« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/30

とらどら8!読んだ

ストーリーは修学旅行だが、まぁ、そんなことはどうでも良い。

この巻のポイントは竜児だ。竜児を中心とした人間関係がようやく明らかになる。

そして。

気付かなければよかったことに気がついてしまった面々。気がつかなければ、今のままで生活できたのに。気がつかなければ、みんなで笑っていられたのに。

もう、元には戻れない。

そして、流される涙。

このストーリーの登場人物はみんな優しい。優しいからこそ、傷つけあってしまう。その優しさは本当に優しさなのか?唯一気がついていた亜美は、苦しみあう人たちを、傷つけあう人たちを、独り、醒めた目で見る。その目の奥にある、亜美の本当の気持ちは誰にもわからない。

そして、否が応でも、物語の歯車は回り始める。

というわけで、とうとうクライマックスに向けてストーリーが進み始めました。あとのこり2巻、楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/29

リハビリを兼ねてミスドに籠もってきました

ミスドに籠もって、リハビリと称してEBtWinに1機能実装してきました。

実装した機能:現在の先読み/遅延書き込みキャッシュ/キャッシュ使用量のリアルタイム表示ウィンドウ

まぁ、簡単に言えば、マルチスレッド機能をうまくEBtで実装できるかの実験をしました。ちょいと手間取りましたが、大体実装完了。うん、スレッド間での連携がちょっと難儀だが、検索もマルチスレッドで実装できそうだ。

というわけで、リハビリは順調。今週末からボチボチと検索機能の実装を始められそうです。

あと、問題はバッテリーが保たないこと。Let's note のバッテリーを2本持っていったのですが、完全に使い切ってしまいました。うーん、もう1本バッテリーを買わないといけないかなぁ、これは。dynabook SS RX2 とかにすればバッテリーの問題は解決っぽいのですが、買う金なんかないしなぁ…。

性能は悪いけど、ROWA でもう一個バッテリー買うか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EBt の開発を再開しました。

業務連絡(的なこと)。

EBt の開発を再開致しました。とりあえず、EBt の事をだいぶ忘れてしまった頭を戻す作業中です。

で、1時間ぐらいsourceを眺めたりしているのですが、やっぱり色々忘れていますなぁ。若くないから仕方ないか。

まぁ、なんにせよ、ぼちぼちと開発を再開します。来週は久しぶりに EBt にどっぷりつかろうかと思っています。

さて、とりあえずリハビリで簡単な機能を一つ実装すっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOM NS 完結編~そして、返品へ~

※とりあえず、こっちも読んで下さい。

買って1週間たたずに起動不可能となり単なるがらくたとなったNSですが、WILLCOMとの交渉の結果、返品となりました。

とはいえ、同時に買った専用のスタイラスやシステム手帳のバインダーは返品できず。非情に個人的には怒りが収まり付かないのですが、こんな商品にこれから2年間も毎月3000円払い続けることに比べればマシだと自分を言い聞かせています。


●まず、この問題についてWILLCOMのサポートに問い合わせた結果。

→初期不良

たいした内容も聞かず、初期不良と繰り返すのみ。お話にならないので返品できないか聞いたら今度はそれは買ったところに聞かないとわからないという。WILLCOM STORE に問い合わせろと言う以上の情報が得られなかったという非情に腹立たしい対応。


●WILLCOM STORE に問い合わせた結果

電話口で30分強待たされる。で、つながったと思ったら、こっちが話している途中で WILLCOM STORE がいきなり電話を切りやがった。

ツーツーという音を鳴らす電話を耳にしつつ、怒りが爆発寸前に。

もう一度電話をするが、またしても30分強待たされる。電話を持ったまま30分も待たされるというのが、どれぐらい精神的に苦痛か。

で、ようやくつながったので、「おまえらは問い合わせの電話を勝手に切るのか?」云々とりあえず文句を言う。まぁ、電話口にでは人は別の人だったのでいらぬとばっちりだろうが、問い合わせ電話を勝手に切った件については連帯責任があるはずだ。

で、とりあえず、「買った製品が1週間もしないうちに壊れた」旨を話す。WILLCOM のサポートに問い合わせたかと訊かれたので、「サポートからこっちに連絡しろと言われた」と伝えるとしばし無言。こっちから不具合の状況、買ってから1週間もたたないのにこういう問題が発生することはどういう事だ云々の苦情を改めて言う。

<<しばらくおまちください>>

で、紆余曲折の結果、初期不良に付き、返品すると言うことで決着。同時に買った付属品も返品したいといったところ、本体以外は返品を受け付けないという返事。

ぶっちゃけ、NSを使わないならば、システム手帳を持つ意味がない自分としては、「返品を受け付けない」というところで怒りの糸が切れた。

電話で話しているのも嫌になったので、返品手続きの話だけをして終了。


●というわけで

速攻で梱包して、NS を着払いで返送。NSで無駄に使うことになった時間は戻ってこない。

まぁ、NS を買おうという人間は、私を含めて物好きだと思う。で、大抵のことは許容してしまうのだが、正直、ここまで駄目な商品は久しぶりだ。

何度も書くが、


WILLCOM NSは買うな


まぁ、マゾヒスティックな趣味があるならどうぞ。起動しなくなったりとか、手抜きの jiglets とか、遅くて肝心のページを見る前に嫌になる PDF ビューアーとか、どっちをメインで使えばいいのかわからない2種類のブラウザ搭載とか、駄目な要素満載で、しかも、それを良いものにする手段が何もないという、非情にすばらしいハードだ。メーカーのアップデートもあるかどうかよくわからんし。

本当は、jiglets で EBt for NS を開発しようかと密かに思っていたのだが(EBt のビューアとしては非常にいいハードだと思っていた)、もう NS を改めて買うこともない。だから、NS向けのソフトを開発することはないだろう。

ふぅ。時間と金を無駄にしてしまった。思い出すのも腹が立つので、もう NS の記事は書きません。ま、期待している人もいないと思うけどね。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2009/04/28

さすがは JASRAC

JASRAC は、公正取引委員会と闘うことを決断したらしい。

記事はこれ:JASRAC、公取委の排除措置命令に対して審判請求

さすがだなー。せっかく今まで築き上げてきた利権だもんねー。手放したくないよねー。

うん、わかるよ。わかる。訴訟に持っていって、今おいしい汁を吸っている人たちが引退するまでは粘りたいんだよね。で、あわよくば裁判にも勝って、今の利権を確固たるものにしたいんだよね。

わかる、わかるよ、うん。


クズが。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

WILLCOM NS、起動しなくなる

※とりあえず、こっちも読んで下さい。

あぁ、記念すべき1000回目の記事がこれかよ…

WILLCOM NS が起動しなくなりました。買って一週間もせずにこれかよ。リセットしても何をしても起動しない。

多分、予測するに、再起不能になる致命的なバグが NS にはあります。このバグについて、WILLCOMから公式にアナウンスがあるまで、NSを買うべきではないと思います。このバグが発生すると、修理に出す以外の選択肢がなくなります

状況を簡単に説明。こうなったら、修理に出すしかないらしい。WILLCOM に問い合わせたら、初期不良と言い続けたが、これが初期不良のわけはないよな。

電源を入れる。
Dscf0887

すると、何かリストアしているらしいメッセージが表示される。
ちなみに、表示されているメッセージは「データを復旧しています。しばらくお待ち下さい。充電中の場合は充電器を抜かないで下さい」
Dscf0889

で、数秒後、この画面が表示される。
ちなみに、表示されているメッセージは「本体のファイルシステムの空き容量が不足しています。電源をOFFしますか?」
Dscf0891

