« きゅーきゅーキュート! 1巻読んだ | トップページ | テレビはラジオと同じ道を辿っている »

2009/03/26

久しぶりの岡本賢一の新作

朝日ノベルズは、朝日ソノラマ時代の作家になんか無理な小説を書かせている印象がある。

だって、笹本祐一に「ミニスカ宇宙海賊」なんて小説書かせてるんですよ?どこ狙ってるの?そもそも、笹本祐一ってそういう方向性の作家じゃなかったと思ったのに。(ちなみに買ったけどまだ読んでいない)

で、そんな朝日ノベルズから、岡本賢一の新作が出た。「屍神少女大戦 キミが、キミを殺す時」。

とりあえず、岡本賢一ファンの私は買いましたよ。中身も見ないで。何となく不安はぬぐえないのだけど。とりあえず、しばらくは部屋の片隅に積まれているでしょうが。

岡本賢一だから、外れはないと思うんだけどなぁ。ま、読めば不安も解消するだろう、うん。

|

« きゅーきゅーキュート! 1巻読んだ | トップページ | テレビはラジオと同じ道を辿っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50935/44475632

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの岡本賢一の新作:

« きゅーきゅーキュート! 1巻読んだ | トップページ | テレビはラジオと同じ道を辿っている »