはどうでも良い。

この巻のポイントは竜児だ。竜児を中心とした人間関係がようやく明らかになる。

そして。

気付かなければよかったことに気がついてしまった面々。気がつかなければ、今のままで生活できたのに。気がつかなければ、みんなで笑っていられたのに。

もう、元には戻れない。

そして、流される涙。

このストーリーの登場人物はみんな優しい。優しいからこそ、傷つけあってしまう。その優しさは本当に優しさなのか?唯一気がついていた亜美は、苦しみあう人たちを、傷つけあう人たちを、独り、醒めた目で見る。その目の奥にある、亜美の本当の気持ちは誰にもわからない。

そして、否が応でも、物語の歯車は回り始める。

というわけで、とうとうクライマックスに向けてストーリーが進み始めました。あとのこり2巻、楽しみたいと思います。

|

« リハビリを兼ねてミスドに籠もってきました | トップページ | 様々な事情により、手元に残ったシステム手帳を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44848489

この記事へのトラックバック一覧です: とらどら8!読んだ:

« リハビリを兼ねてミスドに籠もってきました | トップページ | 様々な事情により、手元に残ったシステム手帳を »