でだ。何が腹が立つかというと、「電源をOFFしますか?」とかきいておきながら、「はい」以外選択できないこと。で、ファイルシステムの空きが不足しているということがわかる以外、何もわからない。ぶっちゃけ、このメッセージを見たところで、ユーザーが打てる手は何もない。

ちなみに、私はメモリを使い潰すような使い方はしていない。jiglet は5つぐらいダウンロードした。お気に入りのブックマークは10個ぐらい登録した。自動巡回するURLは7~8個。多分、これぐらいは普通に使えば当然使うよね?という分量である。

それなのに、「空きメモリが不足しています。」

腹立つよね、普通。

多分、システムもしくはアプリケーションに、メモリを使い潰すようなバグがあるんだろう。で、何かの操作タイミングでそのバグが発現するんだろう。

問題なのは、何度も書くが、このバグが発生したら修理に出すしかないということだ。

いつでもWebにアクセスできるどころか、いつアクセスできなくなるかわからない爆弾を抱えたまま使い続けないといけないということ。そんなツールをメインで使えるか?使えるわけないよね。

個人的な意見ですが


WILLCOM NS は買うな。


今日問い合わせしたら、担当の奴が自分の担当じゃないからわからないとか言う旨のことをいって修理の話が出来なかった。サポート担当がそういうことをいうか?この怒りを胸に、明日、また WILLCOM と闘ってきます。あー、腹が立つなぁ、ホントに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/04/27

ぼかりすがそろそろ実用段階に来たみたいですね

だいぶ前に、初音ミクがほとんど人間そっくりに歌うデータがニコニコ動画に投稿されてびっくりした。

そのときに、頭の中にインプットされたのが、「ぼかりす」というソフト。

で、それがだいぶ完成に近づいてきた模様。

自分の歌い方をまねて「初音ミク」が歌唱、ヤマハと産総研が開発

ぼかりすは、正式には「VocaListener」というらしい。ぶっちゃけ、仕組みはぜんぜんわからない。しかし、これをうまく使うことで、もしかしたら、初音ミクを自然に喋らせることも可能なのかもしれない。

しかし、まさかの方向から音声合成技術が進化してまいりましたね。歌からスタートした初音ミクが、もしかしたら普通に喋れるようになるかもしれない。普通に喋ることと歌を歌うと言うことが、実は近いと言うことなんでしょうね。

まぁ、初音ミクは買いましたけど、正直、使いこなせなかったので、多分ぼかりすも使いこなせないだろうなぁ、自分は。

なんにせよ、これをきっかけとして、いかにも「初音ミク的な」歌が消えてしまわないことを祈ります。ぼかりすのデモを聴いた時、すごく自然だったのですが、「初音ミク的」じゃあなかったんですよね。今ある初音ミクの歌の独特の雰囲気が、味となって定着した感がある今、自然に歌う初音ミクをどう捕らえるか。

自然に歌う初音ミクと、今の味のある歌い方の初音ミク、どっちがお好みですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/26

WILLCOM NS レビュー(Webブラウザ編)

※とりあえず、こっちも読んで下さい。

というわけで、ブラウザを使ってみた感想。


●jigブラウザ

スクロールの反応が鈍い。多分、Webページの大きさとかに依存すると思うが、ページを見ていて「俺は何でこんなに苦労してWebページを見ているんだろう」という気分になる。画面上でペンタッチでドラッグすればスクロールするのだが、ペンタッチしてからすぐに動かすとページが追従しないし、しばらく待っていると長押しと判断されてメニューが表示される。スクロールするだけで何でこんなに苦労せねばならないんだよ。
あと、スクロールバーも表示されているんだけど、反応が鈍い。ものすごく鈍い。

あと、jigブラウザで表示できるページが意外と少ない。あと、表示できないページでは、素直に表示できないとして欲しい。あるページを開いたら、5分ぐらいずっと表示準備中のまま止まったりとか。なんだろうね、これ。

一応、表示できなかった時のために、NetFront に切り替える機能があるけど、もうちょっと jig ブラウザにも頑張って欲しかった。

でも、それよりも反応速度の遅さを何とかして欲しい。


●NetFront

実はあまり使っていない。まぁ、そこそこ。でも、NetFront から jig ブラウザに戻る機能がないのが激しく致命的。二つのブラウザの間を行ったり来たりすることが出来ない。NetFront を終了すれば jig ブラウザに戻るが、戻ったページは、NetFront を起動した時のページ。NetFront からページの情報を引き継がない。

スクロールは割と軽快。jig ブラウザもこれぐらい早くスクロールしてくれればまだ使おうという気になるのだが。


●何にせよ

一番のウリがWebブラウジングでしょ?それがこの体たらく。そもそも、ブラウザを二つ搭載しているというあたりに迷走ぶりがうかがえる。多分、最初は jig ブラウザでいきたかったんだろうと思うが、jigブラウザのあまりの駄目っぷりに NetFront を搭載することにしたのではないかと想像している。

あと、800x480 という解像度でも、現在の Web ページにとっては狭い。Webブラウジングをメインにするのであれば、1024x600 ぐらいにするべきだった。システム手帳サイズにこだわったのだろうと思うが、縦画面だと明らかに狭すぎ。横画面でも表示が辛いページが山ほどある。

縮小表示すればいいという話もあるが、そうすると今度はものすごく見にくくなる。

スクロールすればいいじゃんと思うかもしれないが、反応スピードが悪くてイライラする。

あまりにも残念すぎる。

残念すぎて、次のレビューを書かないかもしれないけど、一応、次のレビューでは残念度合いが Web ブラウザ以上の jiglets について書いてみたいと思う。

気合いが続けばね。もう、レビュー書くのも嫌になったら書かないので、そのときは察して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOM NS 使ってみた感想を手短に

※とりあえず、こっちも読んで下さい。

レビューは後日書きます。とりあえず、感想を手短に!

・Webブラウザがメインの割に、Webブラウザの反応スピードが遅すぎる。

・指で触っての操作は絶望的。スタイラス必須。

・800x480 の解像度があるのに、なんで jiglets が 480x480 なんて解像度で動くんだ?
 (どうせ縦画面と横画面作るのがめんどくさかったんだと思うが)

・pdf ビューアは、ちゃんと動くけど GUI が最悪。1ページめくるのに数秒かかるのに、次のページに行くボタンが小さくて押しにくくいらいらする。しかも、次のページに行くボタンのとなりに最後のページに行くボタンが配置されており、ただでさえ使いにくくていらつくのに誤って最後のページにいきなり飛ばされてイライラ大爆発。このGUI考えた奴バカだろ?

・ブラウザは jig だと開けないページが多い。NetFront だと、開けるページは増えるが、なんか動作がいまいち変。

・ネットワーク接続は、一度設定してしまえば、勝手に接続してくれるので手間いらずなのは良い。

・しかし、PHSと無線LANの切り替えが手動なのはどーしたもんだろうかと思う。消費電力の兼ね合いで仕方ないんだとは思うけど。

・システム手帳に収納できるのは良い。しかし、なーんか、リフィルがシステム手帳のリングに引っかかって閉じる時にいちいち手間がかかる。

・でも、簡易マニュアルのリフィルが付いているのはちょっと気が利いているかもしれない。

・バッテリーの保ち時間は充分。毎晩充電すると思えばこんなもんだろう。

・jiglets のSDKが公開されるまでは買わない方が良いような気がする。

・色々微妙すぎて、全くお薦めできない。まぁ、jiglets の SDK が公開されるまでは様子見することをお薦めする。

ま、簡単に言えば、何故この状態で発売したのかわからない駄目な製品。あと2~3ヶ月延期して、もうちょっと色々環境を整えてから発売するべきでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/25

