« Dropbox 最新版(安定版)が公開されました。 | トップページ | ネタとして購入。Baby Princess 1巻 »

2009/04/10

Blu-ray危うし

DVDの次を狙っていたはずの Blu-ray だけど、やっぱり苦戦している模様。

なんでか?とりあえず、「黒神 The Animation」のBlu-ray通常版が発売中止」を読んでみて欲しい。

普通の発売中止の記事じゃね?そう思うだろう。注目点は二つ。

1)Blu-ray の限定版は発売する
2)DVD版は通常通り発売する

つまり、Blu-ray は、初回限定版(ま、かなりコアなファンしか買いませんね)以外はあまり売れないということなんだろうと思う。まぁ、初回出荷分でどれだけ売るかが勝負なので、それ以降の出荷分の売り上げはそもそもあまり期待できない筈。で、通常版は DVD だけと言うことは、ぶっちゃけ、初回版を買わない普通の人は、Blu-ray を買わないんだろう。

そりゃそーだ。Blu-ray のソフトはいくつか持っているが、DVDと比べてそんなに嬉しくない。プレミア払って、得るものがちょっとクリアになっただけの映像。しかも、Blu-ray は気楽に見えない(ポータブルプレーヤーとか無いしね)。大画面テレビで気合い入れて見る人以外は、Blu-ray で買ってもちっとも嬉しくない。

正直、ちょっとホコリがついたり傷がついたら再生にノイズが走る(ホントだよ)Blu-ray はどうしたもんだろうかと思っている。気軽に見たり出来ない。(ノイズが走ったメディア取り出して、ブロアーで目に見えないホコリ吹き飛ばして、再生してディスク不良かどうかを確認するなんて作業、やりたくないでしょ?)

なんというのかね、Blu-rayはSACDと同じ道を歩みそうな気がする。ストレージメディアとしては、既に負け確定(HDDよりも高いし嵩張る)。テレビ録画はコピーワンス制限で手枷足枷はめられてどうしようもない。映像配信メディアとしては、既に巨大な市場となっているDVDを駆逐するだけの勢いがない。気がついたら、そもそもディスクメディア自体が時代遅れになりそうな雰囲気。

HD-DVD と血みどろの争い続けている間に、世の中変わっちゃったからね。気がついたら、映像はネットワーク配信が台頭してきたし。マニア向けのニッチな市場で細々と生き続けるんじゃないかな、Blu-rayは。

いや、地デジに移行すれば…と思うかもしれないが、地デジとBlu-rayは無関係なのをお忘れ無く。地デジ移行で、鶏と卵を強制的に回そうとしている感もなきにしもあらずだが、DVDにハイビジョン録画する方式が生き残ると思いますよ、私は。

ビデオテープの売れ線は、高級・高画質テープではなかったよね。店に行っても、売り場面積を一番とっているのは、安いテープ。で、それを長時間録画モードで使う。マニア以外は全然高画質を求めていないんですよ。

それを無視してひたすら高画質をウリにして売り続ける姿は、個人的には滑稽に見えますね。

多分、お茶の間のテレビは 20インチ程度のものが主流になると思っています。で、大抵の人は、それを画面から離れたところで見る。ぶっちゃけ、1080i の品質なんか要りませんよ。480p でおつりが来る。

大画面高画質を求める人がいることは認める。で、そういう人を相手の商売は利益が大きいのも知っている。でも、そういう人はごく一部。

飯食いながらのんびりと見るだけのテレビに FullHD が必要かどうか、考えるべきだと思いますよ、メーカーは。

|

« Dropbox 最新版(安定版)が公開されました。 | トップページ | ネタとして購入。Baby Princess 1巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44629772

この記事へのトラックバック一覧です: Blu-ray危うし:

« Dropbox 最新版(安定版)が公開されました。 | トップページ | ネタとして購入。Baby Princess 1巻 »