« 読書ペースが落ち気味 | トップページ | 何故か、WILLCOM NS が手元にあります。 »

2009/04/24

iPod の目指す道

単なる独り言です。

電車の中で、iPod でゲームをしている人を見た。まぁ、PSP持ち歩くよりも小さいし、お気軽だ。携帯音楽プレーヤーとして考えると、圧倒的な勝利を収めている iPod 。これには異論はないだろう。この成功の裏には、iTunes というソフトの活躍があったからこそ。iPod 単独での勝利はあり得なかったと思っている。

で、だ。携帯音楽プレーヤーとしての iPod は、確かに売れた。今後もコンスタントに売れ続けるだろう。しかし、成長は間違いなく鈍化する。だって、iPod を2台も3台も持つ必要がないからだ。だから、今持っている人に買い換えてもらえるような魅力的を提供しなければ、成長は見込めない。

もちろん、iTunes Store での売り上げというのも大きな収益源の一つだ。でも、私の例で話すと、実は iTunes Store で買った曲はほんの少ししかない。iTunes Store で買うのは、CDショップで手に入りにくかったり、あまり積極的に欲しいと思わない曲だけだ。理由は簡単。iTunes で買うのは簡単だが、所有する喜びがあまりにも希薄すぎる。もしかしたら、将来 iPod 以外の機種に乗り換えるかもしれない。そのとき、iTunes Store で買った曲が持っていけない(可能性が高い)というのも大きな理由だ。

とはいえ、iPod + iTunes のタッグは当面は向かうところ敵無しで進むだろう。

しかしである。前にも書いたが、間違いなく停滞期はやってくる。iPod が売れなくなる前に、Apple は新しい何かを模索しなければならない。その模索の結果が、iPod Touch であったり、iPhone だったりするわけだ。で、これだが、Apple が新しい何かを見つけたわけではない。昔、PDA が目指した頂点に向かって、iPod が進み始めただけだ。少なくとも、私はそう思っている。

承知の通り、PDAは結局成功しなかった。一時期は、そこら中のメーカーから山のようにPDAが発売されていたが、気がつけばどれもこれも撤退。日本で最後まで頑張っていた Zaurus も終焉。まだPDAは売られてはいるものの、もうジャンルとしてのPDAはほとんど死んだと言っても良いだろう。

でも、PDAが完全に滅んだわけではない。PDAは携帯電話に生き残りの道を模索し、結果、スマートフォンとして生き残っている。ネットワークが普及した今、通信手段との融合はある意味生き残るために必然だったんだと思う。残念ながら、今のPDAは携帯電話に寄生して生きているだけ。そう思えてならない。でも、スマートフォンが爆発的に売れているかといえば、それは間違いなくNOだ。

PDAが失敗した理由は何だ?私にはよくわからない。ただ、ポケットに入れて持ち運べるPCという方向性は間違いだったんだろう。Word や Excel を入れたところで、PCで作ったドキュメントがそのまま開けるわけではない。あの小さい画面で出来ることはパソコンとは違う。

で、iPod は、多機能化の道を歩み始めた。iPod Touch / iPhone がその最たる例だろう。AppStore でソフトを売るという iPod + iTunes で成功した道をトレースしつつ、着実に利益を上げようとしている。一見、うまくいきそうに見える。

でも、残念ながら、私はこの方向性が正解かどうか非常に疑問がある。

なぜなら、大失敗した PDA と同じ道を歩んでいるようにしか見えないから。

様々なアプリケーションが動き、色々な使い方が出来るのは一見魅力的だ。でも。そういう使い方をする人は、少数派だ。一部の積極的なユーザーはどんどんソフトを買ってインストールするだろう。でも、これは、そのうちに飽きる。様々なアプリケーションが動き、色々な使い方ができる筈だったPDAは何故衰退した? 携帯電話にソフトをガンガンインストールしている人は多数派か? そうじゃないよね。

だから。

個人的には、Apple は、まだ iPod として売れている間に新しい道を見つけなければならないと思っている。iPod でアプリケーションを動かすだけでは成功しない。大量のアプリを抱えつつも、利益が出せない。そんな状態に割と早く突入してしまうと予想している。そこに突入する前になんとかしないと、iPod Touch はでかい iPod でしかなくなるし、iPhone はでかい携帯電話でしか無くなる。

で、新しい道は正直難しい。そもそも、そんな道はないかもしれない。

意外と、iPod は危機に直面しているのかもしれない。iPod Touch / iPhone 以外の道を見つけることが出来なければ、PDA の栄枯盛衰と同じ道を辿るだけだろう。

ま、単なる独り言ですけどね。

|

« 読書ペースが落ち気味 | トップページ | 何故か、WILLCOM NS が手元にあります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44769570

この記事へのトラックバック一覧です: iPod の目指す道:

« 読書ペースが落ち気味 | トップページ | 何故か、WILLCOM NS が手元にあります。 »