とらドラ7!読んだ

風雲急を告げる7巻。ストーリーは転換点を迎えて、ゴールに向かって走り始める。

竜児も、大河も、自分が見えていなかった。だから、二人の関係は危うくもうまくいっていた。だから、一緒にいられた。

でも。大河は自分が見えてしまった。

竜児はそんな大河に気付かない。

実乃梨は、二人の関係を知り、実乃梨らしい決断を下す。

大河の流した涙を拭いてくれる人は、誰も、いない。

てな感じで、色々あちこちにギャグ(30)がちりばめられてはいるものの、ラストに向け、ストーリーが大幅に進み始めました。

調子も出てきたので、引き続き8巻に突入したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何故か、WILLCOM NS が手元にあります。

※とりあえず、こっちも読んで下さい。

ま、とりあえずかなり癖がありますな。ま、ボチボチとレビューいたします。

※今日も時間がないので、起動してちょっといじるだけで精一杯なのであった…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/04/24

iPod の目指す道

単なる独り言です。

電車の中で、iPod でゲームをしている人を見た。まぁ、PSP持ち歩くよりも小さいし、お気軽だ。携帯音楽プレーヤーとして考えると、圧倒的な勝利を収めている iPod 。これには異論はないだろう。この成功の裏には、iTunes というソフトの活躍があったからこそ。iPod 単独での勝利はあり得なかったと思っている。

で、だ。携帯音楽プレーヤーとしての iPod は、確かに売れた。今後もコンスタントに売れ続けるだろう。しかし、成長は間違いなく鈍化する。だって、iPod を2台も3台も持つ必要がないからだ。だから、今持っている人に買い換えてもらえるような魅力的を提供しなければ、成長は見込めない。

もちろん、iTunes Store での売り上げというのも大きな収益源の一つだ。でも、私の例で話すと、実は iTunes Store で買った曲はほんの少ししかない。iTunes Store で買うのは、CDショップで手に入りにくかったり、あまり積極的に欲しいと思わない曲だけだ。理由は簡単。iTunes で買うのは簡単だが、所有する喜びがあまりにも希薄すぎる。もしかしたら、将来 iPod 以外の機種に乗り換えるかもしれない。そのとき、iTunes Store で買った曲が持っていけない(可能性が高い)というのも大きな理由だ。

とはいえ、iPod + iTunes のタッグは当面は向かうところ敵無しで進むだろう。

しかしである。前にも書いたが、間違いなく停滞期はやってくる。iPod が売れなくなる前に、Apple は新しい何かを模索しなければならない。その模索の結果が、iPod Touch であったり、iPhone だったりするわけだ。で、これだが、Apple が新しい何かを見つけたわけではない。昔、PDA が目指した頂点に向かって、iPod が進み始めただけだ。少なくとも、私はそう思っている。

承知の通り、PDAは結局成功しなかった。一時期は、そこら中のメーカーから山のようにPDAが発売されていたが、気がつけばどれもこれも撤退。日本で最後まで頑張っていた Zaurus も終焉。まだPDAは売られてはいるものの、もうジャンルとしてのPDAはほとんど死んだと言っても良いだろう。

でも、PDAが完全に滅んだわけではない。PDAは携帯電話に生き残りの道を模索し、結果、スマートフォンとして生き残っている。ネットワークが普及した今、通信手段との融合はある意味生き残るために必然だったんだと思う。残念ながら、今のPDAは携帯電話に寄生して生きているだけ。そう思えてならない。でも、スマートフォンが爆発的に売れているかといえば、それは間違いなくNOだ。

PDAが失敗した理由は何だ?私にはよくわからない。ただ、ポケットに入れて持ち運べるPCという方向性は間違いだったんだろう。Word や Excel を入れたところで、PCで作ったドキュメントがそのまま開けるわけではない。あの小さい画面で出来ることはパソコンとは違う。

で、iPod は、多機能化の道を歩み始めた。iPod Touch / iPhone がその最たる例だろう。AppStore でソフトを売るという iPod + iTunes で成功した道をトレースしつつ、着実に利益を上げようとしている。一見、うまくいきそうに見える。

でも、残念ながら、私はこの方向性が正解かどうか非常に疑問がある。

なぜなら、大失敗した PDA と同じ道を歩んでいるようにしか見えないから。

様々なアプリケーションが動き、色々な使い方が出来るのは一見魅力的だ。でも。そういう使い方をする人は、少数派だ。一部の積極的なユーザーはどんどんソフトを買ってインストールするだろう。でも、これは、そのうちに飽きる。様々なアプリケーションが動き、色々な使い方ができる筈だったPDAは何故衰退した? 携帯電話にソフトをガンガンインストールしている人は多数派か? そうじゃないよね。

だから。

個人的には、Apple は、まだ iPod として売れている間に新しい道を見つけなければならないと思っている。iPod でアプリケーションを動かすだけでは成功しない。大量のアプリを抱えつつも、利益が出せない。そんな状態に割と早く突入してしまうと予想している。そこに突入する前になんとかしないと、iPod Touch はでかい iPod でしかなくなるし、iPhone はでかい携帯電話でしか無くなる。

で、新しい道は正直難しい。そもそも、そんな道はないかもしれない。

意外と、iPod は危機に直面しているのかもしれない。iPod Touch / iPhone 以外の道を見つけることが出来なければ、PDA の栄枯盛衰と同じ道を辿るだけだろう。

ま、単なる独り言ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/22

読書ペースが落ち気味

ここんとこずっと、通勤中と、家に帰ってからちょっとの間、文庫を読む時間に充てていたのですが。仕事の疲れが溜まってしまい…

通勤中:本を読む元気がない。座れたら仮眠、立っている時はぼーっと外の景色を眺める抜け殻状態。
帰宅後:ネットラジオを聴きながら、Web巡回してblog書くとほとんどタイムアップ。

ぶっちゃけ、本を読む時間がありませぬ。毎朝早いので(6時起床)、23時は寝ないと翌日に響くし。あぁ、睡眠時間が短いと辛いというのは、もう若くない証拠ですな。がっくり。

というわけで、今日もいただいたコメントに返事も書けないまま眠ってしまうのでした。あぅあぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/21

今月は仕事が忙しいのです。

とある時間の決まった仕事が入って、今月は忙しい状態が続いています。不景気であることを考えると、忙しいことはありがたいと思わないといけないね…。というわけで、文句も言わず粛々と。一日中、立ってうろうろ。1時間ぐらいひたすら喋り続けたり、レーザーポインタ使ってパワーポイントの資料についてひたすら喋り続けたり。

ま、何をやっているかは推して知るべし。

エンジニアの仕事はもの作るだけじゃないんですよね。喋ることとかプレゼンすることとかも仕事。で、2週間ほどそういう仕事が入っているので、早朝出勤して、その日喋ることの整理、1日の仕事が終わったらまとめレポート書いて、翌日の準備。

かなーりへとへとです。

てなわけで、毎日更新は欠かさないつもりなのですが、ただでさえ薄い記事の内容が更に薄くなります。

ほら、今日の記事も内容が薄い。

…明日は頑張ります。(今日は時間がないので、いただいたコメントの返事も書けません。すまぬ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/20

とらドラ6!読んだ

ストーリーを進めにかかったか?何にせよ、6巻はまるまる北村(まるお)のためのストーリーだった。前の巻…何巻だったか忘れた…で、「北村には心に決めた人がいる」という前振り(ちなみにバレバレ)があったわけですが、それが公式に明らかになりました。

なんというか、今回は大河も竜児も脇役でしたね。ま、主役二人組なのでもちろん登場ページ数で言えば間違いなく最多出場なのですが、ストーリーの中心は北村。

結局、みんな悩んでいる。あー、青春だなぁ(遠い目をする)。青春かぁ。理系クラス→理系大学→IT系会社というコースを歩んできた自分では絶対に味わえなかった道だ。うらやましいぞ、純粋に。

まぁ、小説なので、実際にはこういう話がそこら中にごろごろ転がっているとか、そういうことはあり得ないのですが。

なんにせよ、これで張っていた伏線の一つが明らかになりました。明らかになったからと言っても、まだまだストーリーの決着をつけるには早い6巻。

引き続き、7巻に突入したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかげさまで30万アクセスを越えました。

まさか、この blog がこれほど読まれるようになるとは…

といわけで、多分昨日から今日にかけて、アクセスカウンタが30万の大台を突破致しました。

感無量。

日々、駄文を書き散らしてまいりましたこの blog 、引き続き次の目標、40万アクセスに向かって、ひたすらに更新を続けていきたいと思います。ジャンルは相変わらず色々。アニメネタあり、ラノベネタあり、時事ネタあり、レースがあればレースの話題、忘れちゃいけないEBtなどのフリーソフトの話題、その他諸々。書き殴ります。

今後もお暇でしたら、どうぞこの blog におつきあい下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/19

鈴鹿2&4(決勝)に行ってきました。

例によって観戦メモ。

●JSB1000
秋吉耕佑の完璧すぎるポールtoウィン。ぜんぜん危なげない、それでいてラップが速い。だって、2'07でラップするんですよ。他のバイクの予選タイムですよ、これ。ついて行けるわけ無いじゃないですか。というわけで、1台だけ、別次元を走っていました。この調子で8耐とかやられたらたまらんけど、そうそう簡単にはいかないのがレースの世界。とりあえず、8耐前哨戦の鈴鹿300kmに期待。

Img_6750

ちなみに、トップこそ独走だったが、2位争いは非常に白熱。ヨシムラの酒井大作、ホンダの山口辰也、ヤマハの中須賀克行の3台が非常に暑い2位争いを繰り広げていました。レースの中盤ぐらいまではやっぱりヨシムラかなーという流れだったのですが、終盤になって順位を守りきれなくなり、抜いたり抜かれたり。ものすごい接近戦を繰り広げており、非常に面白かった。

個人的には、ヨシムラに頑張って欲しかったんだけどなぁ。ワークス撤退してもやっぱりホンダは強いか。


●GT500
レースがあと数周で終わると言う時に、事件が起こった。トップを走っていた MOTUL AUTECH GT-R が突然のペースダウン。上位陣が大混乱になる。ずるずる後退する MOTUL AUTECH GT-R。そしてさらなる事件が。HASEMI TOMICA EBBRO GT-R と ARTA NSX がシケイン手前でクラッシュ。どんな状況でクラッシュしたのかはさっぱりわからないので何とも言えないのだが、このクラッシュが原因でセーフティカー導入。そのままレース終了となってしまった。
気がつけば、優勝は ZENT CERUMO SC430。こういう混乱でしっかり上位に来るあたり、このチームの強さを感じる。その他、気がつけばSC430がどんどん上位に。GT-R と NSX は、結局ぱっとしなかった。まぁ、ウェイトの問題とか色々あるのでそんなに簡単に優劣がわかるわけではないが、個人的には、SC430が漁夫の利を得たようなそんな気がする。GT-R は、勝てるレースをトラブルで落としたイメージ。NSX は、総じてぱっとせず。
次に鈴鹿に来る時にどうなっているか。個人的には GT-R が来て欲しいんだけど何とも言えないなぁ。

Img_8382a


●GT300
ウェイトを積んでいない HANKOOK PORSCHE が独走、ポールtoウィン。韓国製のタイヤ初の快挙らしい。個人的には、あんまり応援していないチームだったので、ふーんと言う感じ。
2位に入ったのが M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7。頑張れ雨宮 RX-7。ロータリーエンジン万歳。
他、特筆すべき話題としては、やはり紫電だろう。せっかく予選4位につけた紫電だが、マシントラブルによりまさかのピットスタート。必死の追い上げを見せて7位に入ったのは立派。4位のままスタートできていたらどうなっていただろうかと思うと残念でならない。

Img_7301_2

ま、なんにせよ、せっかくのこけら落としのレースがセーフティカー先導のままチェッカーを受ける事態になってしまったのが残念。ま、でも、これもレース。


●最後に
今日もオマケをもらってしまいました。ありがとう焼き肉ランチ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/04/18

WILLCOM NSを見てきた。

WILLCOM NSを見てきました。実機。名古屋駅前ビックカメラにあったので。

印象。個人的にはアリだと思う。PDFのビューアーがあるので、取り込んだ雑誌データの持ち運びとか、そういう用途で使うとかなりいけるんじゃないかと思っている。

但し、アプリケーションの品揃えが少ないのはもしかしたら致命的かもしれない。まぁ、Jigletで良いのが出るのを期待して待つしかないんだろうとは思うが。

Webブラウザについては、まぁ、あの画面サイズなのでそれなり。

まぁ、あの薄さと、端から見たらシステム手帳いじっているようにしか見えないところは良いんじゃないかなと思う。

しっかしまぁ、使う人をかなり選びますな、きっと。個人的には、面白いと思うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿2&4(予選)行ってきました

というわけで、例によって観戦メモ。

●JSB1000
秋吉耕佑が圧倒的な速さでコースレコード1秒も縮めるタイムでポール獲得。みていて、とにかく安定して早い。しかも、まだ余裕があるように見える。こんなにすごい選手なのに、今年は鈴鹿のレースにしか出られないというのは、残念というかなんというか。全部不景気が悪いんだ。
インタビューで、GT300のタイムを狙ったとか冗談で言っていたけど、GT300のポールは無理だが、シングルには確実に入れるタイムを叩き出しているところが本当にすごい。

●SuperGT
今年から何故かカローラがGT300に参戦。MR-Sの代わりらしい。しかし、スーパーラップには入れず。まぁ、どうせカローラだし。まぁ、そんなもんだろう。というか、GT300はかなりの混戦状態なので、上位入賞はかなり辛そう。そういえば、MR-Sはホイールベースが短くて扱いにくかったそうだが、カローラはどうなんだろう。
個人的には、相変わらずエントリーすれども出走しない初音ミク Studie GLAD BMW Z4 が気になって仕方がない。エントリーしてから何度もSuperGT見に行っているけど、実車を一度もみたことがないぞ。

GT500は、やっぱり本山強いなという印象。こういう一発勝負のところでビシッと決められるのが、本山の強さだと思う。でも、今年フォーミュラニッポンのシート無いんだよね。不景気はどうにもならないな。
で、上位はGT-RとSC430が分け合って、その後ろにNSXという状態。スーパーラップに出た8台での話だけど。なんというか、フロントの空力パーツ制限と、設計の古さ、などなど、NSXはそろそろ辛くなってきているような気がする。ホンダもいつまでも絶版のスポーツカーでSuperGTに参戦しているのも何なので、早いところ新しいスポーツカーを開発して欲しいところだ。まぁ、この不景気だから難しいと思うが。

●鈴鹿サーキット
まだまだ常設シートとか全部出来ていません。ヘアピンで観戦していたのですが、まだ新しい席が出来ておらず、ちょっといまいち感が。贅沢は言わない。8耐までには工事完了しておくれ。
グランドスタンド前は完全にイメージが変わった。まぁ、よくなったんだが、なーんか、以前のごみごみした感じの方が好きだなぁ、個人的には。

●というわけで今年も焼き肉ランチ。
鈴鹿に行ったら焼き肉ランチ。というわけで、今回も迷わず購入。いつもお世話になっております。私は完全に常連化しており、お店のおっちゃんと軽く挨拶しつつ、何故か注文したもの+αのものまでもらってしまうと言う状態。というわけなので、もらった分ぐらいは宣伝しておかなきゃと言うわけで宣伝しておきます。

最終コーナー付近で売っている焼き肉ランチ、鈴鹿サーキットでしか(多分)買えません。鈴鹿サーキットにレースを見に行きましたら、お昼ご飯は焼き肉ランチ!もちろん大盛りで!

さて、とりとめのない話を書きましたが、明日は決勝を見ての感想とか書きたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/04/17

仕事のネタは書きたくても書けない

一応、守秘義務とかあるんですよね。だから、当たり障りのないことしか書けない。うーん、仕事がらみで面白いネタとかいっぱいあるんですけどねー。下手なこと書くと自分の明日の職がやばくなるので書けないのが残念だなー。

ま、私の同僚でこの blog を知っている人はほとんどいないはずですが。

なのでこれだけネタ振りしておきながら別の話題。

中部地方のレースシーズンが明日から始まります。とりあえず、新生鈴鹿サーキットの最初のイベントは 2&4レース。今までの2&4はフォーミュラニッポンとJSBだったのですが、今回はなんと SuperGT と JSB という今までとは違う組み合わせ。

なんか、この組み合わせだと JSB がかわいそうな気もするのですが、まぁ、1発目のイベント。成功させないといけないもんね。

というわけで、明日から2日間、レースを満喫してきます。

目指せ鈴鹿皆勤賞!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/04/16

お釈迦様もみてる

まぁ、マリみても読んだこと無いので、当面買う予定はありません。なお、この小説に気がついたのはつい最近。でも、もう2巻目なんですよね。

情報に疎いな、自分。

それはともかく、やっぱりプロの人は発想がすばらしいですなぁ。お釈迦様もみてるなんていうタイトル、私には絶対思いつきませんよ。

そのうちに読もう、うん。

しかし、そのうちに読みたいものが増えすぎて、もうどうにもなりませぬ。既に、買ったけど読んでいない小説(主に文庫本)は、積み上げたら1mを越えるほどの勢いだし。週に1~2冊のペースでは、既にどうにもならない。

誰か私に時間を下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/15

WILLCOM NS

なかなか面白いのが出たなぁ…という印象。Zaurus と用途がかなりかぶるのだが、データビューアーとして考えると、かなり良い線行っていると思う。もちろん、Webブラウジングとか、そういうのも大事なんだけど、pdf見えたりとか、押さえるところはしっかり押さえている。Jiglet が動くとか、実は結構いじり甲斐がありそうだし。

ま、データ入力はとことん苦手っぽいので、用途はかなり固定化されそうですが。

Jiglet で EBt 作ったら面白いかなーとか考えてしまいましたよ。EBt for Windows 作るので精一杯なので、Jiglet 版 EBt 作ることはないと思いますけど。

これ、スキャンした雑誌のブラウジングとか、そういう方面で活躍しそうな気がする。Jiglet でしかいじれないのが少々残念だが、全く出来ないのに比べたらだいぶ良い。

なんにせよ。

予約開始日の金曜日に、思わず気絶してWILLCOM STOREにアクセスして、ついうっかりポチッとしてしまうことがないように注意したいと思う。

いや、本当にやりそうだから、自分。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とらドラ5!読んだ

冒頭を読んだ感じだと、この巻でストーリー進める気は無いと思ったんだけどなぁ。しっかりストーリーを進めていてちょっとびっくり。いや、小説なんだから、ストーリー進めないといけないのは重々承知。なのだが、1巻ぐらいストーリー進めるのやめて暴走しても良いと思うんだけどなぁ。

あぁ、この巻でもゆり先生は良い味出してました。負のオーラだしまくりでとってもGoodです。

それはともかく。

そろそろ人間関係が微妙になってまいりました。大河と北村。みのりんと竜児。近づいてきたような、そうではないような。ま、まだまだこれから先色々あると思うので、そう簡単に色々決着がつくことはないと思いますが。

引き続き、6巻以降も楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/14

まだとらドラ5!を読んでいる途中なのですが

うーん、5巻はストーリー進める気がないと思っていたのだが、ちゃんとストーリー進めているなぁ。

ゆり先生が一人頑張るだけでは間が持たないんだろうか。あ~るの成原博士みたいに「わしの目が黒い間はストーリーマンガなんぞやらせはせんぞ!」って言い切っちゃうぐらいの登場人物が欲しいな。ゆり先生は、確かにキャラクターが際立っているけど、1巻保たせるだけのパワーがないよな。

あぁ、あまり書くと感想で書くことが無くなってしまう。というわけで、今日はこの辺で失礼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大須は気が抜けない

先週の週末のネタ。

大須を適当にうろつく。あぁ、そういえば久しくペーパームーンに行っていなかったなぁ…と思い、ペーパームーンに行く。すると、ave;new のアルバムが…

…お買い上げ。(ちなみに casket)

ふぅ、油断ならないぜ、大須。普段とらのあなに通っているので大抵の物はチェックしているつもりなのだが、意外ととらのあなは守備範囲が片寄っており、入らない品もある。

…気がつかなければ買わずにすんだものを。

駄目だろ、自分。駄目すぎだろ、自分。

…反省が後の行動に活かされないのは何故なんだろう。

と。CDを聴きながら反省する今日この頃でした。あぁ、この記事も全然意味がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/13

とらドラ4!を読んだ

あれ?というぐらい、ストーリー展開が地味だった。

いや、夏休み!別荘!海!肝試し!って盛り上がる要素満載なんだけど、今までのストーリーの盛り上がり方から考えると、なーんか物足りない。

いや、人間贅沢になるもんだ。普通に面白いだけじゃ満足しなくなるなんて。

で、5巻を読み始めてからようやく気がついたのだが、4巻までは壮大な前振りだった。だから、多分、4巻はこれで良いんだ。各キャラクターが壊れ始めるための前振りがいっぱい。

だから、ちょっと展開が物足りないかもしれないが、4巻で各登場人物の立ち位置などを確認しよう。大河と竜児の関係、みのりん、北村、ばかちー、(29)。ようやくキャラクターが固定してきた感じだ。

特に、本編に登場しないのに、巻頭カラーページに登場している恋ヶ窪ゆり(29)。この4巻まで使った前振りが、5巻でとうとう実を結ぶ。

だから、辛抱だ、辛抱の4巻だ。普通に面白いけど、ちょっと地味な4巻が終わると、怒濤の5巻が待っている!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活に向けて色々

EBt for Windows ですが、ぼちぼちと構想を練っています。とりあえず、復活第1弾の機能追加として検索機能というかなりめんどくさい機能を実装しようと企んでおります。

んで、Windows で作るんだから、ちょっと工夫したいよね。

というわけで、ちょっとした工夫を入れます。まぁ、EBt for Windows はすでにマルチスレッドで動いているわけで、その延長線上に検索機能を作ったらどうなるか?と考えれば当然の帰着。

ま、そんな感じなので、実装だけでまるまる数日費やしてしまいそうな気がしていますが、一応予告しておきます。

何で検索機能かって?なんというか、検索無いと不便なケース多いでしょ?他にも EBt で無いと困る機能は山ほどあると思いますが、まず第1優先ということで。

スタバもしくはミスドに籠もって、ひたすらプログラムを組んでいる人を見かけたら(主に名古屋方面)、生暖かく見守って、決して声をかけないでください。ゆめゆめ、忘るる事なかれ。

※奇妙な空気をまとっているので、声をかけることはかなり勇気が必要だが ^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/12

WILLCOM つなぎ放題 980円/月

WILLCOM STORE から来た一通のダイレクトメール。

今使っている通信カードと同じカードが、新規契約でなんと980円/月(2年限定)。

Zaurus を使っている限りこのカードを使い続けるのは間違いないし、解約料を払ってもおつりが来るので、あっさり契約しました。

で、ここからがもしかしたら本題かもしれないのですが、契約をしたのが、4/10(金)の夜。届いたのが今日4/12(日)の午前。やたらと仕事が速くてびっくりである。

まぁ、WILLCOMを応援する意味ではこういうことをせずに、新つなぎ放題で契約し続けた方が良いんでしょうけど、こっちも財布が苦しくってね、最近。

とりあえず、WILLCOM CORE が広まるまでがんばってくれと願いつつ。なんか、EMOBILEはある程度予測された問題(ユーザーが増えると帯域が非常につらくなる)が表面化しつつあるので、やっぱり通信はWILLCOM COREに期待したい。

ま、EMOBILEも持ってますけどね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/11

コミックREX 5月号

持ち運ぶのがめんどくさいので、いつものように楽天ブックスにアクセスすると売り切れ。怪しく思い amazon にアクセスすると、怒濤のプレミア。

どうやら、東方の体験版がついたのが原因らしいのですが、こういうことをやられると、いつも買っている人は困るので何とかして欲しいですな。

で、仕方がないので大須まで行く。ゲーマーズに、いつもとは比べものにならないぐらい山積みになっていた。まぁ、買えたから良いけど、いつものコミックREXだったらあり得ないぐらいの入荷量である。さすがに東方は強いのか。

というわけで。

コミックREX 5月号買い損ねた人は、大須に行けば何とかなりますよと。あと、多分名駅西側のオタク向けショップ群にもあるとおもう。多少抵抗はあるかもしれませんが、慣れればなんてことはありません。

しかし、amazon で 9000 over の値段つけてる奴って何なのよ…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/04/10

ネタとして購入。Baby Princess 1巻

ニュースサイトを見て回っていた時に紹介文を発見。

シスタープリンセスの12人の妹を上回る、なんと19人の妹という爆裂設定の文庫が出たらしい。

とりあえず購入。読むのはとらドラ!読み終わってからなので、だいぶ先になる…と思う。今のペースでとらドラ!読んでいると意外と早く読み始めることになりそうだが。

で、何故にこんなネタを書いたかというと、昔、シスタープリンセスをもじって、こんなネタ面白いんじゃないかなと思ったことがあってね。

「ミスタープリンセス」。略してミスプリ(意味:印刷間違い)。

12人の可愛い弟たちがお姉さまを慕う、そんなストーリー。ただ、プリンスじゃなくってプリンセスなのが曲者で、全員…(以下自粛)

ちなみに、中身とか考えようとしたのだが、脳が強力な拒絶反応を起こして、詳細を考えることが出来ませんでした。だって、弟が「お姉ちゃま」とか「姉さん」とか言うぐらいならまだしも、全員、全員…(自粛)。

ま、これがちゃんと考えられるのであれば、私はもちょっと違った職に就いていたかもしれない。あと、怖いことを考えてしまうので、具体的なストーリーとか考え始めたらうなされそう。

話を元に戻そう。

一発ネタは一発ネタでとどめておいた方が良いです。多分。きっと。

それを実現してしまうのもある意味すごい話なのですが。19人ってどーなのよ。ホントに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Blu-ray危うし

DVDの次を狙っていたはずの Blu-ray だけど、やっぱり苦戦している模様。

なんでか?とりあえず、「黒神 The Animation」のBlu-ray通常版が発売中止」を読んでみて欲しい。

普通の発売中止の記事じゃね?そう思うだろう。注目点は二つ。

1)Blu-ray の限定版は発売する
2)DVD版は通常通り発売する

つまり、Blu-ray は、初回限定版(ま、かなりコアなファンしか買いませんね)以外はあまり売れないということなんだろうと思う。まぁ、初回出荷分でどれだけ売るかが勝負なので、それ以降の出荷分の売り上げはそもそもあまり期待できない筈。で、通常版は DVD だけと言うことは、ぶっちゃけ、初回版を買わない普通の人は、Blu-ray を買わないんだろう。

そりゃそーだ。Blu-ray のソフトはいくつか持っているが、DVDと比べてそんなに嬉しくない。プレミア払って、得るものがちょっとクリアになっただけの映像。しかも、Blu-ray は気楽に見えない(ポータブルプレーヤーとか無いしね)。大画面テレビで気合い入れて見る人以外は、Blu-ray で買ってもちっとも嬉しくない。

正直、ちょっとホコリがついたり傷がついたら再生にノイズが走る(ホントだよ)Blu-ray はどうしたもんだろうかと思っている。気軽に見たり出来ない。(ノイズが走ったメディア取り出して、ブロアーで目に見えないホコリ吹き飛ばして、再生してディスク不良かどうかを確認するなんて作業、やりたくないでしょ?)

なんというのかね、Blu-rayはSACDと同じ道を歩みそうな気がする。ストレージメディアとしては、既に負け確定(HDDよりも高いし嵩張る)。テレビ録画はコピーワンス制限で手枷足枷はめられてどうしようもない。映像配信メディアとしては、既に巨大な市場となっているDVDを駆逐するだけの勢いがない。気がついたら、そもそもディスクメディア自体が時代遅れになりそうな雰囲気。

HD-DVD と血みどろの争い続けている間に、世の中変わっちゃったからね。気がついたら、映像はネットワーク配信が台頭してきたし。マニア向けのニッチな市場で細々と生き続けるんじゃないかな、Blu-rayは。

いや、地デジに移行すれば…と思うかもしれないが、地デジとBlu-rayは無関係なのをお忘れ無く。地デジ移行で、鶏と卵を強制的に回そうとしている感もなきにしもあらずだが、DVDにハイビジョン録画する方式が生き残ると思いますよ、私は。

ビデオテープの売れ線は、高級・高画質テープではなかったよね。店に行っても、売り場面積を一番とっているのは、安いテープ。で、それを長時間録画モードで使う。マニア以外は全然高画質を求めていないんですよ。

それを無視してひたすら高画質をウリにして売り続ける姿は、個人的には滑稽に見えますね。

多分、お茶の間のテレビは 20インチ程度のものが主流になると思っています。で、大抵の人は、それを画面から離れたところで見る。ぶっちゃけ、1080i の品質なんか要りませんよ。480p でおつりが来る。

大画面高画質を求める人がいることは認める。で、そういう人を相手の商売は利益が大きいのも知っている。でも、そういう人はごく一部。

飯食いながらのんびりと見るだけのテレビに FullHD が必要かどうか、考えるべきだと思いますよ、メーカーは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dropbox 最新版(安定版)が公開されました。

使用している Dropbox のバージョンによっては自動的にアップデートされますが…

Dropbox 0.6.507 が公開されました。Version 0.6.402 をお使いの方も、0.6.507 へのアップデートが推奨されていますので、ぼちぼちバージョンアップしましょう。

何となく、Dropbox の開発状況を考えると、多分今後も定期的にアップデートが Forum で公開されると思いますが、今使っている感じだと、0.6.507 で割と良い感じなので、しばらくはこのバージョンを使い続けても良いかなーと思います。

で、とりあえず昔のバージョンと比べて変わったところ。

○色々なレスポンスの向上
○安定性の向上

あたりですね。一番目立つのはレスポンスの向上。Becky! のフォルダを Dropbox で同期させているのですが、意外と早いタイミングで同期がかかります。まぁ、Becky! のファイルアクセスとコンフリクトする問題は解消されていませんけどね。…こればっかりは、多分どうしようもないのであきらめています。

あと、安定性も向上しているように思います。いつまで同期しているんだよ?とか、返ってこないことがあったのですが、それもほとんど無くなりました。402 の頃は記憶の彼方なので、もしかしたら、開発途中版での問題だったかもしれませんが…。

PC何台か持っている人は、Dropbox を導入すると便利になりますよ。一度お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/09

最近あまり出番のないポメラを見て思う

わかっている。悪いのは VAIO type P だ。こいつのおかげで、ポメラの出番がないんだ。いや、長時間駆動は魅力的だ。だから、ポメラの優位性はもちろんある。あるのだが、フルセットのWindowsが動く type P と比較してしまってはいかん、いかんだろう。そりゃ負けるの当然だって。

だがしかし。

ポメラには良いところがいっぱいある。VAIO type P は、起動して使えるようになるまでたっぷり数分かかるから、短時間で使いたい時にはポメラに軍配が上がる。

問題は、そういう機会がほとんど無いと言うことだ。

ぶっちゃけ、簡単なメモ書きは Zaurus + EBt lite で鉄板である。PCを起動したら、EBtWin 使うので、これまたポメラの出番はない。ポメラの出番は、多分、出張の時ぐらい。

出張の時の議事録書きとか、セミナーとかのメモ書きとか考えると、ポメラはものすごく便利だ。

会議とかだと、起動待ちの時間なんか無い。もう、即使えないと困るのだ。同時に、即終われないといけない。会議が終わってから、のんきに電源OFFする時間なんか無い。だから、仕事ではポメラは最強であることに変わりはない。

やはりそうか。うん、しばらくは会社で使うようにしよう。

道具に自分を合わせちゃいかんよな。適材適所。無理して使うこと考えていたから駄目なんだよ。

と、唐突に自己完結して終わるのであった。えぇ、単なる独り言です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とらドラ3!読んだ

いかん、いかん流れだ。大河と竜児が近づいている。この小説の醍醐味は、大河と竜児の間の緊張感とか、馴れ合いとか、その辺が混じり合った微妙な関係なのに。

いや、作者もその辺わかっているから、ちゃんと軌道修正しているけど、じわじわと大河の本性が出てきているような気がする。大河の凶暴性は実は本性ではないと予想中。

駄目だ、今の調子で大河の凶暴性が薄れていったら、10巻まで保たないじゃないか。

その一方で。

恋ヶ窪ゆり(29)は…あまり出番がなかった。次巻に期待。

地味にインコちゃんも鳥類とは思えないほど気を遣ってストレスで大変だ。

だんだんと、感想でストーリー展開に触れなくなってきましたが、ま、あらすじ紹介をする blog でもないので、あえて気にしない。

さて、ペースを上げて4巻行くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/08

最近はとらドラネタが多いですが

楽天ブックスで続きを買おうかと思ったら、軒並み売り切れ。やはり、売れ筋か。まぁ、幸いにして会社の近くにとらのあながあるので、そこで買うか。

ちなみに、3巻の主役はインコちゃんだ。誰がなんと言おうとインコちゃんだ。まだ途中までしか読んでいないので主役交代するかもしれないが。あと、とりあえずのベスト台詞は「偽乳特戦隊」。わからない?大丈夫。読めばわかるから。

というわけで、今日もとらドラネタでした。

明日は違うネタを考えよう、うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/07

とらドラ2!を読んだ

とりあえず、2巻まで読んできて、面白い理由がわかってきた。登場人物がすごく活き活きしている。特に女性。

作家さんが女性というのもあると思うのだが、とにかく女性が活き活きしている。なんというか、外見を取り繕った、あんまり現実にありそうにない女性像ではない、もっと実際にありそうな女性像が描写されている。で、それがすごく活き活きしているように見える訳だ。

その代わりと行ってはなんだが、男性陣にいまいち元気が足りない。多分主人公の竜児は、一人称であるが故にストーリーのメインに立ってはいるのだが、いまいち影が薄い。女性登場キャラクターの元気の良さに負けている感じがする。まぁ、目つきが悪い以外はすさまじく地味な性格であることも原因の一部であることは間違いないだろうけど。

まぁ、その分女性像がだいぶ歪んでいたりする訳なのですが。なんというか、ライトノベルでよく見られる理想の女性像的な女性がいないんですよね。どこか歪んでいたりおかしかったり。なんか、結構男性作家のライトノベルばかり読んでいたので、こういう砕けた女性が活躍するストーリーは、純粋に面白い。

作家の個性も光っているとは思いますが。

というわけで、久しぶりにぐいぐいと引き込まれる小説に出会えた喜びを噛みしめつつ、3巻に突入したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/06

この記事で969件目

なぜかアクセスがそこそこあるこのblogですが…

1)あと5000アクセスぐらいで、なんと30万アクセスです!

嘘みたいなホントの話。書いている本人が一番不思議に思っています。こんな駄文だらけの blog におつきあいいただきまして、皆様本当にありがとうございます。

2)もしかしたら、今月中に記事数1000を突破するかもしれません。

石の上にも三年、ファミレスにも8時間…じゃない。この blog も4年半。当初は適当にまばらに記事を書くだけの blog でしたが、気がついたら日刊で私が電波垂れ流す blog へと進化(退化?)。順調に記事も増え、とうとう1000の大台が見えてきました。


まー、なんといいますか、30万アクセスになろうが、記事数1000になろうが、何か変わる訳じゃないんですけどね。

これからも、極力毎日、タイムリーエラーだったり、妙な方向向いてたりとか、無軌道な記事を書き続けると思います。アホなblogと見捨てずに、暇な時などありましたらアクセスいただけたら幸いです。

※本家、無茶な実験室の更新しなさ具合がかえって目立つよな、絶対に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいまとらドラ!2巻を読んでいます。

担任の恋ヶ窪ゆり(29)が素敵だ。とても素敵だ。

2巻の、P66の台詞が特に素敵だ。

あえて引用する。

「……せんせぇはっ、この休みの間にっ、最後の弾を……最後っぽい、弾をっ、……撃ち損じましたぁ……っ! だから頑張らなきゃ、仕事頑張らなきゃいけない、でも、でも……いいの! 誰にもわかんなくていいの! あ、あなたたちにも、きっと十年ぐらいしたらわかるとおもうからぁぁ……っ!」

頑張れ独身恋ヶ窪ゆり(29)!多分、10年後にその気持ちがわかる生徒は一割もいないと思うが、わかるぞ!その気持ち、わかるぞ!共感した!(血の涙を流しながら)

とらドラ!、キャラクタがやたらと活き活きしていて良いぞ。すごく良いぞ。やっぱり、主役以外に脇役も元気じゃなくっちゃね!

さて、通勤時間しか読まないので2巻読み終わるのにまだしばらくかかりそうだが、出だしから調子が良いぞ。

引用した文章だけでも充分満足です(言い過ぎ)。

さて、そろそろ寝るか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/05

とらドラ! 1巻読んだ

色々な誤解とか、色々な勘違いとか、そういうのが重なって。竜児と大河は色々と苦しんでいた。周りからは要注意人物として扱われていた。だから、二人は、息が合った。好意とか、そういうのと関係なく。

二人は、言うなれば多分友人なんだろう。その友情が、もしかしたら好意になるのかもしれないし、友情のままなのかもしれないし、それは先の話。

これ、かなり王道のラブコメではある。ストーリーはとても良い。主人公たちは、笑い、悩み、苦しみ、青春を楽しんでいる。それで良いじゃないか。ちょっと恋がうまくいかなくったって、ちょっと誤解とかすれ違いがあったって、落ち込んだって。今は、そういうことに全力を傾ける時期で良いじゃないか。

1巻まるまる使って、大河が想いの人に告白をした、それだけでもうストーリーとしては十分だ。その告白がなんかうまくいかなくったって。物語としては、告白が成功してハッピーエンドというのもあったんだろうけど、そんな終わり方じゃ面白くない。

なんとなく、竜児が苦労し続ける展開が読めてしまっているのが悲しいが、でも、そんな竜児もそれほど困っている訳じゃない。

みんな、色々大変だけど、活き活きしている。

うん、これだったら最終巻まで一気に読み進めそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EBt for Windows (EBtWin) Version 0.0.1-3 を公開しました

微修正なので、ココログのみでの公開です。まだ、本調子じゃないので、本格的な機能追加はしていません。

EBt for Windows (EBtWin) Version 0.0.1-3 を公開しました。

Version 0.0.1-3(2009/04/05)での修正内容は次の通りです。

・先読みキャッシュと遅延書き込みキャッシュをOnにした時の安定性を向上させました。

ダウンロードかこちらからどうぞ。

「EBtWin-0.0.1-3.zip」をダウンロード

徹底的に mutex での排他処理を入れたので、多分先読みキャッシュや遅延書き込みキャッシュが原因の動作不良はかなり減るはずです。

それでは、お楽しみ下さいませ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/04/04

縁起が悪い

傘の取っ手が折れた。まぁ、もう長いこと使っている傘なので、壊れるのは仕方がないのだが。

折れただけの話で、これで縁起が云々語るのはナンセンスというのはよーくわかっているのですが、やはり縁起が悪いという気はしてしまうわけでして。

ちなみに、エンジニアって論理的な思考しているかのように思われますが、実は全然そんなことはありません。

「今日は日柄が悪い」とか普通に言いますから。結局、頭使う仕事なので、その日のコンディションとか影響する訳なんですよ。どんなに頑張っても頭が働かない人かあるじゃないですか。そういう日は、「日柄が悪い」とか言って仕事を早く切り上げたりします。逆に、調子に乗っている人かは果てしなく働きますけど。

それはともかく。

取っての折れた傘は非常に使いづらい。また傘を買わなければ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/03

トランジスタティーセット 1巻読んだ

うぃずりずから注目していた作家さんなのだが、このトランジスタティーセットも良い感じだ。

まぁ、例によって男がほとんど出てこないのはお約束だが。でも、ストーリーは好きだ。なんというのか、ほっとするストーリー。ありがちと言えばありがち。

でも、読んでいて安心できるんだよなぁ。ほのぼのしているというかなんというか。

派手なストーリーじゃないから、物足りない人も当然いると思う。でもね、個人的には派手に戦闘とかしているマンガよりも、こういう時間がゆっくり流れている方が好きなんだよなぁ。

好みの問題もあるので、万人にはお勧めできないけど、気になった人は読んでみるのもよろしいかと思います。

というわけで、一応アフィリエイトリンク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/02

戦闘機人すばる+α

同人誌ネタ。これもみんな会社の近くにとらのあながあるからいけないんだ(責任のなすりつけ)。

というわけで、これはなにかというと、魔法少女リリカルなのはの登場人物を究極超人あーるのシーンに合わせてパロった同人誌です。+αというわけで、+α無しの本もある訳なのですが…そんなことを紹介したい訳では無くって!

こうやってパロディの元ネタとして、今も使われる究極超人あーるはやっぱり偉大だったなぁ…と思う訳です。今読んでも充分面白いと思う。一応、基礎教養として押さえておかないといけないマンガはいっぱいあるのですが、個人的には、究極超人あーるは欠かせないなぁ。他に何か挙げるとすると、宇宙家族カールビンソン。ネタがちょっと難しいところもあるけど。

うる星やつらとか、めぞん一刻、Drスランプ、ドラゴンボール、等々。他にも基礎知識として押さえておかないといけないのはいっぱいありますけどね。

えーと、今回は片寄ってないよね、きっと。同意してもらえるよね?ね?ね?

…片寄っていたらごめんよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

倹約をせねば…

不景気に付、収入が減っております。どれぐらい減っているかというと…いや、ここで自分の財布の中身をさらけ出すのはやめておくか。でも、かなり痛いぐらい減っています。仕事がないので、残業して稼ぐことも出来ない。基本給だけだと安くてかなり辛い。残業前提の給料だからなぁ…。

で、先月は、自分なりに節制したつもりだったのですが、収支計算してみるとあまり減っていない。あー、無駄遣いがまだまだいっぱいあるなぁ。もっと倹約しないと。

とりあえず、CD/DVD/Blu-ray のソフト買う量を減らさないとな。いや、かなり減らしたつもりなのですが、月末に収支計算してみるとあまり減っていない。会社の近くにとらのあながあるのが痛いな。DVD減らして安心していたんですが、CDアルバム2枚買ったらDVD1枚買うのと値段変わらないよな。そりゃ減らない訳だ。

…頑張って倹約しよ。しくしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはゾンビですか? 1巻「はい、魔装少女です」を読んだ。

すげーや、1巻まるまる使ってストーリーが全然無い。すっかすか。設定とか何もかもほったらかしで、ストーリーが全く進んでいない。

結局、主人公がゾンビで、かわいい女の子がいっぱいいて、適当に戦って、戦って、一応ラスボスと戦って、終了。

主人公の性格とか、そういうのもよくわからなかった。なので、それ以外の登場人物に関しては、私の頭の中では「変な人」以上の印象がない。

あと、伏線というか、謎というか、とりあえず色々ちりばめてはいるのですが、その伏線を全然うまく使っていない感じがする。というか、ゴール知っている人にしかわからない伏線は、張ってもあまり面白くないぞ。伏線は、読んでいる人に「おや?」と思ってもらわないと、伏線解決している段階で「そんなシーンあったっけなぁ?まぁ、読み返すのもめんどくさいしまあいいや」なんて思われたら終わりじゃないのか?

とはいえ、設定は面白いよ。色々狙いすぎているような気はするけど。キャラクターも良い感じに変なのばっかり集まっているし。敵もいる。主人公を中心に人の輪も出来ている。ま、これから何巻か続けるための用意は充分に出来ているんじゃないかな。

まぁ、なんというか、ストーリーを楽しむ小説じゃないんだろうね、これはきっと。その場の勢いとか、そういうのを楽しむ小説なんだろう、きっと。

で、こういう小説が賞を取るというのも、今はそういう長くじっくり練ったストーリーよりも、短期決戦のストーリーの方が好まれていると言うことなんだろう。

ライトノベルはそもそもそういうもんだという話もあるが。

でもね、何となく小説なんだから、1巻通して筋の通ったストーリーを期待してしまうんですよね。自分の考え方が古いのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/01

旬を逃した

4/1です。エイプリルフールです。

…23:00過ぎにネタ投下しても手遅れだよなぁ。昨日のうちにやっておけば良かった。

まぁ、この blog でエイプリルフールネタやってもあんまり面白く無さそうな気がするので、やらなくて正解だったかなと思いますが。

ネタは思いついた時に躊躇せず書く。

という精神で、今後もやっていきたいと思いますです、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーワードさえ選べば意外と簡単に google の検索トップは取れるのだが

ま、「無茶な実験室」とか、早い話がホームページの名前だったりとか、そういうのを選べば google の検索トップを取るのはそんなに難しい話ではない…と思う。(違うかもしれない)

そんな話はどうでも良くって、この blog の下の方に検索キーワードのトップ10が表示されているのですが、ここ数日、検索ワードのトップが「起動せんしガンダム」になっている。

…嫌な予感がする。

というわけで、google 先生に今どうなっているか聞いてみた

トップやんか。なんというか、古傷をえぐられている感じがする。こんな一発ネタがなんで今頃検索ワードの上位に来るんだ?というか、何故私のblogが?

やはり、うかつなことは書けませんね。怖い怖い。

改める気はあんまりありませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »